07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

曇りなき心の月を さきたてて 浮世の闇を 照らしてぞ行く

伊達政宗の辞世の句。伊達政宗(だて まさむね)は、出羽国と陸奥国の戦国大名。陸奥仙台藩の初代藩主。伊達氏第16代当主・伊達輝宗と最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の嫡男。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。永禄10年8月3日(1567年9月5日)、出羽国米沢城で生まれた。幼名は梵天丸。天正5年(1577年)11月15日、元服して伊達藤次郎政宗と名乗る。諱の「政宗」は父・輝宗が伊達家中興の祖といわれる室町時代の第9代当主・大膳大夫政宗にあやかって名づけたもので、この大膳大夫政宗と区別するため藤次郎政宗と呼ぶことも多い。天正7年(1579年)には仙道の戦国大名であった三春城主田村清顕の娘愛姫を正室とする。天正9年(1581年)4月、隣接する戦国大名・相馬氏との合戦で初陣を飾る。天正12年(1584年)10月、父・輝宗の隠居にともない家督を相続し、伊達家第17代当主となる。この時政宗は若年を理由に辞退を申し出たが、一門・重臣の勧めを受けて家督を譲り受けている。小浜城主・大内定綱は二本松城主・畠山義継と手を組み、田村氏の支配から脱却しようとした。天正13年(1585年)、政宗は大内領小手森城へ兵を進め、近隣諸国への見せしめの為として撫で斬りを行い、城中の者を皆殺しにしている。大内定綱の没落を間近で見た義継は和議を申し出、輝宗の取りなしにより5ヶ村のみを二本松領として安堵されることになった。ところが輝宗は、所領安堵の件などの礼に来ていた義継の見送りに出た所を拉致される。当時鷹狩りに出かけていた政宗は、急遽戻って義継を追跡し、鉄砲を放って輝宗もろとも一人も残さず殺害した。この事件については、政宗による父殺しの陰謀説と見る説もある。その後、輝宗の弔い合戦と称して二本松城を包囲したが、11月17日に二本松城救援のため集結した佐竹氏率いる約3万の南奥州諸侯連合軍と安達郡人取橋で激突した。数に劣る伊達軍はたちまち潰走し、政宗自身も矢玉を浴びるなど危機的状況に陥ったが、殿軍を務めた老臣・鬼庭左月斎の捨て身の防戦によって退却に成功し、翌日の佐竹軍の撤兵により辛うじて窮地を脱した(人取橋の戦い)。天正16年(1588年)、北方の大崎氏家中の内紛に介入して兵10,000を侵攻させたが、黒川晴氏の離反と大崎方の頑強な抵抗に遭い敗北。さらに政宗への反感を強めていた伯父・最上義光が大崎側に立って参戦し、伊達領各地を最上勢に攻め落とされたが、両軍の間に割って入った母・義姫の懇願により和議が成立し窮地を脱した(大崎合戦)。一方、これに乗じて伊達領南部に蘆名氏・相馬氏が侵攻してきたが防衛し、愛姫の実家・田村氏領の確保に成功した(郡山合戦)。中央では豊臣秀吉が織田信長の統一事業を継承していたが、秀吉の小田原攻囲(小田原征伐)中である天正18年(1590年)5月には、豊臣政権の五奉行筆頭の浅野長政から小田原参陣を催促され、政宗は5月9日に会津を出立すると米沢・小国を経て同盟国上杉景勝の所領である越後国・信濃国、甲斐国を経由して小田原に至った。秀吉の兵動員数を考慮した政宗は秀吉に服属し、秀吉は会津領を没収したものの、伊達家の本領72万石(おおむね家督相続時の所領)を安堵した。江戸時代に仙台藩第4代藩主・伊達綱村(政宗の曾孫)が作らせた『伊達治家記録』には、小田原参陣前に兄の最上義光にそそのかされた義姫によって毒殺されそうになり、義姫を成敗する代わりに弟の伊達小次郎を斬殺したため義姫は実家に逃走したと書かれており、これが通説となっていた。しかし実際には義姫はその後も伊達家にとどまっており、政宗の朝鮮出兵の頃から母子は親しく手紙のやりとりをしている。義姫が実家の山形城へ突如出奔したのはこの4年後であることが一次史料からすでに明らかになっている。