FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

こんな寒いときに年寄りが出てこなくてもいいもんだ。

佐藤久一の最期の言葉。佐藤 久一(さとう きゅういち、1930年1月5日 - 1997年1月23日)は、山形県酒田市生まれの実業家。酒田商業に入学後、酒田中学校に編入学。日本大学芸術学部中退。父、久吉は日本酒醸造元「金久(かなきゅう)酒造」を経営、市議会議長、商工会会頭などを歴任、テニスの振興に尽力するなど、名家の主として知られる。久一は、大学中退後、20歳で映画館「グリーンハウス」支配人に就任。洋画専門館として名を馳せる。淀川長治や荻昌弘が羨んだという映画館だった。 1964年には映画館の職を辞して、上京、日生劇場に勤務。同劇場の劇場課、のち食堂課に勤務。1967年8月、父、久吉の求めで酒田に戻り、以後、「レストラン欅」、「ル・ポットフー」の支配人として活躍。地方都市には珍しいフランス料理の名店として、著名な食通達の間で評判を博す。この店の味を絶賛した著名人には、開高健、丸谷才一、山口瞳らがいる。1993年1月、「ル・ポットフー」を退職。1997年1月、食道癌で亡くなる。

佐藤久一は映画館や料理店の支配人として、数々の著名人から高い評価を受けましたが、一般的な知名度の高い人ではありません。彼の才能の核心は、芸能コーディネーターとしての選別眼と調整手腕によるものでしょう。彼は自分で何かを作り出すというよりは、個人的な趣味に精通しそれを世に広める才に秀でた人であり、歴史的な人物で例えるなら千利休が近いと思います。映画人としての業績は、1954年(昭和29年)に映画製作を再開した日活の黄金時代に、洋画専門映画館を経営して成功させたことと、映画評論家淀川長治が絶賛した、大スクリーンの使用と小劇場「シネサロン」や、少人数の貸切用「家族室」を設置するなどの、非常に先進的な取り組にあります。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1100-e382ccf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)