07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Plaudite, amici, comedia finita est.

Applaud, my friends, the comedy is finished.;

友よ拍手を、喜劇は終わった。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの最期の言葉。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(独: Ludwig van Beethoven、ドイツ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェンに近い 発音例、1770年12月16日頃 - 1827年3月26日)は、ドイツの作曲家。バッハ等と並んで音楽史上極めて重要な作曲家であり、「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。1770年12月16日、神聖ローマ帝国ケルン大司教領(現ドイツ領)のボンで父ヨハン、宮廷料理人の娘、母マリア・マグダレーナの長男として生まれる。ベートーヴェン一家はボンのケルン選帝侯宮廷の歌手(後に楽長)であり、幼少のベートーヴェンも慕っていた祖父ルートヴィヒの支援により生計を立てていた。ベートーヴェンの父も宮廷歌手(テノール)であったが無類の酒好きであったため収入は途絶えがちで、1773年に祖父が亡くなると生活は困窮した。1774年頃よりベートーヴェンは父からその才能を当てにされ、虐待とも言える苛烈を極める音楽のスパルタ教育を受けたことから、一時は音楽そのものに対して嫌悪感すら抱くようにまでなってしまった。1778年にはケルンでの演奏会に出演し、1782年11歳の時よりクリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事した。1787年、16歳のベートーヴェンはウィーンに旅し、かねてから憧れを抱いていたモーツァルトを訪問したが、最愛の母マリアの病状悪化の報を受けボンに戻った。母はまもなく死没し(肺結核)、母の死後は、アルコール依存症となり失職した父に代わり、仕事を掛け持ちして家計を支え、父や幼い兄弟たちの世話に追われる苦悩の日々を過ごした。1792年7月、ロンドンからウィーンに戻る途中ボンに立ち寄ったハイドンに才能を認められ弟子入りを許可され、11月にはウィーンに移住し(12月に父死去)、まもなく、ピアノの即興演奏の名手(ヴィルトゥオーゾ)として名声を博した。20歳代後半ごろより持病の難聴(原因については諸説あり、鉛中毒説が通説)が徐々に悪化、28歳の頃には最高度難聴者となる。音楽家として聴覚を失うという死にも等しい絶望感から、1802年には『ハイリゲンシュタットの遺書』を記し自殺も考えたが、強靭な精神力をもってこの苦悩を乗り越え、再び生きる意思を得て新しい芸術の道へと進んでいくことになる。1804年に交響曲第3番を発表したのを皮切りに、その後10年間にわたって中期を代表する作品が書かれ、ベートーヴェンにとっての傑作の森(ロマン・ロランによる表現)と呼ばれる時期となる。その後、ピアニスト兼作曲家から、完全に作曲専業へ移った。40歳頃(晩年の約15年)には全聾となった。また神経性とされる持病の腹痛や下痢にも苦しめられた。加えて、非行に走ったり自殺未遂を起こすなどした甥カールの後見人として苦悩するなどして一時作曲が停滞したが、そうした苦悩の中で作られた交響曲第9番や『ミサ・ソレムニス』といった大作、ピアノ・ソナタや弦楽四重奏曲等の作品群は彼の未曾有の境地の高さを示すものであった。1826年12月に肺炎を患ったことに加え、黄疸も発症するなど病状が急激に悪化、病床に臥す。10番目の交響曲に着手するも未完成のまま翌1827年3月26日、肝硬変により56年の生涯を終えた。その葬儀には2万人もの人々が駆けつけるという異例のものとなった。この葬儀には、翌年亡くなるシューベルトも参列している。

