05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

All is lost. Monks, monks, monks!

全て失った。坊主め、坊主め、坊主め!

ヘンリー8世 (イングランド王)の最期の言葉。ヘンリー8世(Henry VIII, 1491年6月28日 - 1547年1月28日)は、テューダー朝第二代のイングランド王(在位:1509年4月22日(戴冠は6月24日) - 1547年1月28日)、アイルランド卿のちにアイルランド王(在位:1541年 - 1547年)。イングランド王ヘンリー7世の次男。 百年戦争以来の慣例に従い、フランス王位への要求も継続した。6度の結婚に加えて、ローマ・カトリック教会からのイングランド国教会の分離によって知られる。ローマと対立し、修道院を解散し、自ら国教会の首長となった。だがローマによる破門のあとも、カトリックの教義への信仰は失わなかった。また、ウェールズ法諸法(Laws in Wales Acts 1535–1542)によって、イングランドおよびウェールズの統合を指導した。1513年には神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と連合して、1544年には神聖ローマ皇帝カール5世と連合してフランスを攻めるが、どちらも神聖ローマ帝国からの援助は最小限であり、膨大な戦費に堪えられず失敗に終わった。絶頂期においては、魅力的で教養があり老練な王だと同時代人から見られ、ブリテンの王位についた人物の中で最もカリスマ性のあった統治者であると描かれている。権力をふるいながら、文筆家および作曲家としても活動した。薔薇戦争の後の危うい平和のもとで女性君主にテューダー朝をまとめることは無理だと考え、男子の世継ぎを渇望した。そのため6度結婚し、イングランドにおける宗教改革を招いた。次第に肥満して健康を害し、1547年に薨去した。晩年には好色、利己的、無慈悲かつ不安定な王であったとされている。後継者は息子のエドワード6世であった。

ヘンリー8世は色々と問題のあった王様です。彼は男子の世継ぎを欲して6度結婚しましたが、本来キリスト教は離婚を禁止しているため、離婚(正確には婚姻の無効)を成立させたことにより、教皇クレメンス7世と対立しました。そのため、イングランド国教会を分離成立させてイングランドにおける宗教改革を始め、1538年にヘンリー8世は教皇パウルス3世により破門されました。ヘンリー8世は、障害となる人物に反逆罪で処刑するという習慣を持っていましたが、苦労して離婚を成立させ結婚した、アン・ブーリンも男児が生めないと、実兄ジョージ・ブーリンを含む5人の男が王妃との姦通罪で逮捕され、アンもまた姦通罪、近親相姦罪、魔術を用いた罪で逮捕され、処刑されました。その後、5番目の妻キャサリン・ハワードも処刑しています。ヘンリー8世のもう一つの大きな問題点は、野望が強かった割に戦争に強くなかったことです。宿敵フランスとの戦争に失敗し、1539年にカール5世とフランソワ1世が同盟を結ぶと、神聖ローマ帝国とフランスの連合による侵略を恐れるようになりました。カトリック教会から離反し、神聖ローマ帝国とフランスが手を結んだこの頃から、恐らくヘンリー8世はパラノイア(被害妄想狂)になっていたようで、修道院から没収した財産を使って沿岸部の防備を固めるという無茶をやりました。1542年に、イングランドのすべての修道院は解散され、財産の没収は完了しましたが、これは世俗の権威のやって良いことを遥かに超えています。これにより、イングランドの土地の5分の1が王室に移動したと言われています。カール5世との関係が改善し、1544年に再びフランスに攻め込みましたが、これも失敗しました。ヘンリー8世は若いころは好人物として知られており、音楽にも造詣が深く、自ら楽器を演奏し、文章を書き、詩を詠むなど文化人としての才能にも恵まれていました。馬上槍試合や狩猟などスポーツにも優れ、ラテン語、スペイン語、フランス語を理解し、イングランド王室史上最高のインテリと称された彼は、ルネッサンス人としてのイメージを作り上げ、その宮廷は学問と芸術と金襴の陣に代表される華やかな奢侈の中心となりました。そして彼は、同時に熱心なキリスト教徒でもありました。こえだけ優れた人物であったがために、当然の如く彼は我が強く、前述の通り気に入らない者は、断固とした暴力により排除したため、2人の妻に加えて多くの貴族、役人、友人、聖職者らがヘンリーによって処刑されました。トマス・モアやトマス・クロムウェルなど政治や文化において、この時代を代表するような人物もヘンリー8世の犠牲者の一人です。ヘンリー8世の政治を総括すると、彼は財政を侈と豪奢な建築に費やし、大量の戦費のために財政はほぼ破綻状態でした。これでは治まるものも治まらず、勝てるものも勝てませんでした。貨幣の質を下げ、激しいインフレーションを招いて、経済に打撃を与えたのも庶民思いとは言えない政策の一つです。晩年には過食により著しく肥満し、馬上槍試合で負った古傷の後遺症にも苦しみ、健康は悪化する一方でした。ヘンリー8世の最期は1547年に、ホワイトホール宮殿で亡くなりました。上記の言葉は、僧院を解散させた時に立ち去らせた僧侶についてだとされています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1149-602b93c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。