07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Doctor, I'm dying. Perhaps it is best.

ドクター、私は死につつあります。ひょっとしたらそれが一番良いのかもしれません。

ジョン・タイラーの最期の言葉。ジョン・タイラー(John Tyler, 1790年3月29日 - 1862年1月18日)は、アメリカ合衆国の第14代副大統領および第10代大統領。彼は独立宣言署名後に生まれた二人目の大統領、および大統領の死に際して副大統領から昇格した最初の大統領。また所属政党を持たなかった2人の大統領のうちの先の1人(のちのもう1人は17代アンドリュー・ジョンソン大統領)である。初代ジョージ・ワシントンも無党派を標榜したが実質的には連邦党政権であった。ジョン・タイラー・ジュニアは1790年3月29日にバージニア州チャールズシティ郡(ウィリアム・ヘンリー・ハリソンが生まれたのと同じ郡)でジョン・タイラー(1747年 - 1813年)およびメアリー・アーミステッド夫妻の息子として生まれる。タイラーは地域の指導層になるようにと、7人の兄弟と共に上流階級の教育を受けて育った。彼は合衆国憲法が厳密に解釈されることになっていたと信じながら育ち、伝えられるところによれば、この信念を決して失わなかったという。父親はトーマス・ジェファーソンと友人関係にあり、1,000エーカー以上のタバコ畑と何十名もの奴隷を所有し、リッチモンドの巡回裁判所に判事として勤務した。彼は州権を支持し、その権力を維持した。タイラーが7歳のときに母親は心臓発作で死去した。12歳になるとタイラーはウィリアム・アンド・メアリー大学の予備門に入学し、3年後には同大学に進学した。 タイラーは1807年に17歳で大学を卒業した。彼は下院議員職後に知事(1825年 - 1827年)として父親の後を継いだ。ジョン・タイラーは、大統領選挙からわずか一か月後に肺炎で死去したウィリアム・ハリソンから大統領職を継承した。なお、この継承は公式には1967年発効の「合衆国憲法修正25条」まで厳密に認められなかった。「偶然内閣」、「継承内閣」と揶揄されたが、その反発から独断専行し議会と対立。1期4年の間に9回の拒否権を発動した。更に、副大統領就任の際に支持してくれた所属のホイッグ党の政策に従わず、時の党首ヘンリー・クレイらと激しく対立。大統領就任から2か月ほどで党から除名された。これにより彼は「政党を持たざる男」として知られることとなった。タイラーは元民主党員で南部州権論者の信奉者であり、北部を基盤にするホイッグ党の急進的な政策とはしばしば対立していた。ホイッグ党はその後、「タイラー降ろし」の圧力をかけ、閣僚6名中5人を辞職させた。また、大統領選挙に前後してロード・アイランド州で選挙人制度に不満を持つ改革派の不満が爆発し、同年州議会を無視して州民代表会議を招集してトーマス・ドアを知事に選出した、いわゆるドアの反乱が起こった。同州は1841年までには白人男子普通選挙制度を持たない唯一の州となっており、ドアらは白人男子普通選挙制を唱えて武装蜂起したが、反乱が頂点に達した翌1842年4月にタイラーは鎮圧に加勢するための連邦軍派兵を決定、反乱は鎮圧された。43年には穏健改革派によって新州憲法が制定された。在任中のおそらくもっとも著名な功績は在任末期の1845年3月1日のテキサス(当時のテキサス共和国)の併合承認である。これにより同年12月29日テキサスはアメリカ合衆国の一部となった。南部の強力な奴隷州の併合が、後の南北戦争の遠因となった。また1821年に併合されていたフロリダは1845年3月3日に州に昇格した。1861年2月、タイラーはワシントン講和会議の議長を務めるため再び公的生活に入る。会議は内戦を回避するための妥協が求められた。一方モンゴメリー会議ではアメリカ連合国憲法が採択された。上院が彼の提案を拒絶すると、タイラーはバージニア州の即時脱退を促した。1861年のアメリカ連合国臨時議会に参加した後、彼は南部連邦の下院議員に選任されたが、就任前に気管支炎で死去した。アメリカ南部連邦をアメリカ合衆国と見なさない場合、彼は外国で死去した唯一の大統領経験者であるかもしれない。彼の最後の言葉は「たぶんそれが一番良いだろう。」であった。タイラーはヴァージニア州リッチモンドのハリウッド墓地に埋葬された。テキサス州タイラーは彼に因んで命名された。

アメリカ合衆国の第10代大統領ジョン・タイラーを知っている日本人は、あまりいないかもしれません。彼は17歳で大学を卒業した秀才で、下院議員職後35歳の時に知事になりました。タイラーの大統領就任は、前任のウィリアム・ハリソンが肺炎で大統領選挙からわずか一か月で亡くなったため、タナボタ的に副大統領であった彼が大統領職を継承しました。それゆえに、「偶然内閣」、「継承内閣」と揶揄されました。それが気に入らなかったからなのかは分かりませんが、彼は1期4年の間に9回の拒否権を発動するという強権的な政治を行い、身内であるホイッグ党から除名されました。かくして彼はアメリカ史上珍しい、政党を持たざる大統領として知られることとなりました。彼の最大の功績は、在任末期の1845年3月1日のテキサス(当時のテキサス共和国)の併合を承認したことです。これはテキサス住民の総意であり、また米国が望むことでもありましたが、テキサスが1845年に28番目の州として米国に併合されると、翌年からの米墨戦争のきっかけともなりました。またテキサスという強大な奴隷州を併合したことは、後の南北戦争の遠因ともなっています。彼に因んで命名されたテキサス州タイラーは、「ばらの街」と呼ばれており、タイラーとその周辺ではばらの栽培が盛んで、市の特産となっているだけでなく、全米最大級のばら園があります。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1197-b2770150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。