FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Home to the palace to die…

宮殿へ死にに帰る……。

アレクサンドル2世の最期の言葉。アレクサンドル2世(ロシア語: Александр II, ラテン文字転写: Aleksandr II、アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ロマノフ、ロシア語: Александр Николаевич Романов, ラテン文字転写: Aleksandr Nikolaevich Romanov、1818年4月29日(ユリウス暦4月17日) - 1881年3月13日(ユリウス暦3月1日))は、ロマノフ朝第12代ロシア皇帝(在位:1855年3月2日 - 1881年3月13日)。ニコライ1世の第一皇子、母は皇后でプロイセン王女のアレクサンドラ・フョードロヴナ。幼い頃から未来の皇帝の地位を約束されていたアレクサンドルは、有能な為政者になるべく帝王教育を受けた。帝国を統べるために必要なドイツ語・フランス語・英語・ポーランド語をマスターし、実際に政府機関に勤務して軍事・外交・財政などの政治的教養を身に付けていった。1855年、クリミア戦争がセヴァストポリ要塞の激戦を迎えている最中にニコライ1世が崩御したため、皇帝の座についた。戦局は悪化の一途をたどり、翌1856年3月にロシアは敗北を認めパリ条約を結んだ。クリミア戦争の敗北はロシアの支配階級に大きな危機感を抱かせ、帝国の弱体化の責任は既存の国家体制が抱く「立ち遅れ」に求められた。資本主義化・工業化のような経済発展、自由主義的な社会改革こそがロシアを救うと考えられたのである。農奴制について述べた「下から起こるよりは、上から起こった方がはるかによい」という言葉が示すとおり、アレクサンドル2世自身はこうした国家の西欧化改革を慎重に採用していくことで、伝統的な専制政治を延命させることが出来るという思想を以って改革に臨んだ。このため自由主義者とは改革に対するヴィジョンに最初から齟齬があった。まず政府は旧弊な社会制度の象徴とされた農奴制の解体に着手し、1861年2月19日(3月3日)に農奴解放令を実施した。長期的に見ればこの解放はロシアに工業発展の成果をもたらしたが、その実感は1860年代後半になってから現実のものとなったのであり、解放直後は不十分だとする不満が農民に根強かった。また解放は約4700万人の農民の管理が地主から政府の手に移ったことを意味し、この社会的変化に対応するべく地方自治機関としてゼムストヴォが設置された(ヨーロッパロシア地域のみ)。この機関は地方貴族に地方への影響力を残すと同時に国政参加の機会を与えたが、それでも児童教育・保健事業・貧民救済といった社会の影の部分に目が向けられた。改革は多方面に及び、1864年に断行された司法権の行政権からの独立を始め、国家予算の一本化、徴税請負制の廃止、国立銀行創設といった政府内の構造的近代化・効率化のための施策が矢継ぎ早に行われた。またナショナリズムの要たる国民教育に関しても、ゴロヴニン文部相のもと、1863年の「大学令」で大学を自由化し、翌1864年の「初等国民学校令」「中等学校法」は無償の基礎的公教育を保障した。後任で保守派の代表格であるドミトリー・トルストイも教育改革を熱心に推進し、1871年に女性が教員や公務員となることが許可された。ロシアは女子教育に関しては西欧諸国をはるかに凌いでいた。軍事面での改革は陸相ドミトリー・ミリューチンの努力に負うところが大きい。ミリューチンは1867年に軍規を大幅に整備し、1874年には全身分の男子に対する徴兵制がしかれた。ただし装備などは西欧列強と較べると、いまだ格段に質が悪かった。また聖務会院も変革を期待し、ロシア正教会への働きかけを強めた。しかしこうした改革は帝国に完全な安定をもたらすことは無かった。ポーランドではアレクサンドル2世の治世初期から自治を求める分離主義運動が活発で、デモが頻繁に起きた。ポーランド側は1862年に与えられた部分的な自治権には不満で、ついに1863年の年明けにはポーランドとリトアニアで旧ポーランド・リトアニア共和国を再建しようという一月蜂起が発生し、ベラルーシやウクライナでは民族主義の反乱が起きた。