FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Oddał swe życie gdzieś tam wysoko, tam gdzie sprawy ziemi są tak odległe, blask słońca tak czysty, a Bóg tak blisko.

He gave his life on somewhere high, where other land are so distant, glare so clear, a God so near.

彼はその人生をどこか高い、とても遠く輝かしく澄んだ神の近くの国で過ごした。

ヤン・ズムバッハの墓碑銘。ヤン・エウゲニウシュ・ルドヴィク・ズムバッハ(ズンバッハ、Jan Eugeniusz Ludwig Zumbach、1915年4月14日 - 1986年1月3日)はポーランドの軍人。第二次世界大戦におけるポーランド空軍のエース・パイロットである。ズムバッハは実のところスイス人(ジャン・ズムバシュ、あるいはヨーハン・ツームバッハ)であった。根っからの冒険者だったようで、生まれ育ったポーランドのために働きたくて出生証明書などの書類を偽造してポーランド人になりすまし、1936年にポーランド空軍に入隊、デンブリンの航空士官候補生学校で学んで、1938年に任官した。のちに盟友となる同期のスタニスワフ・スカルスキとともに第111飛行中隊に配属された。1939年のナチス・ドイツとソ連によるポーランド侵攻の時にはあいにく負傷していて戦うことができなかったが、結局仲間と共にフランスに渡り、翌年の西方電撃戦ではモラーヌ=ソルニエ MS.406やカーチス P-36 ホークに搭乗して参戦した。イギリスに到着したズムバッハは1942年5月19日に第303戦闘機中隊の創設と共に入隊し、バトル・オブ・ブリテンではホーカー ハリケーン Mk.I戦闘機を駆って不確実1機を除く8機の撃墜を公認された。1942年11月30日にはすでに有名となっていた第303戦闘機中隊の栄えある隊長となり、1943年11月30日まで任を務めた。ズムバッハは第303戦闘機中隊で自身のすべての撃墜記録(公認13機)を挙げた。その後1943年から1944年にかけて第3航空団 (3 Polish Fighter Wing) の司令、1944年から1945年にかけては第133航空団 (133 Polish Fighter Wing) の司令を務めた。戦後は両親が「帝国主義者」だったために共産主義者の支配するポーランドに戻ることができず、スイスの市民権を取った。冒険好きなズムバッハは高級腕時計をイギリスへ、兵士や武器をイスラエルへ売る「貿易業者」として働いた。1950年代にはそれまで荒稼ぎした金でパリでレストランやナイトクラブを開き、一時はオーナーとして羽振りの良い生活をしていたようである。だが次第に再び冒険者としての虫がうずいたのか「元の仕事」に戻りたくなったようで、1960年にカタンガ国が独立直後のコンゴ共和国(のちのコンゴ民主共和国)から分裂すると1962年にカタンガに渡り、同国独裁者のモイーズ・チョンベの頼みで同国空軍を創設して司令官となった。1967年にはナイジェリアから独立を宣言したビアフラでまた同じように空軍を創設してビアフラ戦争を指揮した。その後ズムバッハはフランスに戻って、やっと落ち着いた生活を始めた。1975年にはフランス語で自伝 (Mister Brown: Aventures dans le ciel) を執筆・出版した。ミスター・ブラウン(ジョン・ブラウン)とはカタンガやビアフラで彼が使っていた通名である。この自伝はドイツ語と英語でも翻訳・出版された。ズムバッハは平穏な余生を過ごしたあと1986年1月3日にフランスで死去し、ポーランド・ワルシャワのボヴォンズキ軍人墓地に埋葬された。

