FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

振り返り見れば昨日の影もなし 行くさきくらし死出の山道

田代栄助の辞世の句。田代 栄助(たしろ えいすけ、天保5年8月14日(1834年9月16日) - 明治18年(1885年)5月17日)は江戸時代から明治時代にかけての侠客[1]、明治初期の代言人。秩父事件では困民党の総理として無血蜂起を指揮した。田代勇太郎嘉之の子として武蔵国秩父郡大宮郷字熊木(現・埼玉県秩父市熊木町)に生まれる。実家は、江戸時代に忍藩の割役名主を務めたこともある名家であった。農業を営むかたわら、他者の賃借などについて仲裁を行ったり、困窮者の手助けを行ったり、放浪者を救ったりするなど弱者に優しく、秩父の郡民からは非常に信頼されており、慕うものが200人を越えるほどだったという。時の政府の富国強兵に伴う年々度重なる増税、失政によるデフレスパイラルに続き、国際的絹価格の大下落で、秩父地方で盛んな養蚕業を営む多くの農民の生活は悪化していた。そんな中、1884年(明治17年)9月、困民党に招聘され総理に推挙される。そして議論の末に無血蜂起を決定し、10月31日に開始。軍律は以下の通りであった。
第一条 私ニ金品ヲ掠奪スル者ハ斬
第二条 女色ヲ犯ス者ハ斬
第三条 酒宴ヲ為シタル者ハ斬
第四条 私ノ遺恨ヲ以テ放火其他乱暴ヲ為シタル者ハ斬
第五条 指揮官ノ命令二違背シ私ニ事ヲ為シタル者ハ斬
蜂起中に困民党メンバーやその同調者は「自由自治元年」という私年号を用いた。早くも翌11月1日には秩父郡内を制圧して、高利貸や役所等の書類を破棄した(なお一部には、指導部の意に反して暴力行為や焼き討ち等を行った者もいた)。しかし、当時既に開設されていた電信によりいち早く彼らの蜂起とその規模を知った政府は、一部汽車をも利用して警察隊・憲兵隊等を送り込むが苦戦し、最終的には東京鎮台の鎮台兵を送り郡境を抑えたため、11月4日に秩父困民党指導部は事実上崩壊、鎮圧された。田代は、武装した政府軍に追われて11月11日まで山に籠もり、11月14日に黒谷村(後に原谷村、現在は秩父市)の知人宅に宿泊。しかしその家の下働きの老女に密告され、翌15日未明、就寝していたところを警官隊に踏み込まれて捕縛された。その後取り調べを経て、1885年(明治18年)2月19日に死刑判決を受ける。同年5月17日、加藤織平・新井周三郎・高岸善吉・坂本宗作と共に熊谷監獄にて絞首刑。享年52。

田代栄助は明治時代前期の侠客にして、秩父事件の中心人物です。秩父事件は1884年(明治17年)10月31日から11月9日にかけて、埼玉県秩父郡の農民が政府に対して起こした武装蜂起事件です。この事件の特徴は、貧困によって起こった一揆ではなく、豊かになっていく過程により成立した市民意識による自由民権運動の影響下に発生した、いわゆる「激化事件」であった点にあります。秩父事件は非常に政治的な事件であり、規模では比較になりませんがフランス革命の影響を受けています。と言うのも、秩父地方は昔から養蚕が盛んだったのですが、信州など他の養蚕地域に比べてフランス市場との結びつきが強く、秩父郡内における最初の小学校はフランスの援助で設立され、そのために当時の在日フランス公使館の書記官が秩父を訪れたほどでした。ヨーロッパ大不況のさなかに発生した1882年のフランスのリヨン生糸取引所における生糸価格の大暴とそれに伴う日本政府の失政による、生糸価格が大暴落したことがこの事件の背景にあります。秩父事件は、暴力行為を行わないという非常に高潔な精神と、上記の厳しい軍律を掲げて蜂起したのですが、3日後には鎮圧されてしまいました。田代栄助は蜂起の際の演説で「兵士に対し、自由党の兵はお前らの父、お前らの兄なり、お前らの父兄に発砲するとは不孝不義ではなからうか、不孝不義でなくなるには元に向かって発砲すればお前らもまた自由の士であつと説け。このように話せば兵士たちも何で我らに危害を加えようか。しからば兵隊は恐るるに足らない」と述べているのですが、蜂起側が暴力行為を行わなければ、官軍は攻撃してこないと思っていたようであり、少々現実の認識が甘かったようです。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1072-372b24af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)