FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Das ist nicht wahr! Ich werde in der Montur sterben?

That's not true! I'm gonna die in this suit?

それは本当ではない! 俺はこんな格好で死ぬのか?

フリードリヒ・ヴィルヘルム1世 (プロイセン王)の最期の言葉。フリードリヒ・ヴィルヘルム1世(Friedrich Wilhelm I., 1688年8月14日 - 1740年5月31日)は、第2代の「プロイセンにおける王」。粗暴で無教養だったが、財政・軍制の改革によってブランデンブルク=プロイセンの強大化に努め、兵隊王(または軍人王、Soldatenkönig)とあだ名された。1688年8月14日、後に「プロイセンの王」フリードリヒ1世となるブランデンブルク選帝侯フリードリヒ3世とその妻ゾフィー・シャルロッテ(ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストの娘)との間に生まれた。1689年から1692年までハノーファーの祖母ゾフィー・フォン・ハノーファーに育てられ、その後ドーハ城伯アレクサンダーやユグノーのジャン・フィリップ・ロビュールらによって教育を受けた。1698年の10歳の誕生日には父からヴスターハウゼンの荘園を贈られ、1701年のフリードリヒ1世の即位に伴ってオラーニエン公となった。1706年11月28日、王太子フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は母方の伯父ハノーファー選帝侯ゲオルク1世(後のイギリス国王ジョージ1世)の娘で従姉に当たるブラウンシュヴァイク=リューネブルク=ハノーファー公女ゾフィー・ドロテアと結婚した。ゾフィー・ドロテアとの間には、4人は早世したものの計14人の子供を儲け、ロココ時代の君主のならいであるような多情を抱かなかった。1713年2月25日、父王の死によってプロイセン王位を継承したが、フリードリヒ1世の浪費によってこの時のプロイセンは破産寸前だった。こうして新王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は軍事・財政の全般的な改革に乗り出すことになる。フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は精力的に国政の合理化・単純化に取り組み、同時に軍事力の強化に着手した。経済力のある市民の受け入れを促進し、ペストによって人口希薄になった東プロイセンに、フォンテーヌブローの勅令によりカトリック勢力に迫害されたフランスのユグノーたちを誘致した。1732年、特にプロテスタントへの迫害の厳しかったザルツブルク大司教領からは2万以上の難民が移住し、荒廃した東プロイセンには再び活気が満ちた。また1713年の官営紡績工場設立、1717年のハーフェル川流域の沼沢地干拓、1727年のベルリン施療院設立などが王の業績として挙げられる。また、従来より中央から御料地などに派遣されていた軍事監察官を強化し、御料地の税収強化(これはすべて軍事費に当てられた)、戦時における兵糧や補給調達の整備など、軍事に特化した中央集権化を強靭に進め、この時代にはほぼ中央集権体制が完成された。フリードリヒ・ヴィルヘルム1世が行った軍制改革によってカントン制度が設けられ、地域別に編成された連隊への人員供給が安定した。また王は長身の兵を偏愛し、そのような兵のみを選抜したポツダム巨人軍と呼ばれる近衛連隊を組織したことは有名である。各地に出向いた徴兵官は誘拐や大金によって長身の壮男を募り、その中にはスコットランド人などもいたが、王はベルリンに専用の邸宅まで用意して兵士に与えたりした。この連隊の維持には多額の費用がかかったが、兵力としてはなんら長所はなく、この王の唯一の娯楽ともいうべき連隊は、息子のフリードリヒ2世の即位後廃止、残留を望む者だけを1個大隊に集めて、他は解散させた。王は軍隊の育成に心血を注いだが、この軍隊はほとんど実戦を戦うことはなく、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世が参加した戦争は大北方戦争のみであった。1714年には実質的に参戦し(1715年に宣戦布告、シュトラールズントを陥落させ、滞在していたスウェーデン王カール12世をドイツから追い払った)、スウェーデン軍を相手に戦ったこの戦争でプロイセンは勝利を収め、1720年のストックホルム条約で、前ポンメルン、シュテッティン、ウーゼドム島などの領地を獲得した。北ドイツでの権益拡大に成功したフリードリヒ・ヴィルヘルム1世は、スウェーデンのドイツに対する影響力を一掃し、バルト海地域での勢力図を塗り替える事に成功した。1739年、自らが復興させた東プロイセンの繁栄を確かめる視察旅行の後、持病の水腫が悪化し、1740年5月31日、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は世を去った。フリードリヒ2世は後年父王について「彼ほど些事にかかずらう人はこれまでなかったであろう。まったく小さなことにかかずらうに当たっても、彼は小を扱うことが大をなすのだということを確信していたからである」という言葉を残している。改革の効果は素晴らしく、他国が驚くほどの軍事力を備えながら国庫にはまだ貯蓄があったという。

