05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Help.

助けて。

リチャード・ニクソンの最期の言葉。リチャード・ミルハウス・ニクソン(Richard Milhous Nixon, 1913年1月9日 - 1994年4月22日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家。下院議員、上院議員、第36代副大統領、第37代大統領を歴任。デューク大学ロースクール卒業後、弁護士として活躍した後、1946年に共和党の政治家に転身。下院議員、上院議員を経て、1953年よりドワイト・D・アイゼンハワー政権で副大統領を務めた。1960年の大統領選挙ではジョン・F・ケネディに敗れたが、1968年の大統領選挙で勝利し、第37代大統領に就任。ベトナム戦争からのアメリカ軍の完全撤退を実現し、当時冷戦下にあったソビエト連邦とのデタント(緊張緩和)、中華人民共和国との国交樹立など平和主義に尽力。また、環境保護局の設置などを通じ公害の抑制や環境保護にも力を注ぎ、「最後のニューディーラー」とも呼ばれた。しかし、ウォーター ゲート事件により1974年に辞職に追い込まれ、任期中に辞任した唯一のアメリカ大統領となった。ニクソンは1969年1月20日に大統領に就任した。大統領就任当時は、ケネディ政権によって始ったベトナム戦争に対する反戦運動が過激化しており、若者を中心とした感情的で軽薄、かつ過激な「反戦運動」を嫌う保守層が、ニクソンの掲げた「秩序の回復」のキャッチフレーズを支持した上、ジョンソン政権下で泥沼化していたベトナム戦争からの早期撤退を公約したことで、反戦的なリベラル層からの大きな支持も獲得した。就任後は、冷戦下で対立関係にあった東側諸国に対して硬直的な態度を取り続ける国務省を遠ざけ、官僚排除、現実主義・秘密主義外交を主とするホワイトハウス主導の融和外交を展開し、国家 安全保障担当大統領補佐官のヘンリー・キッシンジャーとともに、トルーマン政権より長年にわたり継承されていた「封じ込め政策」に代えて、融和的な「デタント政策」を推進する。これらの外交における大きな功績のみならず、下記のような内政における様々な功績も高い評価を受け、1972年の大統領選挙には地滑り的な大勝利を挙げて再選される。ウォーターゲート事件の責任を取り辞任したこともあり、辞任後から1980年代頃まではその功績が過小評価された傾向にあるものの、1973年に実現にこぎつけたベトナム戦争における南ベトナムからのアメリカ軍の完全撤退や、冷戦当時ソ連と対立していた中国共産党率いる中華人民共和国の承認など、主に外交面で行った施策がその後高い評価を受けている。内政的 にもアメリカ環境保護局(EPA)の設置やアメリカ全土の高速道路における最高速度制限の設定、麻薬取締局 (DEA) の設置など、主に環境対策面で大きな功績を残していることもあり、近年はその功績が見直されている。

リチャード・ニクソンはウォーターゲート事件により1974年に任期中に辞任した唯一のアメリカ大統領であり、歴代のアメリカ大統領の中で最も有能だった人のかなり有力な候補です。泥沼化していたベトナム戦争を終結させ、中国と国交を樹立しただけでも彼の功績は後世に残るものですが、また一方で彼は大統領を辞めた後も精力的に活動を行ったという、変わった人でもありました。ニクソンの人生とその行いの全てを書ききるのは不可能なので、無理に書きません。むしろ彼のよく知られていない点について、書いていきたい思います。まず、大統領選挙の本選において、ケネディ陣営による大規模な選挙不正が行われた事が明らかになっているにもかかわらず、現在でも多くの人々によって「ニク ソンの敗北の最も重大な要因は最初のテレビ討論だった」と喧伝されていますが、これは違います。ニクソンは運命のテレビ討論の日まで、完全に優勢であったこともあってか、ニクソンは「議論の内容が重要である」としてテレビ用のメイクアップを拒絶しました。一方のケネディは服飾コンサルタントが選んだスーツを身に付け、テレビ用のメイクアップをこなしていたこともあり、若く健康的に見えました。この印象の差と選挙不正が最終的にケネディに僅差での勝利を与えたと言われています。討論をラジオで聞いた人々は「討論の内容はニクソンが勝った」と考えましたが、結果的には、討論内容には劣るものの、テレビ的な見栄えに勝る若くてハンサムなケネディが勝ったという、一般的な認識の裏には このような事実がありました。これ以降、アメリカの各種選挙においては、本格的に服飾やメイクアップなどの外観のコンサルタントが導入されるようになったのも当然のことでしょう。ちなみに、ニクソンというと年を取った顔しか思い浮かばないかと思われますが、若かりし日はけっこうな美男子でした。大統領選に敗れたニクソンは、敗者の常道として大きな州の知事選に出馬しましたが、カリフォルニア州知事選で対立候補のエドムンド・“パット”・ブラウンに大差で敗れ、ほとんどの人がこれでニクソンの政治生命は終了したと思いました。しかし、運命が彼に再び大統領への道を開かせました。ケネディが暗殺され、後を継いだジョンソンが大統領選に出馬しないことを決めたこともあり、「再起不可 能」とまで言われていたニクソンは第37代合衆国大統領になりました。さて、外交と内政で大きな成果をおさめ、内外からその手腕が高い評価を受けたニクソンを、アメリカ史上初めての大統領任期中の辞任という不名誉な状況に追い込んだのが、中間選挙の予備選挙が最終盤を迎えた1972年6月に起きた民主党全国委員会本部への不法侵入・盗聴事件、いわゆる「ウォーターゲート事件」です。実はこの事件のようなことはそれまで何回も起こっており、早い段階でニクソンが自分の非を認め謝罪していたら、辞任までさせられることにはならなかったと言われています。ニクソン本人がこの「盗聴」に関わっていたということは必ずしも事実とは言えないのですが、問題は侵入事件後のかなり早い時期にニクソンが知 って「もみ消し」に関わっていたかが焦点となりました。対応を誤ったニクソンは、国民に「大統領はもみ消しに関わっていた」という疑惑が拡大してしまい、これで議会が大統領弾劾に動き、辞任に追い込まれる結果となりました。結局この事件は誰が何のために不法侵入と盗聴を指示したかは未だに定かではないし、ニクソンもどこまで関わっていたのか明らかにならず、事件は幕が下ろされるという、よくわからな終わり方をしました。大統領辞任後、ニクソンはソ連や東欧諸国との冷戦が続く中で「外交問題に詳しい長老政治家」として、ソ連や中華人民共和国へ足繁く訪問しこれらの国々との関係構築に貢献し、これらの活動を通じてアメリカや西側諸国のみならず、東側諸国の政治家や国民からも高い尊 敬を獲得しました。ニクソンの最期は、1993年6月に肺浮腫ならびに肺がんで死去した妻パットの後を追うように、1994年4月22日、ニューヨーク州ニューヨークシティで脳卒中とその関連症により、81歳で亡くなりました。しかし、アメリカの歴史上初となる任期中の辞任を行ったことなどから、通常大統領経験者の死去の際に行われる国葬は行われませんでした。上記の言葉は発作が起こった時に、ハウスキーパーに言ったもので、病院に搬送された時には意識はあるものの喋れる状態にはなかったそうです。

若かりし日のニクソン
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2c/Richard_Nixon_HS_Yearbook.jpg
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1138-b976fd68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。