ベートーヴェン知らない人はいないと思いますが、彼の苦労の多かった音楽者としての人生はそれだけでも感動的です。ベートーヴェンは幼い頃に父から虐待とも言える音楽のスパルタ教育を受けたことから、一時は音楽そのものに対して嫌悪感すら抱くようになっていました。1782年にボンの宮廷礼拝堂のオルガン奏者になり、クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事しましたが、彼はベートーヴェンの才能に愛情を注ぎ、習作の出版を促しました。その後、最愛の母を結核で亡くし、アルコール依存症となり失職した父に代わり、仕事を掛け持ちして家計を支えるなど、若くして苦労の多い生活をしていました。1792年ウィーンに出て、ハイドン、J.シェンク、A.サリエリ、J.アルブレヒツベルガーら相当な人たちに師事しました。ハイドンはあまり面倒をみられなかったために、ハイドンの勧めでアルブレヒツベルガーについて和声と対位法を学び、シェンクからは数ヶ月間対位法を教わり、カペルマイスター(宮廷楽長)としてヨーロッパ楽壇の頂点に立っていたサリエリからも教えを受けました。ハイドンに楽譜に「ハイドンの教え子」と書くよう命じられた時、「私は確かにあなたの生徒だったが、教えられたことは何もない」と突っぱねたこともありましたが、ハイドン逝去後に、委嘱者によりその仕事を受け継いだのがベートーヴェンでした。ベートーヴェンは28歳の頃には最高度難聴者となり自殺も考えたが、強靭な精神力をもってこの苦悩を乗り越え、1804年に交響曲第3番を発表したのを皮切りに、その後10年間にわたって中期を代表する作品が書かれ、ベートーヴェンにとっての傑作の森(ロマン・ロランによる表現)と呼ばれる時期となりました。ベートーヴェンの音楽界への寄与は甚だ大きく、彼以降の音楽家は大なり小なり彼の影響を受けています。ベートーヴェン以前の音楽家は、宮廷や有力貴族に仕えていたのですが、彼はそうしたパトロンとの主従関係を拒否し、大衆に向けた作品を発表する音楽家の嚆矢となりました。ベートーヴェンは当時のロマン派の、形式的な統一感を無視した、感傷性と感情表現に代表される芸術からは距離を置いており、彼が注目したものは、同時代の文芸ではゲーテやシラー、また古くはウィリアム・シェイクスピアらのものであり、本業の音楽ではバッハ、ヘンデルやモーツァルトなどから影響を受けました。ロマン派に大きな影響を与えながら、「ロマン派は病気だ」と言って批判的な立場を取ったゲーテをベートーヴェンが好んだことは、彼の音楽的な立場をよく表しています。思想的にはカトリックではありましたが、敬虔なキリスト教徒ではなく、『ミサ・ソレムニス』の作曲においてさえも「キリストなどただの磔(はりつけ)にされたユダヤ人に過ぎない」と発言しています。ホメロスやプラトンなどの古代ギリシア思想に共感し、バガヴァッド・ギーターを読み込むなどしてインド哲学に近づき、ゲーテやシラーなどの教養人にも見られる異端とされる汎神論的な考えを持つに至りました。彼の未完に終わった交響曲第10番においては、キリスト教的世界と、ギリシア的世界との融合を目標にしていたとされる。これはゲーテが『ファウスト』第2部で試みたことであったが、ベートーヴェンの生存中は第1部のみが発表され、第2部はベートーヴェンの死後に発表されました。ベートーヴェンというと、あの厳しい顔ともじゃもじゃ頭を思い浮かべるでしょうが、最近明らかになった多彩な女性関係からも、彼は女性に人気があったようです。しかし、基本的に服装に無頓着であり、弟子のツェルニーは初めてベートーヴェンに会った時、「ロビンソン・クルーソーのよう」、「黒い髪の毛は頭の周りでもじゃもじゃと逆立っている」という感想を抱いたそうです。作曲に夢中になって無帽で歩いていたため、浮浪者と誤認逮捕されてウィーン市長が謝罪する珍事も起こっています。部屋の中は乱雑であった一方で、意外にも風呂と洗濯を好むなど清潔好きでもありました。ベートーヴェンは父親に似て大の酒好きだったのですが、それが彼の寿命を縮めることになりました。彼は慢性的な腹痛や下痢は終生悩みの種としていましたが、死後に行われた解剖では肝臓、腎臓、脾臓、他、多くの内臓に損傷が見られました。近年、ベートーヴェンの毛髪から通常の100倍近い鉛が検出されて注目を集めました。鉛は聴覚や精神状態に悪影響を与える重金属です。ベートーヴェンの最期は、1826年12月に肺炎を患ったことに加え、黄疸も発症するなど病状が急激に悪化し、1827年3月26日、肝硬変により56年の生涯を終えました。

ベートーヴェンメドレー52曲
https://www.youtube.com/watch?v=UuSgYud_Ww8
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1142-fc598d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。