09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Mihi vita immerenti eripitur; neque enim extat ullum meum factum paenitendum expecto dumtaxat uno.

I deserve not death, but I repent nothing else in my life except for one thing.

私は人生でたった一つのことしか後悔していない。

ティ トゥスの最期の言葉。ティトゥス・フラウィウス・ウェスパシアヌス(Titus Flavius Vespasianus 、39年12月30日 - 81年9月13日)は、ローマ帝国の皇帝(在位:79年 - 81年)である。一般的にはティトゥスとして知られる。フラウィウス朝第2代の皇帝である。先帝ウェスパシアヌスの長男、母はフラウィア・ドミティラ、弟 はドミティアヌス帝。39年、ローマにて誕生した。ティトゥスは皇宮で帝国の後継者たちとともに学んでいたらしく、帝位継承者の一人ブリタンニクスと仲が よかった。そのブリタンニクスが毒殺された時、ティトゥスはすぐ隣にいて盛られた毒を少し試し、長い間床に伏せていたという。この事をティトゥスは生涯忘 れず、後に皇帝になった時に若くして死んだ旧友の像を建立したと伝えられている。61年から63年にかけてトリブヌス・ミリトゥムに就任、父ウェスパシア ヌスとともにブリタンニアへ赴く。64年にローマに戻りアレキナ・テルトゥラと結婚、し かしすぐ死別、翌65年にマルキア・フルニッラと再婚する。妻の生家は帝位後継者、後のローマ皇帝ネロの対抗勢力に属していた。そして結婚と同年の65年 に元老院議員ピソによるネロの暗殺疑惑事件 (en:Pisonian conspiracy) が発生、この件で妻とは離縁する。以来彼は結婚しなかった。67年に父ウェスパシアヌスとユダヤ人の反乱鎮圧のためパレスチナに向かう。クァエストル(財 務官)となっていたティトゥスは、同地で軍の一指揮官として勤務する。しかし68年にネロが自死、ガルバがローマ皇帝として就任する。この時ティトゥス は、父ウェスパシアヌスの命令で、ガルバに皇帝就任の祝辞を述べるためローマに赴いたが、ガルバ殺害、オト自死、ウィテリウスが皇帝即位と西方の情勢が混 乱しているのを知ると、旅程の途中で自らの判断により父の下へ引き返している。そして以降ユダヤ戦争の鎮圧に専念する。このように1年に皇帝が4人も代わ るという政権が不安定な「四皇帝の年」に、ティトゥスはシリア総督ムキアヌスと共同 して父ウェスパシアヌスを支えた。69年には最初にムキアヌスがウィテリウスに対する先鋒として、そして次に父ウェスパシアヌスがローマへ皇帝宣言のため 赴くと、エルサレム攻略の司令官となり、70年にはエルサレムを占領し、73年まで抵抗を続けたマサダの要塞を除きユダヤ人の反乱を平定する(ユダヤ戦 争)。この時にユダヤ王家の一族に連なるベレニケと恋に落ちた。そしてローマに帰還して凱旋式を挙げる。この凱旋式の様子はフォルム・ロマヌムの東端に ティトゥスの凱旋門のレリーフに残っている。その後、父ウェスパシアヌスと共同統治し、親衛隊長官及び執政官職を数回務めた。執政官7年目となる79年 に、死亡した父の後を継いでローマ皇帝となる。ティトゥスが皇帝になった時、人々は彼が再び ネロのようになるのではないかと心配した、と後年スエトニウスは書いている。理由は愛人であったベレニケで、ローマ市民にとって彼女はクレオパトラの再来 であるかのように映っていた。しかし、市民の危惧を悟ったティトゥスはベレニケを妻とすることを諦め、そのため逆に市民の同情と支持を得ることになった。 また、剣闘士試合を頻繁に開催したり、先帝ウェスパシアヌスを揶揄する喜劇が上演されても一切咎め立てしなかったので、ローマ市民の間でも人気が高かっ た。元老院との関係も良好で、反逆罪の罪状を使わないと宣言した。ティトゥスは何も良いことをしなかった時には「一日を失ってしまった」と嘆いたと言う。 在位中にヴェスヴィオ火山が噴火し、ナポリ近郊の都市ポンペイが壊滅したほ か、ローマが3日間延焼し続ける大火災が発生した。ティトゥスは精力的に被災地の救済にあたったが、その最中の81年に熱病で死んだ。わずか2年の治世で あった。スエトニウスはマラリアでの死、あるいは弟ドミティアヌスによって毒殺された可能性があるとも書いている。

