09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Lieve God!

親愛なる神よ!

デジデリウス・エラスムスの最期の言葉。デジデリウス・エラスムス(Desiderius Erasmus Roterodamus, 1466年10月27日 - 1536年7月12日)は、ネーデルラント出身の人文主義者、カトリック司祭、神学者、哲学者。ラテン語名には出身地をつける当時の慣習から「ロッテルダムのエラスムス」とも呼ばれる。なお、名前の「エラスムス」は洗礼名でカトリック教会の聖人フォルミアのエラスムス(Erasmus of Formiae)からとられているが、「デジデリウス」は1496年から自分自身で使い始めた名前である。主な著作に『痴愚神礼賛』(Moriae encomium)、『エンキリディオン』(キリスト教戦士の手引き、Enchiridion militis Christiani)、『平和の訴え』などがあり、著作の中では一貫して「キリスト者の一致と平和」をテーマとした。また、エラスムスの『校訂版 新約聖書』(新約聖書のラテン語・ギリシア語対訳、Novum Instrumentum)は広く読まれ、マルティン・ルターのドイツ語訳聖書の原版になった。エラスムスの思想は宗教改革運動と対抗宗教改革運動の双方に大きな影響を与えた。『ユートピア』を著したトマス・モアとの親交や自由意志に関するマルティン・ルターとの論争でも知られる。宗教改革の時代を生きたエラスムスは「カトリック教会を批判した人文主義者」と表現されることが多いが、実際にはローマ教皇庁を含めカトリック教会内に知己が多く、生涯を通してカトリック教会に対して忠実であり、カトリック教会の諸問題を批判しながらも中道を標榜してプロテスタント側に投じることはなかった。エラスムスは1536年にバーゼルで逝去し、もともとカトリック教会のバーゼル司教座聖堂だった教会に埋葬された。

