07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

(甥長谷川仁の「何を書くんですか?」という問いに答えて)
一葉のことだよ
私が書かなくて誰が書けるかい

長谷川時雨の最期の言葉。長谷川 時雨(はせがわ しぐれ、1879年(明治12年)10月1日 - 1941年(昭和16年)8月22日)は、劇作家・小説家。雑誌や新聞を発行して、女性の地位向上の運動を率いた。本名、長谷川ヤス。画家・随筆家の長谷川春子は末妹。東京府日本橋区通油町1丁目(現在の東京都中央区日本橋大伝馬町3丁目)に、深造・多喜の長女として生まれた。深造は日本初の免許代言人(弁護士)の一人で、東京市会の有力者でもあった。多喜は御家人の娘であった。5歳から12歳まで、秋山源泉小学校で寺子屋教育を受け、かたわら、唄・踊り・お花・お茶など当時の女子の躾けを受け、祖母には芝居へ連れられた。女に学問は不要という母に隠れて本を読み、14歳から行儀見習いに奉公した池田侯爵家でも、夜分は読書に耽った。17歳のとき肋膜炎を病んで家に戻り、佐佐木信綱の竹柏園に通って古典を学んだ。1897年(明治30年)(18歳)、父の命で鉄成金の息子と結婚させられたが、遊び人で釜石鉱山に追われ、それに嫌々従った3年間、勉強し習作し、1901年、短編『うづみ火』が『女学世界』誌の特賞に選ばれた。そのときは『水橋康子』を筆名とした。のち、『しぐれ女』、『長谷川康子』、『奈々子』なども使った。1904年(25歳)、帰京し、引責辞職していた深造と佃島の屋敷に住んだ(離婚は3年後)。多喜は箱根で旅館を営んでいた。築地の女子語学校(現、雙葉学園)の初等科に2年通った。岡田八千代と知り合った。1905年(明治38年)、読売新聞の懸賞に応募した戯曲『海潮音』が、坪内逍遙に認められて入選し、逍遙に師事した。そして次々と新作を発表して人気作者になった。釜石時代から文通した中谷徳太郎との仲が深くなり、1912年の第1次『シバヰ』誌にともに寄稿し、さらに翌年の第2次『シバヰ』5冊を中谷と発行したが、喧嘩別れした。1912年には六代目尾上菊五郎らと『舞踊協会』を作って8回公演し、次いで翌年、『狂言座』を菊五郎と結成したが、公演2回で挫折した。たまたま、甥の育児・事業に躓いた母の面倒見・父の看病・鶴見への引っ越しなどに多用で、劇評は続けたものの、演劇界からは退いた。菊五郎とは生涯の親友であった。文学の面では、既に1911年『日本美人伝』を、翌年『臙脂伝』を刊行していた。劇作および文学面の業績は、主な劇作と主な著作の項に纏める。1916年(大正5年)(37歳)、無名だった三上於菟吉を知り、押し掛けられるように1919年から内縁関係の世帯を持ち、以降は12歳年上の姉さん女房として、三上を世に出すことに努めた。1921年頃から三上は売り出して放蕩し、時雨を悩ませた。父没後の母らの世話に忙しい時期でもあった。1923年(大正12年)、岡田八千代との同人雑誌、『女人芸術』を出したが、関東大震災のため、2号で終わった。1928年(昭和3年)(49歳)、女性作家の発掘・育成と女性の地位向上のため、商業雑誌『女人芸術』を創刊した。時雨に大人気作家へ押し上げられて女遊びを続ける三上が、費用を負担した。世相のなかで左傾し、たびたび発禁処分を受け、資金に詰まり、1932年の48号目までで廃刊した。『旧聞日本橋』は、同誌に連載された。1933年(54歳)、『女人芸術』の仲間に励まされ、『輝ク会』を結成して、機関紙『輝ク』を発刊した。今度は、タブロイド判二つ折り4ページの、月刊の小型新聞で、発行・編集人は時雨、発行所は赤坂桧町の自宅、会員の会費で足らぬ分は時雨が自腹でまかなった。『女人芸術』の執筆者、新顔、男性陣を含む大勢が狭い紙面を充実させた。年齢順で、長谷川時雨、岡田八千代、田村俊子、柳原白蓮、平塚らいてう、長谷川かな女、深尾須磨子、岡本かの子、鷹野つぎ、高群逸枝、八木秋子、坂西志保、板垣直子、中村汀女、大谷藤子、森茉莉、林芙美子、窪川稲子、平林たい子、円地文子、田中千代、大石千代子 /三上於菟吉、直木三十五、獅子文六、葉山嘉樹、大佛次郎……など。会員からの投稿も多かった。『女人芸術』誌の後期の左傾を精算したような、編集だった。会員仲間でピクニックや観劇もした。1936年(昭和11年)、三上於菟吉が脳血栓で倒れ、看病し、彼の新聞連載を代筆した。そして翌年、関東軍が支那事変を始め、『輝ク』は『戦争応援』の方向へ旋回した。1937年10月の『輝ク』は『皇軍慰問号』であった。旋回に会員間の摩擦が起こり、1938年には2度休刊したが、時雨は進んだ。1939年(60歳)、女性の銃後運動を統率する『輝ク部隊』を結成し、慰問袋を募って送り、戦死者の遺族や戦傷者を見舞い、占領地や戦地に慰問団を派遣した。1940年、陸海軍の資金により、文芸誌『輝ク部隊』および『海の銃後』を編んで、紀元二千六百年の前線へのお年玉とし、1941年1月にも『海の勇士慰問文集』を送った。『女人芸術』誌以来の本格的な雑誌であった。その1月から、『輝ク部隊』の『南支方面慰問団』の団長として、台湾・広東・海南島などを約1ヶ月強行軍した。その後も忙しくして、発病し、白血球顆粒細胞減少症のため8月22日早暁、慶應病院で没した。24日芝青松寺で営まれた『輝ク部隊葬』には、600人が焼香した。『輝ク』は追悼号を出してのち、11月の103号で終わった。墓は今、鶴見の総持寺にある。

