09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Jakże słodko jest umrzeć za Ojczyznę!

How sweet it is to die for Motherland!

祖国のために死ぬことは何と甘美なことであろうか!

スタニスワフ・ジュウキェフスキの最期の言葉。スタニスワフ・ジュウキェフスキ(ポーランド語:Stanisław Żółkiewski,1547年 - 1620年10月7日)は、ポーランド・リトアニア共和国のマグナートで、軍事指導者として共和国の南部・東部国境での数多くの戦いを指揮した。1588年より王冠領野戦ヘトマン、1590年よりリヴィウ城代、1613年より王冠領大ヘトマン、1618年よりキエフ県知事及び王冠領大法官(宰相)など共和国の最高官職を歴任し、モスクワ・ロシア、オスマン帝国、タタールとの戦いで共和国軍に偉大な勝利をもたらし、ヨーロッパの軍人としては初めて、ロシアに攻め入ってその首都モスクワを占領した。しかしその類稀なる軍事的才能でモスクワを占領した「名将」としての仕事もさることながら、モスクワ遠征における彼の真の歴史的功績は、議会(セイム)の代表者として、ロシアやスウェーデンへの宗教的野望を抱える自国の王ジグムント3世を戒め、当時のポーランドの体制的基盤となっていた思想信条の自由の原則を貫き、ツァーリ独裁の伝統に反対するロシアの民主派と結んで民主的な立憲君主主義の国家連合の実現に向けて奔走した、「大政治家」としての仕事ぶりであろう。第二次ウィーン包囲でトルコの侵略からヨーロッパを救ったポーランド王ヤン3世ソビェスキは曾孫。リヴィウの学校で学んで数ヶ国語を習得したあと、国王ステファン・バートリの秘書官となった。1594年から1596年にかけて、ウクライナ・ヘトマンのセヴェルィーン・ナルィヴァーイコが率いるコサックの反乱(ナルィヴァーイコの乱)を鎮圧した。また1607年にゼブジドフスキの反乱においては、グズフの戦いで反乱軍を破った。ロシア・ポーランド戦争が始まると、ジュウキェフスキは司令官として遠征を成功裏に進めた。ジュウキェフスキは偽ドミトリー2世擁立計画の一環としてモスクワを陥落させ、ツァーリのヴァシーリー・シュイスキーを捕らえた。1610年にはクルシノの戦いで、ポーランド騎兵「フサリア」5,000騎でモスクワ・ロシア側の40,000の大軍を撃破する大勝利を収めている。ジュウキェフスキは国王ジグムント3世の長男ヴワディスワフのツァーリ擁立、及び共和国とモスクワ・ロシアとの同君連合構想の推進を支持した。1612年より、将来有能なヘトマンとして名を馳せるスタニスワフ・コニェツポルスキを部下とし、若いコニェツポルスキの軍事上の師となった。1612年及び1617年、モルダヴィア(モルダヴィア・マグナート戦争)とウクライナで軍事遠征を指揮した。齢70歳を超えていたにも関わらず、彼は死の瞬間まで現役の指揮官として精力的に活動を続けた。1620年10月7日、ジュウキェフスキはモルダヴィアのプルト川河畔におけるトルコ軍とのツェツォラの戦いで、ポーランド軍の退却中に敵軍に殺された。戦後、彼の遺体はトルコ軍によって冒瀆され、頭部は切り取られて戦利品としてイスタンブルに献上された。頭部はその後、ツェツォラの戦いでトルコ軍の捕虜となった息子のヤンと共に未亡人のもとに返された。彼は自らが建設した都市ジュウキェフ(現在のウクライナ)の聖ヴァヴジニェツ教会に埋葬された。死後、彼は聖なる信仰を守る為に異教徒に殺されたキリスト教戦士として伝説的な存在となった。ジュウキェフ城を始めとする彼の財産と所領は、最終的に彼の孫娘と結婚したヤクプ・ソビェスキに相続された。また、ロシア・ポーランド戦争に従軍した際、自らの軍事遠征と外交政策についての回想録『モスクワ戦争の顛末について』を執筆している。

