09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

拝啓

父は天皇陛下の命に依り露国に来り。
四月十一日露兵の為に捕へられ今彼等の手に依り銃殺せらる。
是天なり命なり。
汝等幸に身を壮健にし帝国の為に尽す所あれ。
我死に臨んで別に云ふ処なし。
母上は勿論(もちろん)宜しく汝等より伝ふ可し。
富弥にも宜しく伝ふる処あれ。

横川省三の遺書。横川 省三(よこかわ しょうぞう、元治2年4月4日(1865年4月28日) - 明治37年(1904年)4月21日)は明治期の新聞記者。南部盛岡藩の出身。初名は勇治。勇次のペンネームで活動することもあった。旧姓は三田村、山田。若い頃は自由民権運動に携わり、加波山事件により投獄された。また、1887年には保安条例施行に伴い、伊東圭介と共に皇居周囲三里以内から追放された。その後朝日新聞の新聞記者として、郡司成忠の千島列島探検隊の特派員や日清戦争の従軍記者などの活動をする。その後記者を辞め、アメリカでの農園経営やハワイ移民の斡旋などに携わった。日露戦争開戦に際しては内田康哉に招かれて特別任務班第六班班長となり、沖禎介とともに特殊工作に従事する。ロシア軍の輸送鉄道爆破のため、ラマ僧に変装して満州に潜伏するが、捕獲されハルピンで銃殺刑に処された。

横川省三は明治期にもの凄い人生を送った人です。この人を右翼か左翼かで、判別することは不可能でしょう。熱心なキリスト教徒で、1884年上京して有一館に入門しましたが、1884年9月に発生した栃木県令三島通庸等の暗殺未遂事件である加波山事件の関係者をかくまい2年間入牢しました。出獄後、外交失策の挽回、地租軽減、言論集会の自由の3件を掲げた、自由民権派の三大事件建白運動に参加しました。『東京朝日新聞』の記者となり、郡司成忠大尉の千島探検に同行した「短艇遠征記」などの記事を書きました。ここまでは完全に自由民権派の人生でしたが、退社して内田康哉公使に従って中国に渡り、日露の国交が断絶すると特別任務班に志願して、沖禎介らと東清鉄道フラルギー駅付近の鉄橋爆破を企図しました。しかし、ロシア軍に発見されて捕らえられて、ハルビン郊外で沖と共に銃殺されてしまいました。裁判において、横川は大変に立派な態度をとり人々を感動させ、除名の嘆願さえ行われましたが、横川ら二人はそれよりもむしろ名誉の銃殺を求たという話が残されています。その時、横川は所持していた工作金の残り500両をロシアの赤十字に寄付しています。黒山の人だかりの中、銃殺刑執行官のシモノフ大尉は12名の射撃手に向け、「射撃用意!」と命じ、その後、声を落として、「愛を以って、撃て」と指示しました。二人が苦しまずに死ねるように、しっかり心臓を狙って撃てという意味でした。横川省三39歳、沖禎介30歳でした。横川は戦後勲5等を授けられ、40年靖国神社に合祀されたています。

当時の国際情勢を描いた風刺画
http://blog-imgs-58.fc2.com/k/a/n/kannoeizan/20130720190226894.jpg
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1055-8c67ae83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。