長谷川時雨は作家でもあり、女性運動家でもあった人です。彼女は二度結婚していますが、二人共クズでした。二人目の夫である三上於菟吉を世に出そうと時雨は様々に骨折りましたが、三上は流行作家になるや、放蕩、浪費し、作品のほとんどを待合(芸妓との遊興や飲食を目的として利用された貸席)で書いたとも言われます。それでも時雨は「三上さんは、あのやり方でなくっては書けないのです。」と言って認め、「三上さんはえらい。凄い」とも言い続けて夫を立てたそうです。1936年に三上が愛人宅で倒れ右半身麻痺となると、時雨は自宅近くに家を借りて愛人を看病に付き添わせたというのだから本物です。彼女は女性の地位向上のために、雑誌『女人芸術』を創刊しました。これは1928年(昭和3年)7 月から1932年(昭和7年)6月まで48冊を出した女性の文芸雑誌で、編集などすべてを女性の手で行う自由な言論機関として出発しました。創刊の費用は三上が負担したのですが、これは放蕩の言い訳に「ダイヤでも買ってあげよう」と言った三上に、時雨が「ダイヤはいらないから、女だけの雑誌を作る資金がほしい」と言って決まったそうです。政治的に無色だった時雨ですが、弱きを助ける江戸っ子肌だったため雑誌の左傾を放任し、次第に女性解放の理論誌的色彩を濃くしていきました。1931年(昭和6年)、10月号が発禁になり、翌1932年6月号を出して突然廃刊しました。印刷会社への支払いの滞りと、時雨の腎盂炎の悪化とが原因だったとされています。時雨の文学的な功績として、優れた劇作の他に林芙美子や円地文子を育成したことが挙げられます。上記の最期の言葉は、若くして亡くなった女流作家樋口一葉について書きたいという想いを述べたものですが、一葉は身内の不幸で苦労していたので、ことの他思い入れも強かったのだと思われます。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1033-a74e68c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。