こうした騒乱の鎮圧には1年以上がかかり、ポーランドは自治権を失って、ヨーロッパロシア各地域におけるロシア化政策が強化された。こうした動きや、1866年のカラコーゾフ事件(英語版)、保守派の政治家が政権に参与し始めたこともあって、アレクサンドルの改革は1860年代後半から反動化したという評価が一般的である。事実、ポーランド人とリトアニア人の多くがシベリアに流刑になるか、アメリカ合衆国へ亡命していった。しかし改革は全体的には続行されていたという説もロシアを中心に存在する。皇帝はロシアの孤立状態を危ぶみ、外相アレクサンドル・ゴルチャコフの協力で対ヨーロッパ国際協調路線を模索した。フランスへの接近は失敗に終わり、イギリスやオーストリアとは強い敵対関係から脱却することはなかった。結果としてプロイセンとの友好が考えられ、1873年、バルカン半島をめぐってライバル関係にあるオーストリアを含めた三帝同盟が結ばれた。クリミア戦争以後、ロシア政府はバルカン南下政策に慎重になっていたが、スラヴ主義者のキャンペーン活動に後押しされる形で、1877年にブルガリア保護の名目でオスマン帝国に宣戦した露土戦争では、9ヶ月の戦いの後にアドリアノープルを陥落させて敵側から降伏を引き出した。1878年2月のサン・ステファノ条約では、ロシアの衛星国とすべくブルガリア公国の形成と自治権をオスマン側に認めさせた。しかし列強はこれに猛反発し、同年7月に開催されたベルリン会議ではロシアの影響力を殺ぐ方向で条約内容が大幅に修正された(ベルリン条約)。ロシア側はブルガリア公に皇后の甥アレクサンダーを推すことには成功したものの、ベルリン会議を主催したプロイセンとの同盟関係に疑念を呈する声がスラヴ主義者の間で上がることになった。「人民の中へ」(ヴ・ナロード)をスローガンにしていたためにナロードニキ(人民主義者)と呼ばれていた人々は、皇帝と地主の権力は農民一揆で打倒できるとし、農民の説得に情熱を傾けたが、思うような支持を得られなかった上、政府の厳しい弾圧に遭った。彼らの一部は急進化し、皇帝や高官を暗殺することにより専制政治を打倒しようとし、テロに走った。1867年、フランスを訪問中のアレクサンドル2世はパリで襲撃されたが、この時は難を逃れた。その後も皇帝暗殺計画は再三にわたって企てられ、1880年2月にはアレクサンドル2世を狙った冬宮食堂爆破事件が起きて多数の死傷者が出た。これをきっかけに最高指揮委員会が設置され、下ヴォルガ臨時総督として暴動鎮圧に成果を収めたミハイル・ロリス=メリコフが委員長に任命された。政治を安定させ、内政の改革を進めることがテロや暴動の抑止になると考えたロリス=メリコフは行政改革と財政改革を皇帝に進言し、これを受けて最高指揮委員会は解散され、ロリス=メリコフが内務大臣となった。社会の不安を除くため、人々の怨嗟の的となっていた悪名高い秘密警察・皇帝官房第三部を廃止し、立憲制導入に向けてまず一種の「議会」導入を提案し、一般委員会や国家評議会にゼムストヴォの代表や大都市自治会の代表などを参加させようとした。1881年3月13日、アレクサンドル2世は、没落したシュラフタの家柄で「人民の意志」党員のポーランド人イグナツィ・フリニェヴィエツキ(英語版)の投じた爆弾により、サンクトペテルブルク市内で暗殺された。アンドレイ・ジェリャーボフ(ロシア語版)、ソフィア・ペロフスカヤら暗殺の首謀者は処刑され、暗殺当日に皇帝の承認を受けたばかりのロリス=メリコフの改革案は白紙に戻された。

アレクサンドル2世は農奴を解放したこともあって、比較的評価の高いロシア皇帝です。彼はロシアが国難の時期に皇帝となり、大改革に着手しロシアを資本主義化・工業化することによって経済発展させ、自由主義的な社会改革を実行しようとしました。ただし、彼はあくまで伝統的な専制政治を延命させるために改革を行ったのであって、自由主義者だったわけではありませんでした。列強の中では国力が最弱だったロシアを率いて、オスマン帝国相手に露土戦争で勝利したり、中央アジアへの本格的な進出や開発も始まった。