09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

水に浮んだ月かげです つかの間うかぶ魚影です 言葉の網でおいすがる 万に一つのチャンスです

堀口大學の辞世の詩。堀口 大學(ほりぐち だいがく、1892年(明治25年)1月8日 - 1981年(昭和56年)3月15日)は、明治から昭和にかけての詩人、歌人、フランス文学者。訳詩書は三百点を超え、日本の近代詩に多大な影響を与えた。雅号は十三日月。葉山町名誉町民。1892年(明治25年)、東京帝大在学の堀口九萬一(のち外交官)の長男として、東京市・本郷区森川町に生まれる。父は戊辰戦争で戦死した長岡藩士・堀口良治右衛門の長男で、母は村上藩士江坂氏の長女である。大學という名前は、出生当時に父が大学生だったことと、出生地が東京帝国大学の近所であることに由来する。日清戦争開始により、父が仁川領事館補として朝鮮に単身赴任するにあたり、新潟県古志郡長岡町(現・長岡市)に引き揚げる。母が23歳で早世したこともあり、以後は祖母に育てられる。父は閔妃暗殺事件に連座して失脚し、後事を京城在任以来の知己である与謝野鉄幹に託した。1898年(明治31年)長岡町立坂之上尋常高等小学校に入学。復職してオランダに在住していた父の指導により、日本牧師の指導で英学を始める。1904年(明治37年)2月日露戦争、4月旧制長岡中学校に入学。この頃から文学に魅かれ、内藤鳴雪の俳句に心酔。同級に松岡譲が居た。1909年(明治42年)に上京し、好んで谷中墓地を逍遥して短歌を詠み、『スバル』を読んで明星派短歌に魅了され、十三日月の雅号で詠草が一二月号に掲載される。9月に「新詩社」に入社。1910年(明治43年)慶應義塾大学文学部予科に入学。与謝野鉄幹の永井荷風への推薦もあって知遇を得、『三田文学』に詩歌の発表を始める。この頃から、同門の佐藤春夫とは終生の友人であった。予科の教師はベルグソン哲学の訳者の広瀬哲士で、学年末のフランス語成績は「不可」であった。翌年に予科2年に進級するが、父の任地メキシコに赴くため、慶大を中退。東洋汽船会社の香港丸で横浜を出帆し、メキシコの日本公使館に在ること1年。この頃、肺結核を患う。父の後妻がベルギー人で、家庭の通用語がフランス語だったためフランス語の習得に没頭し、パルナシアンの詩を読み始める。この時、メキシコ革命に遭遇。マデロ大統領失脚、謀殺までの『悲劇の二週間』を体験する。1913年(大正2年)にシベリア経由でベルギーに向かい、ランボーをピストルで撃ったヴェルレーヌの事件を担当した裁判官シャルル・リグール家に住み、10月には当時の日銀総裁・水町袈裟六の斡旋でベルギー国立銀行に日本銀行の委託研究生として勤務し、異例の待遇を受けた。詩的にはポール・ヴェルレーヌ、サンボリスム詩への傾倒が始まり、詞華集『今日の詩人』でRemy de Gourmontの詩を読み、「一生を通じての精神上の最大の事件」といえる決定的な影響を受ける。以後も父の任地に従い、ベルギー、スペイン、スイス、パリ、ブラジル、ルーマニアと、青春期を日本と海外の間を往復して過ごす。スペイン滞在時はマドリード日本公使館で、マリー・ローランサンと交歓しギヨーム・アポリネールを教えられる。スイスで療養したサナトリウムは、トーマス・マン『魔の山』の舞台になったところである。1917年(大正6年)に外交官試験のために帰国し、日夏耿之介、柳沢健、長谷川潔を知る。第一次論文選考、第二次筆記試験には合格したものの口述試験で病弱のため採用されず、外交官への道を断念する。翌年に浅野合名会社嘱託通弁となり、永井荷風が序文を担当して最初の著書『昨日の花』を自費出版。リオデジャネイロから『三田文学』『炬火』に寄稿。1919年(大正8年)、処女詩集『月光とピエロ』(永井荷風序文)、処女歌集『パンの笛』(与謝野鉄幹、与謝野晶子序文)を刊行。以後、ブラジルのパイヤ、ペルナンブーコ州、リオ、サンパウロ、サントスやアルゼンチン、ウルグアイに滞在し多数の出版を手がける。ウルグアイではジュール・シュペルヴィエルを知る。その仕事は作詩、作歌にとどまらず、評論、エッセイ、随筆、研究、翻訳と多方面に及び、生涯に刊行された著訳書は、300点を超える。1923年(大正12年)ルーマニアに向かい、船中でポール・モランの『夜をひらく』を訳し、パリにモーランを訪ね翻訳出版の快諾を得、長谷川潔や鈴木竜二らと再会し、藤田嗣治やアンドレ・サルモンらと交友を持つ。1925年(大正14年)に帰国。彼の斬新な訳文は当時の文学青年に多大な影響を与え、特に新感覚派運動の誘因となった。帰国後に文化学院大学部でフランス近代詩を講ずる。以後、ヴェルレエヌの研究評伝を手がけ、戯曲訳にも手を染め、ジャン・コクトーをはじめ、一一家十三篇を訳す。1928年(昭和3年)日夏耿之介、西條八十との共同編集で詩誌『パンテオン』を創刊。岩佐東一郎、青柳瑞穂、城左門、田中冬ニ、矢野目源一、熊田精華らの若い詩人が集う。4月に文化学院を辞任。しかし、翌年に日夏耿之介との確執が起き、決別し『パンテオン』が廃刊。自ら後継詩誌『オルフェオン』を第一書房から創刊し、新たに菱山修三が加入し、機知感覚の詩風は、シュルレアリスム詩『詩と詩論』と共に詩壇に新風を与えた。1932年(昭和7年)小石川区に居を構え、6月に『昼顔』を発行するが発禁処分となる。1935年(昭和10年)に日本ペンクラブの副会長に推される(会長・島崎藤村)、文芸誌『若草』の詩選を担当し、京都の『時世粧』の編纂人となる。翌年5月にジャン・コクトーが来日した際は帝国ホテルに同宿して歌舞伎などを案内。国家総動員法の公布に伴い、日本学者のジョルジュ・ボノーと野尻湖畔のレーキサイドホテルにこもり、仏訳に専心した。しかし、著書が情報局検閲で削除されるなど思想弾圧を受けた。1941年(昭和16年)に静岡県興津に疎開。翌年に師・与謝野晶子が死去し、青山で挽歌十首を捧げた。1945年(昭和20年)に被爆下の静岡を脱出し、新潟県妙高山麓(旧関川村)の実家に再疎開。1945年秋には父が亡くなり故郷で葬った。1947年(昭和22年)に詩集五冊を上梓したのを皮切りに、著作活動を再開し、翌年に東郷豊治と西蒲原郡の旧家を訪ね、良寛の遺墨を観る。1950年(昭和25年)に、疎開から引き揚げて以降は、神奈川県湘南の葉山町に終生在住した。白水社の草野貞之の知遇により、シャルル・ボードレールの『悪の華』を全訳。1957年(昭和32年)に日本芸術院会員。9月に国際ペン大会会長として来日したAndre Chamsonと会談。1959年『夕の虹』にて第10回読売文学賞を受賞。日本現代詩人会の「詩祭」で顕彰され、上司海雲と東郷豊治の案内で、秋篠寺、唐招提寺、薬師寺などを参観。ほか日本全国を旅し、室生犀星詩集賞や読売文学賞選考委員となる。1967年(昭和42年)、宮中歌会始で召人、(お題は「魚」)「深海魚光に遠く住むものはつひにまなこも失ふとあり」と詠んだ。生物学者である昭和天皇はたいそう喜んだというが、また一部には、天皇本人を目の前にしての批判(諌言)であると解する向きもある。4月に勲三等瑞宝章を受章。1970年(昭和45年)日本詩人クラブ名誉会員。日本万国博「日本の日」に式典歌として作詞した「日本新頌」「富士山点描」を発表し、11月に文化功労者。翌年、日本現代詩人会名誉会員。1973年(昭和48年)10月に新潟総合テレビ文化賞。岩佐東一郎の葬儀に参列し、翌年に勲二等瑞宝章。1975年(昭和50年)に父の漢詩に和訓を付し、年譜を添えた『長城詩沙』を上木し、宿願を果たした。1979年(昭和54年)に文化勲章を受章。東大寺落慶法要式典歌作詞のため、奈良へ取材旅行。1981年3月に歿。享年89。葉山町神社境内「人に」、栃木県竜王峡「石」、上越市「高田に残す」の詩碑が建立されている。

