07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Lector, si monumentum requiris circumspice.

Reader, if you seek his monument, look around.

読む者よ、もし彼の記念碑を探しているのならば、辺りを見回せ。

クリストファー・レンの墓碑銘。サー・クリストファー・レン(Sir Christopher Wren, 1632年10月20日 - 1723年2月25日)はイギリスの建築家、天文学者。イギリス王室の建築家であり、ロンドン大火からの復興を行い、バロック建築をイギリスに取り入れた人物、として知られている。父親はウィンザーの首席司祭で、伯父はイーリーの司教で、二人とも高教会派の中心人物であった。ウエストミンスター・スクールで教育を受け、15歳のときには外科医学校で解剖学の教師をしばらくつとめ、その後オックスフォードに赴き、のちに王立協会を創設する一派と親交をもつに至る。その後数学者として活躍、1657年にはロンドン大学、1661年にはオックスフォード大学に戻り25歳で天文学教授に就任。 イープリンは彼を「奇蹟の若者」と呼び、ニュートンも彼を当時のもっとも優秀な幾何学者の一人であると考えていた。図学特に遠近画法の科学的研究やイタリア人建築家ベルニーニなどの美学をもとに幾何学を研究テーマにしていたことから、建築や都市計画を自身の研究の応用分野として捉えていた。1660年から事業省で、ジョン・デンハムのもとでサーベイヤーを務めていて、1666年のロンドン大火が起こる4年前から広場や都市計画のあり方について独自に研究していた。その傍らで、1663年にオックスフォードのシェリドニアン劇場と、ケンブリッジ大学のペンブローク・カレッジのチャペルを手がける。シェリドニアンのトラス屋根を採用するなど、この時点ではまだ素人域であったが、設計に際し優れた才 能を見せ付けている。その後セント・ポール大聖堂の修復を指名されると、彼の経歴は新たな局面を迎える。1665年から1666年にかけては、主に建築を勉強するためにパリで8~9カ月滞在、フランドルやオランダをも足を運んだ。滞在中マンサールやル・ヴォーからもより多くを学んだと考えられ、彼らの作品を研究し、フランス建築とオランダ建築に主な影響を受けているとされる。パリでルーブル宮殿の改築計画計画(1664-1665年)に携わっていたローマの建築家ジャン・ロレンツォ・ベルニーニにも会っており、こうしてフランスやイタリアのバロック建築から多くのものを学んだ。ロンドン大火が起こった当時は34歳、復興のため壮大な都市計画を構想した。彼のユートピア的な都市計画は大地主の反対により実現 しなかったが、レンは大火が起きるのを防ぐための法制度整備に努めた。ロンドンの大火の後に制定された再建法(1667)に基づいて監督官の一人として指名され、1669年には王立の建築総監となった。この「再建法」により家屋の不燃化や道路の幅員などが定められ、今日に続くロンドンの都市の骨格が形成されることになった。また、50を超える焼失した教会堂の再建に当たった。彼の経験主義的な精神のあらゆる側面はセントポール大聖堂をはじめ50数棟のシティ・チャーチの再建に表現されているとされる。レンの手がけたシティ・チャーチは1670年から1686年までの間に建設されたが、先例経験のない教会の再建によってその最盛期である1677年には30近くの教会が建設再建中であったという。あるものはやや急い で計画されていて、仕上げも粗雑なシティ・チャーチも多い。その中で詳細に見ればより学問的で洗練されているのが傑作セントポール大聖堂であり、精神的新鮮さと創意、冒険的な経験主義を示しているとみられている。セント・ポール大聖堂は最も壮大なもので、レンの代表作である。そのドームは世界でもっとも雄大で平静なものの一つであり、様式は純粋な古典主義を採用、特にバロックの影響はこの建物の到る所、とくに塔、正面ファサード、そして擬パースペクティヴ窓のニッチや、身廊のバットレスを隠すための側面立面の偽の上階部分といった錯覚をよぷ特徴、においてあきらかである。内部は見かけは古典主義的であるが、多くのバロック的そぶりが含まれている。イニゴー・ジョーンズの作品は 別として、当時英国に古典主義的な教会建築の先例はなかったのである。この建物は1675年に起工されて1709年に完成されたが、レンはまだ生きていて、それを見ることができた。彼が設計する建築の平面構成は極端に多様であり、大胆に独創的であることもしばしばあった。ウォールブルックのセント・ステイーヴン教会(1672年)はセント・ポール大聖堂の先駆けで、コーンヒルのセントピーター教会(1677年から1681年)は彼独特のヴォールトが架けられた身廊と側廊のある二層ギャラリーの教会を最初に示した。この形式はのちにセント・クレメント・デインズ教会(1680年起工)とピカデリーのセント・ジェームズ教会(1683年起工)でも試みられる。また尖塔のデザインにおいてもよく見られ、ロンドン東部のセントダンスタン教会のネオ・ゴシックから、セント・ヴェディスト教会とセント・プライド教会のホッロミーニ的な幻想にあふれるものまでさまざまである。このほか、 ハンプトン・コート、グリニッジなどの宮殿を建設。ハンプトン・コートでの大がかりかつ入念な増築と改築のうちでは、現在後者の断片しか残っていない。またこれはアシスタントであったウィリアム・トールマンによって修正され変更されているともいわれている。実際彼の設計であるというものは希望的観測にもとづいて与えられたものが多いとされ、確実に彼によるものとされる都市住宅やカントリー・ハウスはない。ホクスムアは注目に値する唯ひとりの彼の弟子であるが、彼が建設局を支配していた間に与えた影響は広く深い。トーリー党との関係で1685年と1701年の二度にわたり下院議員にもなる。1688年のホイッグ革命は生き延びたが、1714年にジョージ1世が即位時に官職は失う。そのほか、王立協会創 設時のメンバーでもあり、これらの功績によりSirの称号が与えられている。1673年に、オックスフォードでの教授職を辞任した際には、ナイト爵に列せられた。私生活では、彼は二度結婚しており、最初はサー・ジョン・コップヒルの娘と、二度目にはリフォードのフィッツウィリアム卿の娘と結婚した。そして自ら記したところによれば、「神の慈悲により王室の勤務に長い人生を費やし、世の中にいくらかその存在を知らしめて」、91歳で死去する。なお、小惑星(3062)のレンは、彼の功績を称えて命名された。1981年から1996年にかけて用いられた50UKポンド紙幣に肖像が描かれている。

