07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

(無線通信より)
天皇陛下万歳!

前野光保の最期の言葉。前野光保は1976年(昭和51年)3月23日に児玉誉士夫の私邸に小型航空機が特攻したテロ事件の犯人である。別名を児玉誉士夫邸セスナ機自爆事件ともいう。なお、実際に特攻したのはパイパー社製PA-28機であるが、日本においてはセスナ機は「小型軽飛行機」の代名詞のように用いられることが多いため、この事件名が一般的になっていると思われる。大物右翼のフィクサーと呼ばれていた児玉(当時65歳)はアメリカ合衆国の航空機メーカーのロッキード(現在のロッキード・マーティン)の秘密代理人として暗躍しており、全日本空輸にロッキードの旅客機を購入させるために政治工作した、所謂ロッキード事件の首謀者の一人であった。そのため、事件の中心人物と目され、衆議院で証人喚問がおこなわれるはずであったが、直前に病気を理由に出席しなかった。なお、児玉は脱税などにより3月13日に起訴されていた。そうした中、東京都世田谷区等々力にあった私邸で静養中の3月23日午前9時50分頃、PA-28-140型機(機体記号:JA3551)が自宅に突入し爆発炎上した。この火災で児玉邸の2階一部が類焼し、家政婦が負傷したが、別室で就寝していた児玉本人は無事だった。突入したのは東京都の調布飛行場を離陸した2機の内の1機で、直前まで機長とカメラマンら3人が搭乗したセスナ172M型機(機体記号:JA3732)と編隊飛行をしており、新宿上空でJA3551機の写真撮影を行っていた。その撮影を終えた帰途に突入したものであった。この機体の残骸から操縦士の遺体が発見されたが、航空事故ではなく覚悟の特攻という自爆テロ行為であった。この行為に対しアメリカのメディアは「最後のカミカゼ」などと報道した。「特攻機」を操縦していたのは子役出身で映画野良猫ロックや日活ロマンポルノに「前野霜一郎」の芸名で出演していた俳優の前野光保(当時29歳)だった。彼は児玉に敵対する左翼思想の持ち主ではなく、むしろその逆であった。かつては右翼の運動家であった児玉を尊敬し、三島由紀夫にも心酔していた。そうした中、ロッキード事件に絡んで起訴された児玉に対し裏切られたと感じた前野は、彼を「利権屋」と断じ、「天誅を下すべき」だとの思いから特攻に及んだものであった。事件前に犯行計画を知人に話していたという。また、警視庁は背後関係はなく前野の単独犯と断定している。前野は調布飛行場から午前8時50分に離陸したが、その前に「映画のため」と記念撮影しており、その姿は第二次世界大戦の神風特攻隊の特攻服を身に付けていた。また、離陸時には「七生報国」と書かれた日の丸の鉢巻をしていた。彼は特攻直前最期の無線通信では「天皇陛下万歳!」と叫んでいた。まさに現代の神風特攻隊を演じきっていたといえる。

不謹慎ですが児玉誉士夫邸セスナ機特攻事件は、戦後の右翼が起こした事件の中で最も笑えるものの一つです。右翼というよりも思想的な過激派の大変に厄介な点は、その思考と行動が独善的過ぎることにあります。前野光保はロッキード事件との関係により、「政財界の黒幕」、「フィクサー」と呼ばれた児玉誉士夫を憎み、飛行機による自爆テロを敢行したのですが、元々は自身と同じ右翼である児玉のことを非常に尊敬していました。それだけに裏切られたという思いが強かったのでしょうが、考えなしの行動というものは恐ろしいものです。後の9・11をも彷彿とさせるこの特攻は海外では人々の耳目を集め、アメリカでは前野が第二次世界大戦の神風特攻隊の特攻服を身に付けていたこともあって、「最後のカミカゼ」と報道されました。運よく児玉は別の部屋に寝ていて助かったのですが、周知の通り元総理の田中角栄は収賄容疑で逮捕され、72歳の児玉は判決が出る直前の1984年(昭和59年)1月に発作を起こして亡くなりました。恐らく前野には、三島由紀夫的な誇大妄想と過剰な自己顕示欲があったのでしょう。日活の俳優であった前野は、犯行の前日に衣装部屋から持ち出した神風特攻隊の制服を着て、「七生報国」と書かれたハチマキを巻き、飛び立つ前には乗りこみ口でポーズを決めて記念撮影も行なっています。被害者が出なかったことが幸いでしたが、時代錯誤の誇大妄想家というのは迷惑なものです。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1048-e0c01144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。