07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

誉れたる越後の雪と消ゆる身の 存らへてこそ辱しき今日

山城屋和助の辞世の句。山城屋 和助(やましろや わすけ、天保7年(1836年) - 明治5年11月29日(1872年12月29日))は奇兵隊隊士。のち陸軍省御用商人。本名は野村三千三(のむら みちぞう)。周防国玖珂郡山代荘本郷村に、医師野村信高右の四男として生まれる。幼少時に両親と死別し、親戚により寺に預けられ、僧侶となる。文久3年(1863年)に還俗し、高杉晋作が創設した奇兵隊に入隊する。山縣有朋の部下として戊辰戦争に参戦し、越後口では御陵衛士残党の篠原泰之進や高鍋藩兵と共に戦った。明治維新後に山城屋和助と名をかえ、新政府の軍政にたずさわるようになった山縣有朋の縁故で兵部省御用商人となり、横浜に店舗を構えた。長州人脈を活かし、軍需品納入の商売は繁盛した。明治5年(1872年)、彼は山縣ら長州系の官僚に陸軍省公金15万ドルを借り、生糸市場に手を出す。長州系軍人官吏らは貸し付けの見返りとして山城屋から多額の献金を受けたとされているしかし、普仏戦争勃発の影響でヨーロッパでの生糸相場で投機に失敗。山城屋は、陸軍省から更に公金を借り出してフランス商人と直接商売をしようとフランスに渡った。ところが商売そっちのけで豪遊しているという噂が現地で広まり、これを不審に思った駐仏公使鮫島尚信が日本の外務省に報告、総額約65万円にのぼる公金貸し付けが発覚した(山城屋事件)。当時、陸軍省では、長州閥が主導権を握っていた。これを好機と捉えた他藩出身官僚が陸軍長州閥を糾弾する。山城屋と最も緊密だった山縣有朋は追い詰められ、山城屋を日本に呼び戻す。しかし、借りた公金を返済する能力が無い事が明らかになっただけであった。山城屋と親しかった長州閥官僚は手のひらを返したように山城屋との関係を一切絶った。窮地に立たされた山城屋は、同年11月29日、手紙や関係書類を処分した後、陸軍省に赴き、山縣への面会を申し入れるが拒絶される。面会を諦めた山城屋は陸軍省内部の一室で割腹自殺した。山城屋の自殺により、山城屋事件の真相は究明されないまま終わった。ただし、山縣有朋が明治6年3月付で、在パリの鮫島弁理公使に書いた書簡には、「(和助は)帰国後商法種々手違之故をもって旧臘(昨年の和暦12月)自刃におよび相果て、自首致候手代とも即今裁判所にて取糺中にこれあり」とあって、死後も司法省によって事件が追及されていたことがわかる。日本に初めて西欧式の牛革製の鞄を紹介した人物とされる。墓所は、横浜市の久保山墓地と東京都杉並区の浄土宗松苔山峯巌院西方寺墓地の2ヶ所にあり、少なくとも昭和17年まで、両墓ともゆかりの人々によって篤く弔われ、神奈川県防長郷友会が発行した「山城屋和助」にはその法要の写真が載せられている。

山城屋和助は奇兵隊員として戦った維新の志士でしたが、山城屋事件の責任を取って自殺した人です。山城屋事件は1872年(明治5年)に、政府要人と同じ長州藩出身という縁故で陸軍省の御用商人となった山城屋和助が、陸軍省から無担保で借り受けた公金を返済できず自殺した事件で、その金額は総額約65万円、当時の国家歳入の1%という途方もない額でした。山城屋和助は、政府要人と同じ長州藩出身という縁故で兵部省御用商人となり、軍需品の納入などにたずさわる明治初期の政商の代表格でした。その後、陸軍省の公金15万ドルを借用しての生糸相場へ投資しましたが、普仏戦争による生糸価格暴落で大きな損失を出し、返済できなくなった彼は、最終的に陸軍省内部で割腹自殺しました。この事件の背後には、長州藩出身の山縣有朋が近衛都督として近衛兵を統括する立場にあったのを不服とした薩摩系軍人による山縣有朋への糾弾という面があり、徴兵令を推進する山縣と、これに反発する桐野を代表する薩摩系を中心とした保守的な軍人の対立が、この事件が大きく取り上げられた要因でした。もちろん、公金を担保なしに貸し借りした山城屋和助や長州閥軍人・官僚らに、この事件の責任があったのですが、山城屋和助が自殺した際に、関係する帳簿と長州系軍人の借金証文類も焼き払われたため、事件の真相は解明されることなく、陸軍省会計監督長船越衛の処分をもってこの事件は収束する事となりました。この事件により、山縣は司法省の追及を受けて陸軍大輔を辞任し、影響力の低下した山縣閥に代わって陸軍内の派閥は統制派と皇道派に別れていくことになりました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1029-74c9f651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。