FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

WESTMINSTER SCHOLAR
CENSOR OF MORAL PHILOSOPHY
I know there is truth opposite to
falsehood that it may be
found if people will
& is worth the
seeking

ウェストミンスターの学者
道徳的な哲学の検閲官
私はもし人々が望み捜し求める価値があるのならば、
見つけ出されるであろう欺瞞の背後に真実が存在することを知る。

ジョン・ロックの墓碑銘。ジョン・ロック(John Locke, 1632年8月29日 - 1704年10月28日)は、イギリスの哲学者。哲学者としては、イギリス経験論の父と呼ばれ、主著『人間悟性論』(『人間知性論』)において経験論的認識論を体系化した。また、政治哲学者としての側面も非常に有名である。『統治二論』などにおける彼の政治思想は名誉革命を理論的に正当化するものとなり、その中で示された社会契約や抵抗権についての考えはアメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。ロックの著作の大部分は1687年から1693年の間に刊行されているが、明晰と精密、率直と的確がその特徴とされており、哲学においては、イギリス経験論の父であるだけでなく、政治学、法学においても、自然権論、社会契約の形成に、経済学においても、古典派経済学の形成に多大な影響力を与えた。1632年8月29日、サマセット州のリントンに生まれる。父はピューリタン革命期の議会軍の騎兵隊長であった。1646年にウェストミンスター校、1652年にオックスフォード大学のクライスト・チャーチに入学し、哲学と医学を修めた。1658年にはオックスフォード大学特別研究員となり、1660年には同大ギリシア語講師、1662年には同大修辞学講師をつとめた。同年には、チャールズ2世とともにスチュアート朝が復活した。1664年『自然法論』を出版。1665年には外交官の秘書としてブランデンブルク選帝侯のいるクレーヴェに派遣された。1666年にはオックスフォードにやってきたホイッグ党の領袖であるシャフツベリ伯爵アントニー・アシュリー=クーパーと知り合い、ロックの思想を気に入ったシャフツベリに以後愛顧を受けるようになった。1667年シャフツベリ伯の私設秘書官、主治医となる。同年にはオックスフォードを離れてロンドンに移住し、以後はシャフツベリ伯のブレーンとして利子率論争で自由放任を主張したり、王権に対する政治・信教の自由を論じたりした。1668年に『解剖学』、1669年『医術について』を執筆した。1673年には通商植民地委員会の主事に就任し翌年までつとめるが、1673年シャフツベリは下野した。1675年にはフランスに旅行し、パリやモンペリエに滞在している。1680年ごろ、トーリー党の精神的支柱となるロバート・フィルマーの「家父長論」が出版され、これに対する反論として「統治二論」を執筆する。1682年にシャフツベリが反逆罪に問われオランダに亡命したときはロックはイギリスにとどまったものの、王からの迫害を恐れ、翌1683年にはシャフツベリのいるオランダに亡命した。同年シャフツベリは死去したものの、ロックはユトレヒト、アムステルダム、ロッテルダムと転居しながら1689年まで亡命生活を続けた。名誉革命が1688年に起きると翌1689年に帰国し、以後執筆活動を盛んにおこなった。ロックの代表作である『統治二論』(『市民政府二論』)および「人間悟性論」、さらには「A letter concerning toleration 寛容に関する書簡」は、帰国したその年、1689年に出版されたものである。特に統治二論は名誉革命後のイギリスの体制の理論的な支柱となった。1693年には「教育論」を出版している。1696年には通商植民地委員会の委員となり、1700年までその職にあった。1704年10月28日にエセックス州のオーツにて死去した。彼の哲学は以後のホイッグの精神的支柱となり、18世紀前半のホイッグ長期政権を支えた。

「イギリス最大の哲学者は誰か?」 と聞かれれば大抵の人はジョン・ロックかフランシス・ベーコンと答えるでしょう。丸山真男はロックを、「17世紀に身を置きながら18世紀を支配した思想家」と評しました。ロックは、イギリス経験論を創始し、政治学、法学においても、自然権論、社会契約の形成に、経済学においても、古典派経済学の形成に多大な影響力を与え、アメリカの独立を理論において準備しました。それにも関わらず、ロックは現在は純粋哲学ではあまり扱われいません。経験論は人間の全ての知識は我々の経験に由来するとしているので、プラトン式の哲学や観念論とは齟齬が起こってしまうからでしょう。ロックにおいて観念の起原はあくまでも経験であるので、事物の存在と存り方は当の事物についてのidea(イデア、観念)によって規定されるという考えとは、折り合いが悪いのは当然と言えるでしょう。経験が先か観念が先かという問題は、「鶏が先か、卵が先か」という問いに近いのかもしれませんが。王権神授説を批判し、政治権力の起源は社会契約であることを論じたロックは、政治学や法学においてハリントンの提唱した権力分立制を元にして、立法権と行政権の分離を説き、これは後にモンテスキューによって三権分立論(司法権・立法権・行政権)にまで発展しました。また、ジョン・ロックの労働説は労働価値説の源泉であるとされています。あまり知られていないことかもしれませんが、ロックは終生敬虔な正統派の信仰者でした。晩年の彼は「パウロ書簡」についての大量の注釈を書き続けていました。彼にとって神の存在と摂理、来世の賞罰、救世主イエスの信仰と福音書の教える道徳的生活が信仰の核心であり、それ以外の宗教上の相違は寛容の態度を取りました。信仰は心の問題であり、政治的差別の理由にならないとしたのは、当時としてはかなり先進的な宗教思想でした。ロックの最期は、1704年、オーツのマサム卿夫人邸でマサム夫人の『詩篇』の朗読を聞きつつ死去しました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1179-d09b4c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。