09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

(無心論者のバーに神の存在を認めさせようとする友人に向かって)

On that subject I am coy.

この件に関しては私は無口なんだよ。

アーロン・バーの最期の言葉。アーロン・バー・ジュニア (Aaron Burr, Jr., 1756年2月6日 - 1836年9月14日) は、アメリカ合衆国の政治家および冒険者。彼はニューヨーク州の民主共和党設立の主要メンバーおよびジョージ・クリントン知事の支援者であった。彼はトーマス・ジェファーソン大統領下の第3代副大統領としてよりも、アレクサンダー・ハミルトンとの決闘および反逆罪での裁判と罪の免除に関して有名である。バーはニュージャージー州ニューアークで、ニュージャージー大学(今のプリンストン大学)の第2代学長アーロン・バー・シニアの息子として生まれた。彼の母親エスター・エドワーズは、有名なカルビン主義の神学者ジョナサン・エドワーズの娘であった。彼はもとは神学を学んだが2年後にすぐにそれをあきらめ、コネチカット州リッチフィールドで彼の義理の兄弟タッピング・リーヴの手引きで法律を学び始めた。彼の勉学はアメリカ独立戦争のために中断された。戦争の間彼は、ベネディクト・アーノルド、ジョージ・ワシントンおよびイズラエル・パットナムの下で働いた。アメリカ独立戦争中バーはベネディクト・アーノルドの1775年のカナダ遠征軍に加わった。そしてケベックの戦いの前に彼はローマカトリックの司祭に変装し、リチャード・モントゴメリー将軍にアーノルドの到着を知らせるため、イギリス軍下の120マイルの危険な旅行をした。バーはケベックから退却する際戦死したモントゴメリーを運んだとされる。バーの勇気ある行動はワシントンのスタッフへの採用に繋がった。しかしながらワシントンはバー少佐を信頼したわけではなかった。一方イスラエル・パットナムはバーをかばい、ロングアイランドからの退却でバーは警戒行動によって敵による捕獲から全旅団を救った。1777年7月にバーは中佐に昇進し連隊の指揮を引き受け、冬のバレーフォージではガルフと呼ばれた宿営地に通じる道で、攻撃されるとすれば必ず最初のポイントとなる所の防御に着いた。1778年6月28日のモンマスの戦いでは、スターリング卿師団下のマルコム旅団を指揮した。彼らはイギリス軍の砲撃によって10分の1に激減し、バーは熱中症に苦しんだ。彼はその病から快復することは出来なかった。1779年1月にバーはウェストチェスター郡のライン、キングスブリッジのイギリス軍と約15マイル北に位置するアメリカ軍との間の地域の指揮を割り当てられた。この地域では多くの混乱とホイッグおよびトーリーの両陣営による不法行為、両軍の指揮を離れた兵士による略奪行為が行われていた。バーは完全な巡回システムと厳格に強化した戒厳令を敷き、素早く統制を回復した。彼は病気が原因で1779年3月に軍を退役し、再び法律を学び始めた。彼は1782年にオールバニーで法曹界入りし、翌年イギリス軍の撤退後にニューヨークで弁護士業を始めた。バーは1782年にセオドシア・バートウ・プレヴォスト(アメリカ独立戦争中に西インド諸島で戦死した英国陸軍士官の寡婦)と結婚した。彼らは二人の娘をもうけた。下の娘サラは三歳で死亡し、1783年に生まれた上の娘セオドシアはその美貌と業績で広く知られるようになった。彼女は1801年にサウスカロライナのジョーゼフ・アルストンと結婚したが、1812年末もしくは1813年の初めにカロライナで難破で死亡した。アーロン・バーと最初の妻は彼女が癌で死亡するまで12年間の結婚生活を営んだ。1833年にバーはスティーヴン・ジュメルの寡婦イライザ・ボウエン・ジュメルと再婚した。イライザは彼女の財産が夫の土地投機で減少していることを悟り、彼らは四ヶ月後に別居した。彼らの結婚一周年記念の月に彼女は離婚を訴え、それはバーの死去した1836年9月14日に認められた。バーのニューヨーク法曹界におけるライバルはアレクサンダー・ハミルトンであった。バーは1784年から1785年までニューヨーク州議会議員であったが、ジョージ・クリントンが彼をニューヨークの司法長官に任命した1789年から政治に大きく関わるようになった。彼は1791年に革命要求委員会の委員であった。また同年、彼は連邦上院議員に当選し1797年まで同職を務めた。彼は上院に再選されず、その代り1798年から1801年までニューヨーク州議会議員を務めた。全国的な政党が結成されると、彼は民主共和党に入党した。バーはニューヨーク州の政界における重要人物となり、ハミルトンよりも影響力を持つようになった。それはタマニー協会の後ろ盾によるものであり、バーはタマニー協会を社交クラブから政治組織に変化させた。当時の奇妙な出来事の一つとして、フランス革命の間に外交官のタレイランが恐怖政治から逃れバーのニューヨークの自宅に身を寄せた。後年バーが反逆裁判の後アメリカを出国したが、タレイランはバーのフランス入国を拒絶した。バーは1804年の大統領選挙ではジェファーソンの副大統領候補として出馬しなかった。代わりにニューヨーク州知事選に出馬した。アレクサンダー・ハミルトンは1792年の大統領選挙でのバーの副大統領候補選出への希望に反対し、1798年にはバーが准将に任命されるのを防ぐためにワシントンを通じて影響を及ぼした。仇敵のハミルトンは知事選の際にはバーへの侮辱的な演説を行った。二人は法曹界に於いて長年のライバルであった。バーは決闘を申し込むことで応えた。1804年7月11日にバーとハミルトンはニュージャージー州ウィホーケンで決闘を行い、ハミルトンは下胸部に銃弾を受け翌日死亡した。バーはその後二つの州に於いて殺人罪で告発されたが、両管轄において審判されることはなかった。彼はサウスカロライナ州に逃亡し、その後ワシントンD.C.に戻り副大統領としての任期を全うした。1833年にバーはスキャンダラスな過去を持つニューヨークの裕福な寡婦イライザ・B・ジュメル (1769-1865) と再婚したが、すぐに別居した。原因はバーが土地投機で彼女の財産を失ったことであった。バーは1836年にニューヨーク州スタテン島のポート・リッチモンドで死去した。伝えられるところによれば後年バーは、以前のスキャンダルに関係していなかったアーロン・エドワーズ(Aaron Edwards, エドワーズは母親の旧姓)の名を名乗っていたとされる。

