FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

France, armée, Joséphine…

フランス、軍隊、ジョゼフィーヌ

ナポレオン・ボナパルトの最期の言葉。ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)は、革命期フランスの軍人・政治家。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立し、戦勝と婚姻政策によってイギリスを除くヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた(これら一連の経過をナポレオン戦争という)が、最終的に敗北して失脚した。

あまりに有名なナポレオンの最期の言葉。ナポレオンが権力の座にいたまま老衰で死ねたら、ヨーロッパ史上にも滅多にいない大帝(The great)と呼んでもらえたかもしれません。そのくらいには良きにしろ悪しきにしろ、彼の存在は「偉大」でした。ナポレオンはフランス革命を完成させた人だとすら言えるかもしれません。彼は軍事において天才以外の何者でもありませんでした。、国民軍の創設、砲兵・騎兵・歩兵の連携(三兵戦術)、輜重の重視、指揮官の養成などは、彼の発案による軍事改革はその後の近代戦争・近代的軍隊の基礎となりました。宿敵プロイセン軍人のクラウゼヴィッツが『戦争論』の中で、天才と評価しただけのことはあります。法律においても彼は天才的でした。ローマ法とフランス全土の慣習法、封建法を統一した初の本格的な民法典である「フランス民法典(ナポレオン法典)」を定めたことは、ナポレオン自身が「朕は法典を手にして後世に臨むべし」と述べたように彼の最大の業績でしょう。「フランス民法典」には、「万人の法の前の平等」「国家の世俗性」「信教の自由」「経済活動の自由」等の近代的な価値観を取り入れており、近代市民社会の法の規範となりました。フランスにおいては現在に至るまでナポレオン法典が現行法であり、アメリカ合衆国ルイジアナ州の現行民法もナポレオン法典です。ナポレオンはこの法典の条文の完全性に、かなりの自信をもち注釈書の発行を禁じました。政治思想史においても、フランス革命の理念(自由、平等、博愛)がナポレオン戦争によって各国に輸出されたというこという見方もできるかもしれません。しかし、同時にナポレオンは征服者としては、最悪に近い人物でもありました。彼の戦歴を全て書くと膨大なものになるのでしませんが、ナポレオン軍は連戦連勝を重ねては莫大な戦利品をせしめるということを何度も行いました。実は一般に思われているほどナポレオンは全戦全勝だったわけではないのですが、ヨーロッパ中に戦火を撒き散らし、一連のナポレオン戦争では約200万人の命が失われたそうです。ナポレオン自身の非人道さは、国内外から「食人鬼」「人命の浪費者」「コルシカの悪魔」と酷評(あるいはレッテル貼り)もされましたが、これは当然のことでしょう。同時に、ゲオルク・ヘーゲルが「世界理性の馬を駆るを見る」と評し、フリードリヒ・ニーチェが「今世紀(19世紀)最大の出来事」と評したように、大英雄としての評価も常にありました。彼が鼓舞した諸国民のナショナリズムによって彼自身の帝国が滅亡したことは、「栄枯盛衰」という言葉をそのまま表した歴史における皮肉でしょう。一般には「余の辞書に不可能の文字はない」として知られているこの言葉の原文は、Impossible, n'est pas français.(「不可能という言葉はフランス的ではない」)というものであり、印象が大分変わりますが、彼がフランス・ナショナリズムを鼓舞していたことがよく分かってもらえるかと思います。ちなみに、よくある話ですが、このナポレオンの口癖だったとされる言葉は、後世の作であるという説が根強くあります。ナポレオンの最期は、ワーテルローの戦いで完敗して南大西洋の孤島セントヘレナ島に幽閉された後、1821年に胃癌により亡くなりました。最期の言葉のジョゼフィーヌというのは、妻のジョゼフィーヌ・ド・ボアルネのことで、エレオノール・ドニュエルやポーランドのマリア・ヴァレフスカらの愛人を持ち、オーストリア皇女マリア・ルイーザ (パルマ女公)と再婚していたのに、死ぬ間際になって彼女の名前を呼びました。男ってのは勝手なものです。最期にナポレオンの没落を決定付けた、ワーテルローの戦いの真相を語りましょう。この歴史的な戦いの勝敗について、後世の歴史家は千の理由をつけて語りましたが、本当のところはナポレオンの持病だった痔が悪化したため、この大天才が馬に乗って指揮できなかったからです。ナポレオンは歴史を変えたが、ナポレオンの尻のできものも歴史を変えた。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1153-3452d942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。