この「毒殺未遂事件」の正体は、反政宗派一掃のための自作自演説もある。翌天正19年(1591年)には蒲生氏郷とともに葛西大崎一揆を平定するが、政宗自身が一揆を煽動していたことが露見する。これは氏郷が「政宗が書いた」とされる一揆勢宛の書状を入手した事に端を発する。喚問された政宗は上洛し、一揆扇動の書状は偽物である旨秀吉に弁明し許されるが、米沢城72万石から玉造郡岩手沢城(城名を岩出山城に変えた)へ58万石に減転封された。文禄2年(1593年)秀吉の文禄の役に従軍。従軍時に政宗が伊達家の部隊にあつらえさせた戦装束は非常に絢爛豪華なもので、上洛の道中において巷間の噂となった。これ以来派手な装いを好み着こなす人を指して「伊達者(だてもの)」と呼ぶようになった、と伝えられる。文禄2年以降浅野長政が取次として伊達政宗と豊臣政権のパイプとなっていたが、文禄5年8月14付けの書状で政宗は長政の態度に我慢がならずに絶縁状を送りつけて絶交を宣言した。文禄4年(1595年)、秀吉から謀反の疑いをかけられた関白・豊臣秀次が切腹した。豊臣秀吉死後の慶長5年(1600年)、家康が会津の上杉景勝討伐を行うと、これに従い7月25日には登坂勝乃が守る白石城を奪還した。同年9月、関ヶ原の戦いが勃発。西軍の上杉家重臣直江兼続率いる軍が東軍の最上氏の領内に侵入すると(長谷堂城の戦い)、東軍に属した政宗は、最上氏からの救援要請を受けて叔父・伊達政景率いる3,000の兵を派遣し、9月25日には茂庭綱元が上杉領の刈田郡湯原城を攻略した。関ヶ原の戦いが徳川方の勝利に終わり、直江兼続もまた最上義光に敗れて米沢に逃げ帰ると、政宗は自ら兵を率いて伊達・信夫郡奪還のため国見峠を越えて南進し、10月6日に福島城主本庄繁長の軍勢と衝突する。宮代表の野戦では威力偵察に出た大宝寺義勝(繁長の子)率いる上杉軍を破ったものの、続く福島城包囲戦では繁長の堅い守りに阻まれて攻城に失敗、さらに上杉軍の別働隊に補給線を断たれたため、翌日には北目城へと撤退した(後世の軍記物に見えるいわゆる松川の戦いのモデル)。この後、翌年春頃まで幾度か福島城攻略のために出兵したが、結局は緒戦の失敗を取り戻せず、旧領6郡のうち奪還出来たのは陸奥国刈田郡2万石のみであった。加えて、政宗が南部領内で発生した和賀忠親による一揆を煽動し、白石宗直らに命じて忠親を支援するため南部領に4,000の兵を侵攻させていたことが発覚した(岩崎一揆)。この一件は最終的には不問に付されたものの、政宗が希望した恩賞の追加はことごとく却下され、領地は60万石となった。慶長6年(1601年)には仙台城、仙台城下町の建設を始め、居城を移す。ここに、伊達政宗を藩祖とする仙台藩が誕生した。石高62万石は加賀・前田氏、薩摩・島津氏に次ぐ全国第3位である。慶長19年(1614年)の大坂の役(冬の陣)では大和口方面軍として布陣した。慶長20年(1615年)の大坂の役(夏の陣)道明寺の戦いでは後藤基次らと戦った。世情が落ち着いてからは、もっぱら領国の開発に力を入れ、後に貞山堀と呼ばれる運河を整備した。2代将軍徳川秀忠、3代徳川家光の頃まで仕えた。寛永11年(1634年)頃から食事不振や嚥下に難を抱えるといった体調不良を訴え始めていた。2日後の20日に参勤交代に出発した政宗は急に病状を悪化させ、宿泊した郡山では嚥下困難に嘔吐が伴い何も食べられなくなっていた。28日に江戸に入った頃には絶食状態が続いた上、腹に腫れが生じていた。病をおして参府した政宗に家光は、5月21日に伊達家上屋敷に赴き政宗を見舞った。政宗は行水して身を整え、家光を迎えた。5月24日卯の刻(午前6時)死去。享年70(満68歳没)。死因は癌性腹膜炎あるいは食道癌(食道噴門癌)と推定されている。「伊達男」の名にふさわしく、臨終の際、妻子にも死に顔を見せない心意気であったという。5月26日には嫡男・伊達忠宗への遺領相続が許された。遺体は束帯姿で木棺に納められ、防腐処置のため水銀、石灰、塩を詰めた上で駕籠に載せられ、生前そのままの大名行列により6月3日に仙台へ戻った。殉死者は家臣15名、陪臣5名。将軍家は、江戸で7日、京都で3日人々に服喪するよう命令を発した。これは御三家以外で異例のことであった。

