05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Thank you for the love you gave me
There could be nobody stronger
Thank you for many beautiful songs
They will live long, and longer

あなたが与えてくれた愛情にありがとう。
より強いものなのいるはずがない。
あなたの多くの美しい歌をありがとう。
それらは長く、より長く生き続けるだろう。

ハンク・ウィリアムズの墓碑銘。ハンク・ウィリアムズ(Hank Williams、本名:ハイラム・キング・ウィリアムズ、Hiram King Williams、1923年9月17日 - 1953年1月1日)は、カントリー音楽の歴史において最も重要な人物のひとりと見なされている、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、音楽家。1947年から、29歳で亡くなった1953年の最初の日までの短い間に、ウィリアムズは、「ビルボード」のカントリー&ウェスタン・チャートにおいて、1位になった11枚を含め、トップ10入りした35枚のシングル盤を録音した(このうち5枚は、ウィリアムズの死後にリリースされた)。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第27位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第74位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。父イロンゾ・ウィリアムズ(Elonzo Williams)は、鉄道会社に勤め、しばしば異動があり、一家はアラバマ州南部の数カ所を転居した。父イロンゾが病気で8年間することがあり、その間に残された家族は自活を余儀なくされた。幼いウィリアムズは、二分脊椎症のために健康を害していたが、母と姉の手伝いをした。アラバマ州ジョージアナ(Georgiana)に住んでいたときに、ウィリアムズはルーファス・"ティー=トット"・ペイン(Rufus "Tee-Tot" Payne)という黒人の路上演奏者に出会い、食事の提供と交換にギターを習った。ペインはウィリアムズの後の音楽のスタイルに大きな影響を与えた。この頃、ウィリアムズは、非公式にだが名前をハンクと改めた。その方がカントリー音楽らしいと思ったのである。アラバマ州モンゴメリーに住んでいたとき、ティーンエイジになっていたウィリアムズは、地元のラジオ局WSFAのスタジオ前の歩道で、ギターを弾きながら歌っていることがよくあった。首尾よくWSFAのプロデューサーたちの関心を引くことができたウィリアムズは、1937年から、15分番組で歌と司会を務めるようになった。バックを務めるバンドとして結成したザ・ドリフティング・カウボーイズは、ウィリアムズの母がマネジメントを引き受けた。ウィリアムズは学校を辞め、全ての時間を使って音楽の仕事に打ち込んだ。1941年、第二次世界大戦に合衆国が参戦すると、バンドのメンバーの数人が徴兵されてしまう。二分脊椎症のために徴兵されなかったウィリアムズは、代わりのメンバー探しに手こずった。このことと、健康の問題に自分なりに対処しようとして飲み始めた酒の問題が大きくなり、やがてWSFAはウィリアムズを解雇した。1943年、ウィリアムズはオードリー・シェパード(Audrey Sheppard)と結婚し、彼女はステージでウィリアムズとデュエットで歌うとともに、マネージャー役を果たすようになった。スターリング・レコード(Sterling Records)から「Never Again」と「Honky Tonkin'」を出した後、ウィリアムズはMGMレコード(MGM Records)と契約を結んだ。1948年、ウィリアムズは「Move it on Over」をリリースし、ヒットとなった。この年、ウィリアムズは、当時ラジオ番組だった『Louisiana Hayride』に出演するようになった。1949年には「Lovesick Blues」をリリースし、これによって音楽界の主流の仲間入りをする。やがて、最初は断られた『グランド・オール・オプリ』への出演も実現した。1948年から1953年までの間に、ウィリアムズは11曲を(「ビルボード」のカントリー&ウェスタン・チャートの)1位に送り出したが、楽譜の読み書きはほとんどできなかった。ウィリアムズのヒット曲には、このほか、「Your Cheatin' Heart」、「Hey Good Lookin'」、「I'm So Lonesome I Could Cry」などがある。ウィリアムズは、思わしくない背中の状態に由来する痛みを和らげるため、アルコールやモルヒネをはじめ、様々な鎮痛剤を服用していたが、1952年には、それが私生活でも、職業生活においても問題を引き起こすようになっていた。ウィリアムズは、何度も深酒で酩酊し、そのために離婚し、『グランド・オール・オプリ』から解雇された。1953年1月1日、コンサートへ赴く途中、ウィリアムズは医師にビタミンB12とモルヒネの混合液を注射してもらったが、既にアルコールと抱水クロラールを摂取していたこともあって、致命的な心臓発作に見舞われた。ウィリアムズは、まだ29歳だった。短い人生ではあったが、ハンク・ウィリアムズはカントリー音楽に多大な影響を残した。ウィリアムズの曲は、他の数多くの歌手たちによっても録音され、ポップ、ゴスペル、ブルース、ロックなど様々なスタイルでヒットした曲も多かった。ウィリアムズの曲をカバーした歌手たちの例としては、ウィリー・ネルソン、タウンズ・ヴァン・ザント(Townes Van Zandt)、ボブ・ディラン、レナード・コーエン、ケイク、ケニー・ランキン(Kenny Rankin)、ベック・ハンセン、ジョニー・キャッシュ、トニー・ベネット、ザ・レジデンツ、パッツィ・クライン、レイ・チャールズ、ルイ・アームストロング、トム・ウェイツなどが挙げられる。ウィリアムズは多数の栄誉に輝いていており、ロックの殿堂入りも果たしている。