兵隊王ことフリードリヒ・ヴィルヘルム1世は、後に「プロイセンの王」フリードリヒ1世となる、ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ3世の子として生まれ、父の残した莫大な借金を整理し、疲弊していた国力を回復させプロイセンを列強の地位に高めるための土台を築いた偉大な人物でした。であると同時に彼は相当なワルでした。とにかく軍事力の増強に目がなかった彼は、軍事に特化した中央集権化を強靭に進めました。兵隊王との異名を持つヴィルヘルム1世は、特に巨人の兵士を好み、巨人連隊(正式な名称はプロイセン第6歩兵連隊)を編成したのですが、この時とった徴兵制度は当時でも今でも斬新なものでした。つまり、背の高い男がいると無理やり誘拐したのです。ヴィルヘルム1世の巨人に対する愛着は凄まじいもので、記録によれば、身長216cmのスコットランド人の男には、諸経費込みで8,000ターラーを支出したほどでした。他国領に押し入ってまで兵士を集めることは当然外交紛争となりましたが、王はまったく反省せずに、むしろ強制的な手段を躊躇する徴兵官を叱ったそうです。これは王の完全な道楽でしたが、彼が制定した軍事制度であるカントン制度は、一種の選抜徴兵制であり、。「第5の列強」軍事大国プロイセンの人的基盤を形成しました。そのやり方はやはり誘拐まがいで、詐欺によって兵士にするとは知らせぬまま騙して連れてくるのはまだいいほうで、無防備に道を歩いていた農夫を無理やり連行したり、「特殊部隊」を編成して教会のミサを襲いその場にいた男子を連れ去る、といったことをしばしば行いました。当時他国から抜きんでていた行政組織、優秀な官僚と将校に裏打ちされたカントン制度により、プロイセンはその規模に不釣り合いな大きさの軍隊を構築することに成功しました。さらには、それまで農民が移住や結婚の届け出を領主の貴族に行っていたのが、徴兵対象身分の者はその地区の連隊に対して行うようになったため、国の力の及ぶ範囲が拡大したため、有力な貴族の支配を侵食し、国王の権力を増大させる結果となりました。これらの結果により、貴族の地位が低下するとともに庶民の間に、何々という貴族の領民、ではなく自分たちはプロイセン王国の臣民であるという意識が広まりました。ここまで話せば分かるように、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は大変暴力的な人であり、文化人である父王や息子のフリードリヒ2世とは全く反りが合いませんでした。特に父の後を継いだフリードリヒ2世は、「オペラや喜劇などのくだらぬ愉しみには絶対に近づかせぬこと」と教育係に厳命し、暴力、食事を与えない、蔵書を取り上げるなど、虐待に等しい境遇を父から受けていました。さらには、王太子フリードリヒの逃亡未遂を手助けしたハンス・ヘルマン・フォン・カッテを処刑したことすらありました。フリードリヒ2世は、後に啓蒙専制君主の典型とされるまでになりましたが、本当のことを言うと彼はワルであることにかけては父親以上でした。フリードリヒ2世は、ハプスブルク家新当主マリア・テレジアとの血で血を洗う争いを行うのですが、これも元を正せばフリードリヒ・ヴィルヘルム1世の暴力と軍拡にもその責任の一端はあるかもしれません。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1127-7e56635a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。