09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

(家族に向かって)

I'm not afraid of death. I'm going home.

私は死を恐れない。私は家に帰るんだ。

パトリック・スウェイジの最期の言葉。パトリック・ウェイン・スウェイジ(Patrick Wayne Swayze、1952年8月18日 - 2009年9月14日)は、アメリカ合衆国の俳優、ダンサー。テキサス州ヒューストン出身。バレエ教室の経営者で振付師でもある母の影響で、幼少の頃からバレエの英才教育を受けて育つ。バレエの劇団員時代を経て、ブロードウェイの舞台で活動。1979年にローラーディスコをテーマにした映画『Skatetown, U.S.A.』で、映画俳優デビュー。1981年にはアメリカの人気テレビドラマ『マッシュ』(M*A*S*H,Episode 9"Blood Brothers")に出演。1983年の映画『アウトサイダー』では、C・トーマス・ハウエル、ラルフ・マッチオ、マット・ディロン、ロブ・ロウ、ダイアン・レイン、エミリオ・エステヴェス、トム・クルーズらと共演し、ブラット・パックの一員とみなされることもあった。『ダーティ・ダンシング』では得意のダンスを披露し、『ゴースト/ニューヨークの幻』の世界的大ヒットで人気を不動のものとした。2008年1月に4期膵臓癌を診断されたことを告白、約20ヶ月の闘病生活の末、2009年9月14日に膵臓癌で死去。57歳没。癌を宣告されてからも、テレビドラマ『ザ・ビースト』に出演するなど仕事を続けた。2008年9月にはガン撲滅運動「スタンドアップ・トゥ・キャンサー」に参加していた。

パトリック・スウェイジが演じた中で最も有名な役は、問答無用で『ゴースト/ニューヨークの幻』の主人公のサム・ウィートです。この映画は、製作予算は22,000,000ドルで、興行収入は世界で約500,000,000ドルという商業的に高い成功を収めました。アカデミー賞では同年に『ダンス・ウィズ・ウルブズ』という強豪がいたために、受賞は助演女優賞と脚本賞のみでしたが、愛する人が幽霊となって目の前に現れるというこの映画のアイデアは、多くの亜流映画・小説を生みました。スウェイジは、バレエの修行時代に知り合った同郷の女優リサ・ニエミと1975年に結婚し、亡くなるまでの34年間連れ添いました。彼女は、2003年に公開された映画『ダンス with me !』(日本未公開)では、監督・製作・脚本の他に、夫と共に主演も務めました。スウェイジは約20ヶ月の闘病生活の末に癌で亡くなったので、最期の言葉を聞く限り、疲れ果てていたのかもしれませんが、家族に対して気丈に振舞おうとしたようです。

Ghost (ゴースト ニューヨークの幻)
https://www.youtube.com/watch?v=_4AG1btByNA
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1122-41fc352a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。