スタニスワフ・ジュウキェフスキは、ポーランド史上最も尊敬に値する人物の一人です。ポーランドは14世紀から17世紀にかけ大王国を形成したのですが、この時期のポーランドには名君や名宰相と呼ばれた人が数多くいました。ジュウキェフスキはそういったポーランド黄金時代を彩る偉大な人物たちの中の、かなり最後の方の人物でもあります。ジュウキェフスキが仕えたジグムント3世は、名君の誉れ高きステファン・バートリの死後、次期国王に皇帝ルドルフ2世の弟マクシミリアン大公が選出されたことに抗議し、ブィチナの戦いでマクシミリアンを破って共和国の新統治者となった人で、人間的に問題のあった人でもありました。というのも、ジグムント3世はスウェーデン生まれでしたが、母がヤギェウォ家のポーランド人だったこともあって若いときからポーランドに住み、ポーランドの教育を受け、イエズス会によって極めて強い影響を受けました。彼は本国スウェーデン及びヴァーサ家がルター派プロテスタント国家であるにもかかわらず、歴代の王のうちで最も熱狂的なローマ・カトリックの闘士でした。ジグムント3世はヨーロッパ北方全域のカトリック化するという野望を抱いていたのですが、政治的な才能に乏しく、1599年にスウェーデン王位を叔父カール(後のスウェーデン王カール9世)に簒奪されたり、ジュウキェフスキらの奮戦によってモスクワ市を占領した時も、正教徒であるロシア人との間で宗教的対立を生じさせるなどの失政を行いました。その後も、ジグムント3世はたび重なる戦争(ポーランド・スウェーデン戦争、大洪水時代)によりポーランド=リトアニア連合王国の政府財政を急速に悪化させてしまいました。さて、そんな困った王様に仕えたジュウキェフスキですが、元々は名君ステファン・バートリの秘書官であり、彼の元で数々の戦功を挙げています。この頃はジュウキェフスキにとっても、良き時代だったでしょう。しかし、ジグムント3世の時代になると事情は変わってきました。ジグムント3世は悲願であったスウェーデン奪還とカトリックの布教のために、正教会の牙城であるロシアに侵攻しカトリック化させ(このため、ローマ教皇もポーランドを強く支援していた)、最終的にはロシアをスウェーデン奪還の拠点とするという計画を押し進めました。ジュウキェフスキはもともとこの戦いに反対であったものの、王の命令に逆らえずやむなく従軍していましたが、戦役の展望、手法、最終目標を巡ってジグムント3世と衝突を繰り返していまいた。ジュウキェフスキはポーランド貴族(シュラフタ)の伝統的な平和主義と多文化主義の思想を代表する人物で、ロシアのような強国に対し攻撃的で危険な戦争を仕掛けることをよしとしませんでした。ジュウキェフスキの理想はリトアニアと連合を結んだように平和的で自発的な連合をロシアと結ぶことでしたが、ジグムント3世は政治的交渉や妥協を行うことをよしとせず、特に正教会に対する譲歩だけは欲しませんでした。ジュウキェフスキが予想した通りに、ポーランド・リトアニアの軍がロシアの地を略奪しながら東へ進むほど、ポーランドを支援していた者たちは親ポーランド陣営を去って反ポーランド陣営に合流していきました。この逆境にもかかわらず、ジュウキェフスキは、1610年7月4日のクルシノの戦いで、ポーランド軍の精鋭の騎兵5,000騎は数で勝る35,000人から40,000人のロシア・スウェーデン連合軍を破るという、驚異的な勝利を収めました。ジュウキェフスキがモスクワに到着すると、モスクワ内で様々な混乱が起こりましたが、最終的に親ポーランド派が主導権を握りポーランド軍はモスクワに入城しました。モスクワの指導者たちは、ジュウキェフスキに無政府状態からロシアを救ってほしいと頼み、ジュウキェフスキはジグムント3世の息子ヴワディスワフを新しいツァーリに認めることと引き換えに、彼らに広い特権を持てることを約束しました。しかし、分からず屋のジグムント3世の考えはまるで違っており、ジュウキェフスキはこの時点ではそのことを知りませんでした。モスクワの指導者たちはヴワディスワフが正教会に改宗し、ポーランド・リトアニア共和国が戦争で占領したロシアの都市を返還するならば彼がツァーリになることを支援したのですが、ジグムント3世は王子の改宗には断固反対し、最終的には自分がツァーリになると言い出しました。これにより、ジュウキェフスキは困った立場に置かれてしまいました。約束を破ってロシア全土で不人気のジグムント3世が即位すれば、反発が起こることは必然だったので、ジグムント3世を何とか説得しようとしましたが、ジグムント3世はロシア西部の征服の過程で、自身のロシアでの人気ぶりを確信しており聞く耳を持ちませんでした。ジュウキェフスキは最後にはジグムント3世に失望してポーランドへ帰ってしまったのですが、ジュウキェフスキがポーランド軍の主力である議会軍を引き連れて帰国してしまったので、クレムリンに残った小人数のポーランド軍部隊はたちまち孤立し、1612年、モスクワに残されたジグムント3世のポーランド国王軍はツァーリ派の貴族とロシア正教会が率いたロシア国民軍に敗れ、モスクワから撤退しました。ツァーリ戴冠の放棄を拒んだジグムント3世は、この後もロシアと戦争を継続しましたが、1618年にロシア西方などをポーランドへ割譲させてツァーリ戴冠を断念しました。これによりジュウキェフスキらの奮戦と、彼の民主的な立憲君主主義の国家連合の実現に向けた努力は水の泡となりました。ロシア・ポーランド戦争はポーランド・リトアニア共和国の領土を東へ拡張することはできましたが、消耗した人命と資金と比べれば代価の高すぎる勝利でした。また、ロシアの新たな王朝となったロマノフ家は、勝者の書く歴史が政治の強力な道具となることをよく理解しており、ロシア・ポーランド戦争を「ロシア正教の文化を破壊するため野蛮な侵略を行ったポーランドとイエズス会の同盟に対し、この時代のロシア人たちがロシアを守るため英雄的に立ち上がったのだ」という文脈を用いて称賛しました。もちろん、ジュウキェフスキが主導していたポーランド・リトアニア・モスクワ連合によるリベラルな三カ国連合という構想も、ロシア史から消されました。そして、弱体化したポーランドは18世紀、3度にわたり国土が隣国によって分割され消滅し、以後ヨーロッパ中に反ポーランド主義がはびこり苦難の時代を迎えることになりました。ジュウキェフスキは齢70歳を超えていたにも関わらず、彼は死の瞬間まで現役の指揮官として精力的に活動を続け、最期はトルコ軍との戦いで戦死しました。彼は聖なる信仰を守る為に異教徒に殺されたキリスト教戦士として伝説的な存在として、ポーランドの栄光の歴史に燦然と輝きを残しています。さて、ジュウキェフスキの最期の言葉についてですが、この言葉はほぼ間違いなくホラティウスの、"Dulce et decorum est pro patria mori."(祖国のために死ぬとは甘美にして名誉あること。)という言葉が元ネタでしょう。そして、ジュウキェフスキにとって、それは完全な真実でありました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1190-92fda170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。