07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Let's go for a drive.

ドライブに行こうぜ。

ポール・ウォーカーの最期の言葉。ポール・ウォーカー(Paul William Walker IV, 1973年9月12日 - 2013年11月30日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の男優。身長188cm。イングランド、アイルランド及びドイツ系、母親はモデルで父親もファッション関連の仕事をしていた。2歳の頃から多くのCMに出演しはじめる。高校卒業後にいくつかのコミュニティ・カレッジで生物海洋学を学ぶ。1980年代にはモデルとして活躍。B級映画やテレビシリーズへの出演を経て、1999年の『バーシティ・ブルース』あたりから注目されるようになる。2001年、ヴィン・ディーゼルと共に出演したアクション映画『ワイルド・スピード』がヒット。続編にも出演(ただし3作目を除く)。『ワイルドスピード』最新作の撮影が進む中で下記の事故に遭った。2013年11月30日、ウォーカーはチャリティーイベント(ハワイのタイフーン被害者のための資金提供を募るもの)に出席。イベント出席後、ウォーカーはRoger Rodas ロジャー・ロダス(ウォーカーの友人、レースドライバー、ファイナンシャル面での相談相手にもなっていた人物、38歳)の運転する赤いポルシェ・カレラGTの助手席に乗り帰路についたが、15時30分 (PST) 、その友人はアメリカ・カリフォルニア州のサンタクラリタでコンクリート製の街灯や街路樹に衝突する交通事故を起こした。ポルシェは衝突直後に爆発・炎上した。ロサンゼルス郡保安官事務所は、現場で2人の死亡が確認された、と発表した。事故の様子は防犯カメラ等に記録されており、それの分析などから判ったことでは、現場は制限速度 45 mphであったにもかかわらずロダスは100mph (160 km/h)ほどのスピードを出していたという。

ポール・ウォーカーは映画『ワイルド・スピード』で有名な、アメリカの俳優です。3作目を除く、6作目まで全ての『ワイルド・スピード』シリーズに出演しました。『ワイルド・スピード』は、2001年に公開された、ロブ・コーエンが監督したカー映画で、ロサンゼルスを舞台にドラッグレース(ゼロヨン)に熱中するストリート・レーサーたちを題材としていました。当時のアメリカのストリート・レース文化にのっとり、スポーツコンパクトと呼ばれるカテゴリの日本車が数多く登場しており、日本でも高い人気を誇りました。映画の中でトヨタ・スープラやスカイラインGT-R、マツダ・RX-7が大活躍します。ウォーカーは自身も大の車好きであり、保有する16台のうちほとんどが日本車(日産自動車製)だったそうです。14年公開予定の7作目「ワイルド・スピード7」にも出演中だったのですが、映画さながらの大暴走による交通事故で亡くなりました。享年40。

ワイルドスピードX2 - R34 GT-R vs スープラ S2000 vs RX-7
https://www.youtube.com/watch?v=Hkk7LHO4WDA
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1106-b1e78614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。