クリストファー・レン元々は優れた数学者でしたが、ベルニーニなどの美学をもとに幾何学を研究テーマにしていたことから、建築や都市計画を自分の研究テーマとして取り入れて行きました。その後セント・ポール大聖堂の修復を指名さた辺りから、彼の建築家としてのキャリアがスタートしました。彼はフランドルやオランダに足を運び、マンサールやル・ヴォーから多くを学んだことからも分かるように、彼はフランスやオランダのバロック建築から影響を受けています。ロンドン大火の後、復興のため壮大な都市計画を構想しましたが、これは大地主の反対により実現しませんでした。しかし、ロンドンの大火の後に制定された再建法(1667)に基づいて監督官の一人として指名され、1669年には王立 の建築総監となり、ロンドンの復興に尽力しました。また、彼は50を超える焼失した教会堂の再建に当たりました。彼の経験主義的な精神のあらゆる側面は、セントポール大聖堂をはじめ50数棟のシティ・チャーチの再建に表現されています。中でもセント・ポール大聖堂は彼の最高傑作でしょう。そのドームは世界でもっとも雄大で平静なものの一つであり、様式は純粋な古典主義を採用したのなのですが、もし彼がそのままの設計を提出していたら賛同が得られなかっただろうので、レンは囲いを立てて現場を見られないようにして、ドームを完成させるという荒業を行いました。その他にも、この教会にはバロックの影響が随所に見られ、見かけは古典主義的であるが、多くのバロック的そぶりが含まれていると いう特殊な様式となっています。建築家としての名声を得、長年オックスフォードシャーで交友を深めていたコッグヒル卿の娘フェイスと結婚したのですが、フェイスが天然痘にかかり死亡してしまい、この結婚生活はたったの6年しか続きませんでした。レンはフィッツウィリアム卿の娘ジェーンと再婚しましたが、これまた2年後にジェーンも2人の子供を産んだ後、結核で亡くなってしまいました。私生活では愛する人を失う不幸に見舞われたレンでしたが、この時期から晩年までの建築家としての活躍には目覚ましいものがありました。数えきれないほどの建物の設計を手がけ、数字や平面を立体的に捉え思考し、バロック的空間構成をこれまでにない独創性や大胆な試みにおいて用いました。上記の墓碑銘は 息子クリストファーによるものですが、彼の記念碑である建築物はいたるところにあるという、非常にウィットに富んだ言葉となっています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1181-b890390d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。