07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

夫人の「なにか言い残すことはありますか?」という問いに答えて
「何も言い残すことはない」

立原正秋の最期の言葉。立原 正秋(たちはら まさあき、金胤奎、キム・ユンキュ、김윤규、1926年1月6日 - 1980年8月12日)は、朝鮮半島出身の日本の小説家・随筆家・詩人・編集者。1926年(大正15年)1月6日、朝鮮慶尚北道(現在の韓国慶尚北道)安東郡生れ。早稲田大学専門部国文科中退(入学時は法律学科)。小林秀雄を導き手として世阿弥の芸術論や謡曲をはじめとする中世の日本文学に深く沈潜し、「中世」をみずからの創作活動の原点とした。父の病没後、母が渡日したのをうけ日本に定住。丹羽文雄主催の『文学者』に参加し、小説を書き始める。自作の「薪能」「剣ヶ崎」が芥川賞、「漆の花」が直木賞候補となり、みずからを「純文学と大衆文学の両刀使い」と称して流行作家となる。1966年(昭和41年)、「白い罌粟」で第55回直木賞を受賞。大人の愛を描いた小説に人気がある。編集者としても、同人文芸誌『犀』刊行の中軸を担い、また、第7次『早稲田文学』の編集長を務めるなどし、吉田知子、古井由吉ら多くの作家、評論家を世に送った。食道癌で亡くなる2ヶ月前に、ペンネームだった「立原正秋」への正式な改名が認められ、本名になった。美食家としても有名だったが、小島政二郎の美食随筆に対しては「味なんか何も分らない人だ」と徹底的にこきおろした。代表作に『冬の旅』『残りの雪』『冬のかたみに』など。『秘すれば花』『日本の庭』など、随筆も多い。角川書店より全集が1980年代と1990年代に2度刊行された。

立原正秋は朝鮮半島出身の作家ですが、米本光代と結婚した時に日本へ帰化しているので、厳密に言うと日本人です。最終的にペンネームだった「立原正秋」を、彼は本名にしました。彼は日本の中世文学に傾倒し、純文学と大衆文学の両方の小説を書き続けました。中世文学の中でも特に好きだったのは能だったそうで、世阿弥を尊敬していました。長男の立原潮は日本料理家になったのですが、正秋が収集した美術品などについて、「美のなごり─立原正秋の骨董」という本を出版しています。1980年(昭和55年)8月12日、国立がんセンターにおいて食道癌により死去。54歳没。墓所は鎌倉市二階堂の瑞泉寺にあります。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1075-2b6e1d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。