エラスムスは当時最高の人文主義者でした。1460年代の後半(1466年と1467年の二説がある)の10月27日、エラスムスは司祭であった父ロゲル・ゲラルド(Roger Gerard)と医師の娘で未亡人だったという母マルガレーテとの間に、私生児としてロッテルダム近郊のハウダで生まれました。1483年に両親が伝染病によって相次いで世を去ると、親族の相談によって兄弟はスヘルトーヘンボスの寄宿学校へと送られ、若きエラスムスは「デヴォツィオ・モデルナ」(Devotio Moderna:新しき信心)の精神の影響を強く受けました。1487年、再び親族の意思に従ってデルフトに近いステインにあった聖アウグスチノ修道会の修道院に入り、ラテン語の古典に親しむと、イタリアに行きたいという望みをもつようになりました。キケロ、クィンテリアヌスといったローマ古典の大家やアウグスティヌスやヒエロニムスのような教父たちの著作の研究に励み、彼の中に独自の教理観が形成されて行きました。エラスムスは修道会司祭として生きていくことが本意ではなく、修道会を離れる機会を狙っていたのですが、1492年に司祭叙階を受けると、卓抜したラテン語能力を認められてカンブレー(Cambray)の司教秘書に抜擢され、合法的に修道会を離れることができました。 1495年にはカンブレー司教の許しを得、神学博士号の取得を目指してパリ大学へ入学し、モンテーギュ学寮に入りました。貧しかったエラスムスは学資を得るため、勉学のかたわら外国人学生の家庭教師を始め、これが縁となって1499年にイングランドへ赴く機会を得、同地の上流社会に多くの知己を得ました。同年齢ながら彼が師とあおぐことになる人文主義者ジョン・コレット(John Colet)、終生の友となった政治家トマス・モア、若きヘンリー王子(後のヘンリー8世)などがその人達でした。ジョン・コレットからは、当時の主流であったスコラ学的アプローチでなく、サン・ヴィクトル学派の流れを汲んだ聖書の研究方法に強い影響を受けました。またこの頃からエラスムスの興味は、ギリシア・ローマの古典から、聖書と教父などのキリスト教的著作へと移っていきました。1506年には念願のイタリア行きを果たし、訪れたトリノ大学で神学博士号を授与されました。その後イギリスに向かうためアルプスを越えましたが、その道中で『痴愚神礼賛』の構想を得たそうです。1514年イギリスを離れてスイスのバーゼルに到着したエラスムスは書店店主ヨハン・フローベン(Johan Froben)と意気投合し、以後のエラスムスの著作はフローベンの書店から出版されることになりました。『校訂版 新約聖書』の出版ではギリシア語テキストの出版の重要性および革新性が強調されることが多いのですが、実際のエラスムスはこの聖書の出版においては、むしろ優れたラテン語新約聖書を世に出そうとラテン語版の校訂に力点を置いていました。しかし、エラスムスの思いと裏腹に、自信を持ってまとめたラテン語テキストより稚拙なギリシア語テキストのほうが広く受け入れられ、1521年にルターがドイツ語訳聖書を著したときに、1519年の第二版を底本として用いたこともよく知られています。このころのエラスムスはすでに学者として高い評価を受けており、各地の諸侯や有力者が彼を招聘しました。エラスムスは以後もアントウェルペン、バーゼル、ルーヴァンなどをまわりながら研究・執筆活動を続けました。1517年に若き聖アウグスチノ修道会員マルティン・ルターが発表した『95ヶ条の論題』は本人の予想も超えるほどの大きな反響を呼び起こしたのですが、ルターが自分を尊敬し、自分の著作に影響されていたことを知ったエラスムスは当初、ルターとその「聖書中心主義」思想に対して好意的な態度をとっていました。このころ、ルターはエラスムスからの励ましを受けて感激したりもしています。エラスムスはルターが不当に断罪されることがないよう手を尽くしながらも、ルターに対して党派を作ったり、教会の分裂を引き起こさないよう自重を求めたのですが、ター自身の活発な活動により、事態は過激化・複雑化し、政治問題化していく中で、徐々にルターとエラスムスの思想の違いが明らかになっていきました。教会の分裂を望んでいないエラスムスは、ルターに反対する立場の人たちとルターを支持する立場の人たちの両方から疎まれるという難しい立場に立たされました。ヘンリー8世のアイデアとトマス・モアの書簡に触発された、エラスムスがカトリック教会内で古代から議論が続けられてきた自由意志の問題についての著作『自由意志論』(De lebero Arbitrio, 1524年)を執筆すると、ルターはこれを看過できず、対抗する形で『奴隷意志論』(De servo Arbitrio) を発表し、その後二人は疎遠になってしまいました。プロテスタント運動の進展の中で反ルターと目されたエラスムスへの批判も高まり、エラスムスは1521年にルーヴァン大学を去り、バーゼルへ移りました。のちにバーゼルで宗教改革が進展すると、それに耐えられず今度はフライブルクへ移りました。1535年になって再びバーゼルに戻りましたが、翌年1536年7月12日に同地で死去しました。死去に先立ってエラスムスは自らの遺産を市にゆだね、その利子を貧しい人々のために用いることを願いました。エラスムスは『痴愚神礼賛』の著者として有名ですが、彼はこの本を1509年にロンドンを訪れ、親しい友人トマス・モアのもとに滞在している間、旅行中に着想した諷刺文をわずか1週間程度の短期間で一気に書き上げたそうです。1511年の出版以来、ヨーロッパ各国で翻訳や海賊版が多数出版され、何十もの版を重ねて宗教改革における一大ベストセラーとなりましたが、『痴愚神礼賛』はエラスムスの意図を離れて、反カトリック教会的書物として各国で利用されたため、のちにカトリック教会の禁書目録に加えられることになりました。もう一つ、彼が社会に与えた大きな影響として、知識重視と衒学趣味に走っていた当時の神学に警鐘を鳴らし、聖書を本来の姿に近づけ、聖書を学んでキリストを知ることを最大の目標とする「キリストの哲学」(Philosophia Christi)を提唱したことにあります。低地諸国で栄え、共同生活兄弟団などの活動に結実していたこの思想運動は、信心書の傑作『キリストにならう』(トマス・ア・ケンピス著)によってよくあらわされているのですが、まさに「キリストにならう」ことをエラスムスも目指していたのでした。また、当時の聖職者と信徒の間の格差が広がりすぎていた現実についても、エラスムスは聖職者と信徒が共に聖書に親しむことで解決できると考えていました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1167-15b8f0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。