伊達政宗は独眼竜の名で有名ですが、これは元々唐の李克用のあだ名で、江戸時代の頼山陽の漢詩によって政宗にあてられるようになりまいた。政宗は日本史上最強の武将の一人ですが、その人となりはかなり凄いものがありました。彼の運命は、18歳で拉致された父輝宗ごと敵を皆殺した時に定まったのかもしれません(この父親殺しについては最期を悟った義継が輝宗を殺害したあと割腹したという説もありますが、政宗の陰謀だったという説もあります)。輝宗の死は、伊達家と近隣勢力との関係を一挙に悪化させ、様々な軍事的・外交的不利をもたらし、天正16年(1588年)の郡山合戦に勝利するまで、政宗は窮地の連続に追い込まれました。天正18年(1590年)、母である義姫が毒入りの膳を政宗に差し出す事件が起こったとされており、政宗は毒を口にしましたが、解毒剤のおかげで難を逃れたそうです。ただし、この毒殺未遂の根本史料は伝わっておらず偽史である可能性もあります。政宗は血なまぐさいエピソードに事欠かない人ですが、同時に大変な文化人であり、「伊達者」という言葉の語源になったように、当時の文化の流行に詳しくもありました。かぶき者でもあった彼は、大崎一揆煽動の疑惑で豊臣秀吉に呼び出された時に、白の死装束に金箔を塗った磔柱(十字架)を背負った姿で秀吉の前に出頭したりと、世間の耳目を集めることにはかけて天才的な才能を示しています。他にも詩歌・書・能・茶道などの高い教養を彼は身につけていましたが、料理という当時の男性としては変わった趣味も持っていました。岩出山名物の凍り豆腐と納豆(ずんだ餅)は、政宗の研究の末に開発されたものです。また、政宗は有名なホモでもあり、小姓の只野作十郎(只野伊賀勝吉)との衆道の関係や、片倉景綱の息子重綱に対しても、大坂の陣出陣の前夜、翌日の先陣を願った重綱に、「そのほうに御先鋒仰せ付けられず候て、誰に仰せ付けられるべきや」と言って重綱の頬に接吻したという話が残されています。他にも政宗は仙台藩とエスパーニャとの通商と幕府転覆を図るために、家臣・支倉常長ら一行180余人をヌエバ・エスパーニャ(メキシコ)、エスパーニャ、およびローマへ派遣したことでも有名です。この慶長遣欧使節がローマ教皇に謁見した史実は、日本の外交史の中で特筆される実績です。秀吉や家康、秀忠とは抜き差しならない関係となりましたが、家光からは非常に尊敬されており、「伊達の親父殿」と呼ばれたこともありました。政宗は家光を将軍として立てた後見人でもあり、家光個人が政宗に向けた処遇は、明らかに外様を遇する程度を超えていました。政宗が亡くなる3日前に、家光は病床の政宗を見舞ったそうです。政宗の壮絶な人生は後世に物語として創作されることになりました。ちなみに、映画『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーのマスクは、かの有名な仙台市博物館所蔵の「黒漆五枚胴具足 伊達政宗所用」の兜をモチーフにデザインされています。

黒漆五枚胴具足 伊達政宗所用
http://1.bp.blogspot.com/-oguP40rV9hU/TbUAUAnNYII/AAAAAAAAAHQ/F5qlfqAvL98/s1600/%25E7%2594%25B2%25E5%2586%2591%25EF%25BC%25BF%25E6%25AD%25A3%25E9%259D%25A2.jpg
http://blog-imgs-46.fc2.com/a/p/o/apollodreamfactory/1206271648.jpg
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1023-4f3233c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。