09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

震災忌 我に古りゆく 月日かな

永田秀次郎の辞世の句。永田 秀次郎(ながた ひでじろう、1876年7月23日 - 1943年9月17日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の官僚・政治家。第18代三重県知事、第8代・第14代東京市長、第4代拓殖大学総長、貴族院議員。第9代拓務大臣、第18代鉄道大臣を歴任。長男は元自由民主党衆議院議員の永田亮一。兵庫県三原郡倭文村(現南あわじ市倭文長田)に永田実太郎の次男として出生。弟に京都市土木局長、横浜市電気局長を務めた永田兵三郎がいる。姫路中学校、第三高等学校(現在の京都大学の母体校の1つ)を卒業。内務省官僚を務めた後、第8・14代東京市長、拓殖大学第4代学長、貴族院議員を歴任。関東大震災では市長として復興に尽力。1932年のロサンゼルスオリンピックで女子平泳ぎ200mで銀メダルを獲得した前畑秀子に「なぜ金メダルを取れなかった」と言った。前畑は水泳を引退するつもりだったが、永田の言葉により現役続行を決意。4年後のベルリンオリンピックで金メダルを取ることになる。当時、永田は東京市長としてベルリンの次の1940年のオリンピックを東京に誘致しようと熱心だった。そのためには女子の金メダリストがいれば有利だと考えていたという。1943年9月17日に逝去。満67歳没。

永田秀次郎は政治家でした。彼は第三高等中学校卒業後、1900年高等文官試験に合格し、 26歳で洲本中学校長になり、後に三重県知事、内務省警保局長などを歴任し、18年退官して貴族院議員に勅選されるという政治家のエリートコースを歩んだ人でした。 23年後藤新平の跡を継いで東京市長に選ばれたのですが、彼の最大の業績は市長在任時の関東大震災の復興です。1940年のオリンピックを東京に誘致しようと熱心に活動しましたが、戦争のためその夢は叶いませんでした。永田は俳人でもあり号は永田青嵐でした。また大変な釣り好きとしても知られています。また、日本サッカー協会(当時は大日本蹴球協会)創立時の賛助者として名を連ねるなど、文化事業の振興に貢献しました。上記の辞世の句は、未曾有の大災害であった関東大震災を思い起こして詠んだもので、自身の命と時の流れをその想いの中で率直に表されています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1051-27911dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。