09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

白梅で ちよと一杯 死出の旅

中西君尾の辞世の句。中西 君尾(なかにし きみお、1844年(弘化元年)- 1918年(大正7年)2月17日)は祇園の芸妓で本名はきみ。祇園一の美貌を誇った勤王芸者。彼女は新撰組や幕末の志士らと交わした。当時、縄手通にあったお茶屋『魚品』(うおしな、後に切通しに移転し、現存せず)で高杉晋作を介して井上馨と出会い、彼が命を狙われていたとき、自分の身代わりとして鏡を渡したといわれる。案の定、井上はそれに助けられたのである。彼女も桂小五郎、品川弥二郎らを助けたりして命を狙われ、新撰組に捕らえられた事がある。しかし、近藤勇によって助けられたことが何回もあり、一力のお座敷で会い口説かれた際「禁裏様のために尽してくださるお方でなければいや」と突っぱねている。君尾は品川との間に子供をもうけ、その後も祇園で芸妓を続けて大正7年(1918年)に亡くなっている。「白梅でちよと一杯死出の旅」という辞世の句を残している。墓所は京都市左京区の超勝寺にある。

勤王芸者などという単語を聞かされても、意味が分からないと思いますが、君尾は勤王芸者でした。彼女は祇園一の美貌を誇ったとはいえ、ただの芸者に過ぎませんでしたが、運命的に何人もの志士たちに出会い、日本の歴史にいくつか重要な働きをしました。中でも一番有名なのは、井上馨の命を救ったことでしょう。井上は第一次長州征伐では武備恭順を主張したために9月に俗論党に襲われ(袖解橋の変)、瀕死の重傷を負ったのですが、君尾から貰った鏡を懐にしまっていたために、急所を守ることが出来て助かったという、小説のようなことがありました。彼女は勤皇の志士たちと数々の浮名を残したのですが、芸者の悲しさですが誰の正妻にもなれませんでした。上記の通り、君尾は品川弥二郎との間に一子をもうけましたが、品川は山縣有朋の姉寿子の長女と結婚しました。彼女は明治維新の後も芸妓を続け、大正7年(1918年)に75歳で亡くなりました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1099-2bb779c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。