堀口大學と聞いても最近の人は、フランスの本を読む時に見かける人くらいにしか知らないかもしれません。確かに彼は日本の近代詩において最も偉大な業績を残した人物ですが、やはり有名なのは訳の方でしょう。ランボー、ラディゲ、ヴエルレエヌ、アポリネエル、コクトー、ヴェルレーヌなど、彼が訳したフランスの詩人は挙げればきりがありません。雑誌『パンテオン』『オルフェオン』を編集し後進を育て、フランスの新文学を精力的に紹介しました。三島由紀夫は、大學訳によるラディゲ『ドルジェル伯の舞踏会』に多大な影響を受けており、その他の作家や詩人に与えた影響は計り知れないものがあります。しかし、彼の作った詩が、彼の訳した詩ほどに読まれていないのは残念なことです。彼の有名な詩集として「砂の枕(まくら)」、歌集には「パンの笛」などがあるのですが、なかなか手に取ったことのある人は少ないようです。訳詩で有名な、『月下の一群』は340編の詩は昭和初期の詩壇に熱狂的に迎えられ、日本の代表的な名訳詩集となりました。南弘明はこの詩集を元に男声合唱曲集『月下の一群』を作曲しています。

立命館大学メンネルコー ル 1 南弘明『月下の一群』より「秋の歌」
https://www.youtube.com/watch?v=WeUFINXSdCA
立命館大学メンネルコール 2 南弘明『月下の一群』より「海よ」
https://www.youtube.com/watch?v=_ExZKdIvHbM
立命館大学メンネルコール 3 南弘明『月下の一群』から第3曲「人の言うことを信じるな」
https://www.youtube.com/watch?v=aH0XnhXu6GI
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1070-953589d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。