09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

私の詩人生活も随分長く続きましたが、もうその終わるときがきました。
昨日は堂ビルに一日引籠って「象徴の鳥賊」を書き終わりました。
最期にこれを大阪からお送りするのです。
いろいろ感慨を抱きつつ・・・。

生田春月の遺書の一節。生田 春月(いくた しゅんげつ、1892年3月12日 - 1930年5月19日)は、日本の詩人。ハインリッヒ・ハイネなど、外国文学の翻訳も多い。妻生田花世は平塚らいてう主宰の「青鞜」同人作家。本名清平。明治25年(1892年)3月12日、鳥取県西伯郡米子町(現米子市)に生まれる。家業は酒造業。明治36年(1903年)米子角盤高小中退。昭和5年(1930年)5月19日、大阪発、別府行きの船菫丸に乗船中、瀬戸内海播磨灘で投身自殺。享年38。

生田春月は大正時代の詩人です。彼は鳥取県会見郡米子町道笑町に生まれ、明道尋常小学校から角盤高等小学校に進学し、このころから回覧雑誌に詩作を発表していました。明治37(1904)年に、父が商売に失敗したため一家は朝鮮に渡り、この地で辛い生活を送りました。明治41年上京して、文学を修業し、またドイツ語を学んでいます。大正3(1914)年、青踏同人の西崎花世と同棲を始めました。6年『霊魂の秋』、7年『感傷の春』を出版,詩人の地位を確立しましたが、生活は貧しく、堺利彦、大杉栄らから虚無的な思想の強い感化を受けました。初期のキリスト教的な純情な作風から、後期はアナーキスト的なものに変わったのはこの頃です。生田が自殺したのは、生来の優しい性格が災いしたものか、三角関係の悩みからともいわれていますが、彼は神戸発別府行きの汽船菫丸から投身自殺しました。生田は大正五(1916)年に森田草平門下の山田田鶴子と、死の前年の37歳であった昭和三(1928)年には、自らが主宰していた雑誌「文藝通報」の投稿者であった内山恵美及び伴淡路との恋愛に陥っていました。内縁の妻であった花世とは性格的に合わず、その関係について、「空想的人道主義」であったと晩年、自嘲的に述べています。生田の最後の船出を見送った幼馴染の田中幸太郎は「彼は心から嬉しさうであつた。おだやかに冴えた顏をしてゐた」と記しています。遺書には「女性関係で死ぬのではない。謂はゞ文学者としての終りを完うせんがために死ぬやうなものだ」とも書かれていました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1064-1ecb2db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。