ティトゥスはローマ帝国の皇帝としての在位が2年と非常に短いにもかかわらず、ユダヤ人以外からは評価が非常に高い人です。彼 はウェスパシアヌス帝の長子であり次帝ドミティアヌスの兄にあたります。父のユダヤ遠征に同行中に、ネロ死後の後継者争いが起こり、父からユダヤ戦争の全 権を託され、70年にエルサレムを陥落させました。ウェスパシアヌスは懸案のエルサレム陥落を目指して、ティトゥスを攻略に向かわせ、ティトゥスはユダヤ 人の元指導者で歴史家のヨセフス・ベン・マタティア(フラウィウス・ヨセフス)を、エルサレムを守るユダヤ人たちの元へ送り交渉を行わせたりと、色々と工 作もしたのですが、ユダヤ人らは矢を放って交渉人たちを追い払い、さらに反撃を行いました。ユダ ヤ人たちは神殿やアントニウス要塞に拠って頑強に抵抗しましたが、ティトゥスは夜間の奇襲攻撃を行ってアントニウス要塞を陥落させました。要塞は神殿を見 下ろすように建っており、神殿攻撃の絶好の地点だったため、戦闘中にローマ兵が燃える棒を神殿の城壁の上にばら撒いたことにより、城壁自体が炎上してしま いました。スルピキウス・セウェルス(Sulpicius Severus、363年–420年)は、著書『Chronica』の中でタキトゥス(56年–117年)の著書の一部を引用し、ティトゥスはユダヤ人を 根絶するためにエルサレム神殿を破壊することを望んだと書いています。一方、フラウィウス・ヨセフスはより穏健な見方をしており、ティトゥスは他の者たち と話し合いを行った結果、建設以来千年の歴史を有するエルサレム神殿を残そうとしたのですが、ユダヤ人の度重なる攻撃と戦術に怒り心頭となったローマ兵 が、ティトゥスの命令を破って神殿に隣接する区画へ火を放ち、それが神殿全体に広がったとしています。フラウィウス・ヨセフスは、この攻囲戦で「110万 人」が死に(そのほとんどはユダヤ人)、9万7千人が捕虜となり奴隷にされたと書いており、82年ごろにドミティアヌス帝 が建てた、フォロ・ロマーノに今も残るティトゥスの凱旋門には、エルサレム神殿の宝物を運ぶローマ兵の姿が刻まれています。ユダヤ戦争、およびエルサレム の破壊というテーマは、長年にわたり多くの西洋の小説家や芸術家の発想の源となっており、多数の絵画が描かれました。ティトゥスはユダヤ人にとっては侵略 者でしたが、ローマ人にとっては後に暴虐な皇帝とされた弟ドミティアヌスと対照的に善良な皇帝として評価され、後世には五賢帝によって皇帝の理想像とされ ました。ただし彼の死後、「時期が短ければ、誰だって善い皇帝でいられる」という文句がローマ人の間で流行したとの記述もあります。さて、ティトゥスの最 期の言葉にある唯一の後悔とは何であったのかについてですが、これについ て当時の歴史家スエトニウスはドミティアヌスが兄の死に関与した疑いを推測しています。その根拠はティティスは兄の妻ドミティアと不倫関係にあったと言う 噂が当時広まっており、ティティスの最後の言葉はこの噂に起因しているというものです。しかしながら、スエトニウスでさえもこの話は余りに疑わしいとして 退けており、ティティスが死ぬ直前に何に後悔していたのかよく分かっていません。

ティトゥスの凱旋門のレリーフ。エルサレム神殿からメノーラーなどの戦利品を運び出すローマ兵
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AC%E3%83%A0%E6%94%BB%E5%9B%B2%E6%88%A6_(70%E5%B9%B4)#mediaviewer/File:Arch_of_Titus_Menorah.png
『エルサレム神殿の破壊』。フランチェスコ・アイエツの絵画、1867年
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AC%E3%83%A0%E6%94%BB%E5%9B%B2%E6%88%A6_(70%E5%B9%B4)#mediaviewer/File:Francesco_Hayez_017.jpg
『ティトゥスによるエルサレム破壊』。ヴィルヘルム・フォン・カウルバッハ(Wilhelm von Kaulbach)の絵画。1846年
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AC%E3%83%A0%E6%94%BB%E5%9B%B2%E6%88%A6_(70%E5%B9%B4)#mediaviewer/File:Kaulbach_Zerstoerung_Jerusalems_durch_Titus.jpg
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1107-5046de2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。