ハンク・ウィリアムズはアメリカのカントリー・ミュージック史上最高の歌手の一人です。彼は1948年から1953年までの間に、ウィリアムズは11曲を(「ビルボード」のカントリー&ウェスタン・チャートの)1位に送り出しましたが、正規の音楽の教育は一切受けておらず、ルーファス・ペインという黒人の路上演奏者にギターを教わっただけでした。後年ハンクは「僕が受けた音楽教育はそれだけだった...」と語っています。ペインはブルース奏者だったのですが、ペインがウィリアムズに教えた、コード、コード進行、ベース音の進行、伴奏のスタイルは、後年の曲づくりに大いに活かされることになりました。ハンクは幼いときから、二分脊椎症のために健康を害していたのですが、晩年は背中の痛みを和らげるために、鎮痛剤(モルヒネを含む)を服用し、アルコールを摂取しました。これが彼の健康を著しく害し、1952年になるとハンクのアルコール依存症は一層悪化していきました。過剰な飲酒によって公演に現れなかったりするような「ことが起こり始めました。1952年の年末には、ウィリアムズは心臓も患うようになっており、痛みを緩和するために、強力な抗不安薬である抱水クロラール(睡眠薬の一種)を飲んでいました。ハンクの最期も、公演に向かう途中に、抱水クロラールとアルコールを摂取し、車内で寝込んだまま帰らぬ人となりました。レストランで車を停めた時に、同行者がハンクに食事をするか尋ね、ハンクがいらないと答えたのが、彼の最後の言葉だそうです。ハンクの葬儀はモンゴメリー公会堂で、花で埋められた舞台上に棺を置いて行なわれ、推定で15,000人から25,000人が銀の棺を間近にし、公会堂は2,750人の弔問者でいっぱいになりました。ハンクはそに短いキャリアを通して、11曲(「Lovesick Blues」、「Long Gone Lonesome Blues」、「Why Don't You Love Me」、「Moanin' the Blues」、「Cold, Cold Heart」、「Hey Good Lookin'」、「Jambalaya (On the Bayou)」、「I'll Never Get Out of This World Alive」、「Kaw-Liga」、「Your Cheatin' Heart」、「Take These Chains from My Heart」)をチャートの首位に送り込み、さらに多くのトップ10入りしたヒット曲を残しました。1987年、ウィリアムズはアーリー・インフルエンス部門で、ロックの殿堂入りを果たし、カントリー・ミュージック・テレビジョン(CMT)が2003年に選定した「カントリー音楽で最も偉大な40人」では、この年に亡くなったジョニー・キャッシュに次いで、第2位となっています。

Hanks Williams The Very Best Of Hank Williams
https://www.youtube.com/watch?v=neIcCyexTRw
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1185-c9c41247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。