アーロン・バーは副大統領としてよりも、アレクサンダー・ハミルトンとの決闘および反逆罪での裁判と罪の免除に関しての方が有名という不思議な人です。彼は元々は軍人であり、なかなか勇敢な人でしたが、病気が原因で1779年3月に軍を退役し、弁護士となりました。バーは慈善団体として発足したタマニー協会の会長に就任すると、この協会を政治的マシーンに変貌させ後ろ盾とし、市政では民主共和党の中心にまで登り詰めました。バーは自身が副大統領に当選した1800年の大統領選では協会をフル活用したこともあり、協会が無ければ現職のジョン・アダムズが再選されていたであろうと言われています。バーはニューヨーク法曹界におけるライバルであったアレクサンダー・ハミルトンよりも影響力を持つようになりましたが、両者の憎悪は深く、ジェファーソンが大統領就任後に、バーではなくハミルトンの起用を選択したことはバーに対するハミルトンの最初の打撃となりました。その後もハミルトンはバーに対する妨害を続け、最終的バーははハミルトンに決闘を申し込みました。1804年7月11日にバーとハミルトンはニュージャージー州ウィホーケンで決闘を行い、ハミルトンは下胸部に銃弾を受け翌日死亡しました。当然、バーは二つの州に於いて殺人罪で告発されましたが、バーは逮捕から逃れるためにフィラデルフィアに向かい、その後ジョージア州の沖合にあるセント・サイモンズ島に寄寓しました。また島へ船出する前に駐米イギリス公使と密会し、イギリスがアメリカ西部を分離させようとするなら協力する旨を伝えたりもしています。ほとぼりが冷めると、バーは何事もなかったかのように上院の議長席に現れ、そのまま副大統領としての任期を全うしました。副大統領退任後、バーは西部に赴いたのですが、1807年に西部をアメリカから分離させる陰謀を企て、反逆罪の容疑で逮捕されました。しかし、バーは無罪となり、その後ヨーロッパに渡り南西部に新たな国家を建設する案をイギリスやフランスに持ちかけましたが失敗しました。1812年5月、アメリカに戻ったバーはニュー・ヨークで弁護士業を再開した。その時までにバーに対する告訴は取り下げられていました。バーの最期は1836年に心臓発作で亡くなりました。現職の副大統領で決闘で人を殺し、退職後反乱を企てた人など、アメリカ史上バー一人だけでしょう。ジョン・クインシー・アダムズは、「総じて見るに、バーの人生は、健全なるモラルの国であればどこでも、友人たちが忘却のかなたへ葬ってしまいたいと望むようなものだった」とバーを評していますが、もっともな意見です。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1163-326375a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。