トルキスタン地方ではブハラ・ハン国(1868年)、ヒヴァ・ハン国(1873年)を次々に保護下におき、アロー戦争に忙殺されていた清と、1858年のアイグン条約および天津条約、1860年の北京条約を次々に結び、沿海州(現在の沿海地方)を獲得して不凍港ウラジオストクを建設したりしました。彼の東アジアに対する侵略的な意図は、ウラジオストク(東方を支配する町)という名を持つ極東政策の拠点となる軍事・商業都市を建設したことからも明らかです。アレクサンドル2世の私生活は、1841年、ヘッセン大公ルートヴィヒ2世の末娘マリーと恋愛結婚したのですが、結婚後、アレクサンドルの妻への愛情は急速に冷め、間に8人の子供を儲けつつ、他の貴族女性との関係を繰り返し、3人の私生児を作りました。また1865年の皇太子ニコライの急死は、皇帝をひどい鬱状態に陥らせ、妻や家族など周囲との溝をさらに深める原因となりました。1866年、48歳のアレクサンドル2世は、没落貴族の娘でスモーリヌイ女学院の女学生であった、エカチェリーナ・ドルゴルーカヤ公爵令嬢(愛称カーチャ)と出会い、二人はカーチャの卒業を待って恋愛関係になり、4人の子供が生まれて幸福な「家庭」生活を築きました。当然この関係は明るみに出て、皇太子アレクサンドルを始めとする多くの人々の非難を受けました。1880年5月に皇后マリアが没すると、皇帝は教会法および家族の反対を無視して、カーチャと貴賤結婚をするに至ったのですが、当然ながら、この結婚はロマノフ家の人々の容認するところとならず、皇帝の死後カーチャとその子供達は南仏ニースに追放されました。この辺りの彼の私生活における不幸は、彼の政治・政策にも多少の影を落としているように思われます。最終的に彼は暗殺されたのですが、彼は再三命を狙われていたのですが、特にナロードニキ(人民主義者)という1870年代にロシアで活動した社会運動家たちに恨まれていました。ナロードニキによるとアレクサンドル2世によって、農奴は確かに解放されたものの、実態は賃金奴隷として売られ地主が資産家に代わったに過ぎず、彼らは哲学的、政治的議論にとどまらない即時の革命を求めました。そこで、小作農らに反乱を説得して回ったのですが、中流以上の出身者が多かったため小作農達の理解を得られなかったどころか、農民たちから不審者として扱われ、自警団に追われて農具で回復不能の暴行を受けたり、魔女と見なされて裁判にかけられ火刑に処された者も少なからずいたというありさまでした。当然ながらロシア帝国内務省警察部警備局はナロードニキを弾圧し、そのためナロードニキの秘密結社「土地と自由」から分裂した過激派によって1879年にロシア初の革命グループ「人民の意志」が組織されました。。彼らは「最終的には革命は大衆の参加を必要とする」と考えていたがそのために最初に皇帝を暗殺して大衆の価値観を変え、反乱勃発を促そうとし、数々のテロ事件を起こしまし、1881年3月1日にソフィア・ペロフスカヤ指揮のもとでアレクサンドル2世の暗殺に成功しました。しかし、小作農が概してこの殺人におじけづいたことに加え、政府は多くの「人民の意志」の主導者を絞首刑に処したことにより、グループの組織は衰弱と機能不全を招き、活動は短期的に停滞しました。しかし、このテロ活動は、国内外の革命家やテロ組織に大きな影響を与え、後の社会革命党、人民社会党、トゥルドーヴィキ(Trudoviks)はナロードニキと同様の思想と戦術を採用したため、ナロードニキの方針と活動は1905年と1917年のロシア革命への道筋を開いたものと評価されてきました。しかし、いくらなんでもこの解釈には無理があると思います。アレクサンドル2世は、ロシアの人民を完全に満足させるような政策を取ったわけでもないですが、後を継いだ息子のアレクサンドル3世が、大保守主義者であり、積極的に国内反体制派や異民族を弾圧し、皇帝権力の強化と体制維持に努めたために、社会不安がますます増大してしまったことを思えば、アレクサンドル2世が暗殺されてしまったのは、ロシア人民にとって良かったことではありませんでした。上記の言葉について、ロシア語の原文を見つけることはできませんでした。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1131-ab963068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。