ヤン・ズムバッハはポーランドが誇る第二次世界大戦のエースパイロットですが、実はスイス人でした。しかし生まれ育ったポーランドのために働くために、ポーランド軍に入りました。1939年のナチス・ドイツとソ連によるポーランド侵攻の時に負傷していたため、戦えなかったことは彼にとって一生の不覚だったでしょう。ポーランド侵攻により、第二次世界大戦は始まったのですが、実はポーランドは一般的にイメージされているほどに弱い国ではありませんでした。確かに装備や国力においては独ソに劣っていましたが、空軍には世界的に見ても優秀なパイロットが多数いました。少なくともポーランド空軍が、飛ぶこともせず地上で全滅させられたというような話は完全な誤りです。ドイツ軍とソ連軍はポーランド全域を完全に制圧しましたが、ポーランド政府は降伏せず、残存する陸軍および空軍の部隊と共にルーマニアとハンガリーへ脱出し抵抗を続けました。脱出したポーランド軍将兵の多数は、後に西側の自由ポーランド軍に参加し、フランス、フランス委任統治領シリアを経てイギリスで闘いました。ヤン・ズムバッハも、もちろんその内の一人です。ズムバッハは、ポーランド人航空兵から編制された英国空軍の戦闘機中隊である、第303コシチュシコ戦闘機中隊に、エウゲニウシュ・ホルバチェフスキやスタニスワフ・スカルスキといった、ズムバッハと同じポーランド人のエースパイロットと共に入隊しました。この部隊はバトル・オブ・ブリテンに参加した連合軍の66個の戦闘機中隊のうちで、最高の撃墜記録を挙げたことで名を馳せ、第二次大戦の伝説的存在となりました。しかも、これはバトル・オブ・ブリテンが始まって2ヵ月も経ってから参戦しての記録でした。コシチュシコ戦闘機中隊は最初の7日間で40機近くの敵機撃墜記録を挙げ、最終的には6週間で126機の撃墜記録を達成しました。大英雄となったパイロットたちは、「The glamour boys of England」(イングランドの魅惑的な男たち)と呼ばれました。バトル・オブ・ブリテンは彼らの奮戦により、ドイツにイギリスの制空権を奪われることなく、独ソ戦を前にしたヒトラーによって中止されました。これによりドイツはイギリス上陸作戦を断念したため、バトル・オブ・ブリテンは第二次世界大戦の重大な転機となりました。ディエップ奇襲作戦のあいだにも、第303戦闘機中隊は連合軍の全戦闘機中隊のうちで最高の撃墜記録を挙げました。ディエップの戦い自体は完全な連合国側の準備不足による失敗だったのですが、その中でもコシチュシコ戦闘機中隊の活躍は光りました。1942年4月11日に属する第11戦闘機群 (No. 11 Group) で行われた模擬空中戦競技では、第303、第316、第315の三個のポーランド人戦闘機中隊が参加全22中隊中の上位3位を独占しており、第303戦闘機中隊は余裕の1位でした。第303戦闘機中隊は第二次世界大戦で最も実績のあるポーランド人戦闘機中隊であり、ポーランド軍のうちで1946年のロンドン勝利記念パレードに参加を求められた唯一の戦闘機中隊でもありましたが、彼らは政治的な理由により参加を見合わせました。前年の1945年7月6日にアメリカとイギリスはロンドンのポーランド亡命政府の公式承認を取り消し、ポーランドはソ連の後押する共産主義者の政府の手に落ちていました。大戦終結時から、連合国はポーランド人に対して冷たい扱いをするようになり、第303戦闘機中隊の士気は低下してき、最後は1946年12月に解散しました。さて、ズムバッハは1942年11月30日に栄光ある第303戦闘機中隊の隊長となり、その後1943年から1944年にかけて第3航空団 (3 Polish Fighter Wing) の司令、1944年から1945年にかけては第133航空団 (133 Polish Fighter Wing) の司令となっています。スイス人であったズムバッハは両親が「帝国主義者」だったために共産主義者の支配するポーランドに戻ることができなかったのですが、これは彼にとって幸運だったでしょう。盟友であったスタニスワフ・スカルスキは、1947年にポーランドに戻り、ポーランド空軍に勤務しましたが、1948年に彼はスターリニズムの政権にスパイ容疑で逮捕され、拷問を受けたあと起訴され、死刑を宣告されて3年を獄中で過ごす羽目になりました。一方、祖国を追われたズムバッハは貿易を営んで羽振りの良い生活をしたり、1962年にカタンガで空軍を創設して司令官となったりと、わりと好き放題な生活を送りました。1967年にはナイジェリアから独立を宣言したビアフラでまた同じように空軍を創設してビアフラ戦争を指揮したりもしています。その後、フランスで自伝を書いたりしながら余生を平穏に送り、1986年1月3日にフランスで亡くなり、祖国ポーランド・ワルシャワのボヴォンズキ軍人墓地に埋葬されました。軍人として冒険者として考えられる限り最高の人生だったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1189-bc7e0478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。