09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

(娘に向って)
もう 死ぬよ!

吉村昭の最期の言葉。吉村 昭(よしむら あきら、1927年(昭和2年)5月1日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の小説家。東京・日暮里生まれ。学習院大学中退。1966年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞。現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表。日本芸術院会員。小説家津村節子の夫。東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現在の東京都荒川区東日暮里)に生まれる。父吉村隆策、母きよじの八男。 父は、百貨店や寝具店への卸売や、鉱山などに納入するふとん綿を製造する工場と綿糸紡績の工場の経営をしていた。昭が生まれたとき、吉村家の事業は順調に推移していた。家は平屋建てで物干台がついていた。住み込みの工員もいて、母は大家族の料理をあつらえた。吉村家には文学的な雰囲気はなかったが、兄たちの中では三番目の兄英雄が、昭が中学校に入る頃から小説に興味をいだいたらしく芥川賞、直木賞受賞作の単行本などを買って読むようになった。1934年4月、東京市立第四日暮里尋常小学校へ入学。1940年4月、私立東京開成中学校に入学した。在学中に、家庭教師(東大法学部3年生)の指導で岩波文庫などの古典日本文学などを読むようになり、読書の楽しみを知る。また、中学2年生のとき『ボートレース』と題する作文が校内雑誌に掲載された。寄席通いを好んだが、戦時下にあり補導員の目をかいくぐりながら、鈴本演芸場、人形町末広、神楽坂演芸場へ通った。肋膜炎や肺浸潤で欠席が多かったが、1945年3月、戦時特例による繰上措置のため卒業できた。しかし教練の成績が悪かったため上級校に進学できず、予備校生活を送る。1944年に母が子宮癌で死去し、1945年12月に父が癌で死去する。1946年、旧制学習院高等科文科甲類に合格するも、両親が亡かったため将来の就職のことを考えて理科志望に転じ、学習院の入学式には出席せず、岡山市の第六高等学校理科を受験したが失敗、再び予備校に通学する。1947年、旧制学習院高等科文科甲類に入学する。岩田九郎教授に師事して俳句を作る。1948年1月5日に喀血し、同年9月17日、東京大学医学部附属病院分院にて胸郭成形手術を受け、左胸部の肋骨5本を切除した。この大病がもとで旧制学習院高等科を中途退学する。療養生活を経て、1950年4月、新制学習院大学文政学部文学科に入学する。文芸部に所属し、放送劇を書く。この頃から作家を志望するようになる。一方で部費捻出のために大学寄席を催し、古今亭志ん生を呼んで好評を博した。1952年、文芸部委員長になり、短篇を『學習院文藝』改称『赤繪』に発表する。川端康成や梶井基次郎に傾倒する。同年7月11日、岩田の紹介で他の文藝部員4人と先輩にあたる三島由紀夫に会い、河出書房版の『仮面の告白』署名入り単行本を贈られた。創作に熱中して講義を受けなくなった上、必修科目である体育の単位を取るだけの体力がなく、さらに学費を長期滞納していたため、1953年3月、大学を除籍となり、三兄の経営する紡績会社に入社するも、同年10月末に退社した。11月5日、文芸部で知り合った北原節子(後年の小説家津村節子)と結婚する。繊維関係の団体事務局に勤めながら、丹羽文雄主宰の同人誌『文学者』、小田仁二郎主宰の同人誌『Z』などに短篇を発表する。1958年2月、短篇集『青い骨』を自費出版する。6月、『週刊新潮』に短篇「密会」を発表して商業誌にデビューする。1959年1月、「鉄橋」が第40回芥川賞候補に、7月に「貝殻」が第41回芥川賞候補に、1962年「透明標本」が第46回芥川賞候補に、同年「石の微笑」が第47回芥川賞候補になるも受賞を果たせず、1965年に妻の津村節子が受賞した。この間に、受賞の知らせを受けて自動車で駆けつけると間違いだったということが起きている(『私の文学漂流』より)。1966年に『星への旅』で第2回太宰治賞を受賞する。長篇ドキュメント『戦艦武蔵』が、『新潮』に一挙掲載されたことでようやく作家として立つことになった。1972年、『深海の使者』により第34回文藝春秋読者賞を受賞する。1973年、『戦艦武蔵』『関東大震災』など一連のドキュメント作品で第21回菊池寛賞を受賞する。1979年、『ふぉん・しいほるとの娘』で吉川英治文学賞を受賞する。1985年、『冷い夏、熱い夏』で毎日芸術賞を、『破獄』で讀賣文学賞および芸術選奨文部大臣賞を受賞する。1987年、日本芸術院賞を受賞する。1994年、『天狗争乱』で大佛次郎賞を受賞する。1997年、日本芸術院会員になる。2003年に妻の津村節子も会員となる。日本文芸家協会理事、日本近代文学館理事、日本芸術院会員(1997年12月15日付発令)、2004年から2006年まで日本芸術院第二部長。2005年春に舌癌と宣告され、さらにPET検査により膵臓癌も発見され、2006年2月には膵臓全摘の手術を受けた。退院後も短篇の推敲を続けたが、新たな原稿依頼には応えられなかった。同年7月30日夜、東京都三鷹市の自宅で療養中に、看病していた長女に「死ぬよ」と告げ、みずから点滴の管を抜き、次いで首の静脈に埋め込まれたカテーテルポートも引き抜き、数時間後の7月31日午前2時38分に逝去、79歳没。遺稿「死顔」は、『新潮』 2006年10月号に掲載された。

吉村昭は数々の受賞歴のある小説家ですが、芥川賞だけは何度も候補になりながらも、最後まで受賞できませんでした。妻で小説家の津村節子が芥川賞を受賞しているだけに、彼としては悔しい思いがあったのかもしれません。学習院大学時代に文芸部委員長を務めた際には、同人誌発行のため奔走し、同人誌の費用を賄うために落語研究会を発足させ、五代目古今亭志ん生らを招いて興行を行いました。ちなみに、日本の大学において落語研究会が設置されたのは、このときが初めてだとされています。吉村の初期の作風は、死をテーマにした緻密な光景描写の短編小説が多かったのですが、『戦艦武蔵』で一転して戦史小説に挑戦しベストセラーとなり歴史小説作家としての地位を確立しました。『戦艦武蔵』に端を発する、近代日本戦史を題材とした「戦記文学」というジャンルを確立したのは吉村であるとも言われており、地道な資料整理、現地調査、関係者のインタビューで、緻密なノンフィクション小説(記録小説と呼ばれる)を書きました。しかし、1980年前後を最後として「多くの証言者の高齢化による死」を理由に、近代以前の歴史作品に軸を移すようになり、戦史を書くことはなくなりました。磯田光一は「彼ほど史実にこだわる作家は今後現れないだろう」と言っており、フィクションを書くことを極力避け、人物の主観的な感情表現を省く文体に特徴があります。また、彼は当時の文壇では珍しい速筆の作家としても知られており、担当編集者が締め切り日に彼の自宅に赴くと、必ず金庫の中には完成した原稿が用意されていたそうです。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1086-7e0459cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。