FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Muero con mi patria!

I die with my country!

我が祖国と共に死にます!

フランシスコ・ソラーノ・ロペスの最期の言葉。フランシスコ・ソラーノ・ロペス・カリージョ(Francisco Solano López Carrillo、1826年7月24日 - 1870年3月1日)は、パラグアイの政治家。初代大統領カルロス・アントニオ・ロペスの長男で1862年に父の死を受けてパラグアイ共和国第二代大統領に就任した。早い段階で父から後継者として認められていたようで、1853年には全権大使として一年半をかけてイギリス、イタリア、フランスなどの西欧諸国を歴訪している。特に彼が強い影響を受けたのはフランス第二帝政と皇帝ナポレオン3世であったようだ。祖国に帰ってパラグアイ軍の責任者になると早速軍服をフランス第二帝政と同じものに変更し、ナポレオン3世の王冠のレプリカを作らせている。また、この歴訪中にパリでアイルランド人の高級娼婦であったエリサ・リンチを見初め、彼女を伴って帰国している[1]。父の残した強力な軍隊を使って1864年からパラグアイと似たような立場にあったウルグアイの中立を巡って三国同盟戦争を引き起こしたが、事前に約束していたアルゼンチン連邦派の指導者フスト・ホセ・デ・ウルキーサの支援が得られず、また、ウルグアイでコロラド党がブラジル軍の支援を受けてブランコ党との内戦に勝利し、親ブラジル派政府が成立したため、当初のアルゼンチン、ウルグアイの協力の下でブラジル帝国と戦うという構想は崩れ、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイの三国同盟を敵に回して戦うことになってしまった。アルゼンチンのバルトロメ・ミトレ大統領が三ヶ月で終わると豪語した戦争は五年以上続き、ソラーノ・ロペスは国民を率いて最後まで勇敢に戦ったがブラジル軍の追撃を受け1870年にセロ・コラーの戦いで戦死した。三国同盟戦争で国土を破壊しつくされ、人口の半分以上が戦死したパラグアイは酸鼻を極めたが、1926年にパラグアイ議会で祖国を防衛した英雄として最初に名誉回復がなされた。その後1936年にクーデターで政権を握ったチャコ戦争の英雄、ラファエル・フランコ大佐からも名誉回復がなされ、現在はマリスカル・ロペス(ロペス元帥)と呼ばれて広く国民から尊敬されている。

フランシスコ・ソラーノ・ロペスは政治的に失敗してしまった人ではあるのですが、未だにパラグアイ国民から尊敬されている人です。彼はパラグアイの初代大統領カルロス・アントニオ・ロペス(在任1844年-1862年)の長男だったのですが、父のカルロスは初代元首ホセ・ガスパル・ロドリゲス・デ・フランシアの築いた体制を改革・継承し、近代化路線をとってパラグアイを南米諸国中最も安定した国に育て上げた人でした。カルロスの具体的な政策としては、マテ茶やタバコなどを栽培し、保護貿易によって莫大な黒字を上げ、この貿易黒字を元手に鋳鉄や火砲を生産する工場を建設しました。また、ヨーロッパに留学生を送り、1861年にはアスンシオンに鉄道を開通させました。このように、当時のパラグアイはラテンアメリカで唯一対外債務を負っていない国として自立的な発展を続けていたのですが、同時にアルゼンチン、ブラジルから激しい圧力と内政干渉を受けてもいました。この両国に対抗するためカルロスは強力な陸軍を創設し、1862年には常備18,000人、予備45,000人を擁する南米最大の軍を抱えるまでになりました。1862年に父カルロスが亡くなり、フランシスコが後を継いで大統領になると、1864年にブラジルとアルゼンチンの内政干渉に悩むウルグアイのブランコ党政権から救援を求められたことをきっかけに、フランシスコはパラグアイと似たような立場で悩むウルグアイの救援を決意しました。これによりラテンアメリカの歴史の中で最も凄惨な武力衝突となった、三国同盟戦争が始まりました。1864年11月にパラグアイ軍がブラジル帝国との係争地域だったマットグロッソ州に進攻すると、パラグアイ軍が勝利し、しばらくパラグアイ優勢のままでした。しかし、フランシスコにとって誤算だったのは、アルゼンチンの反体制派の首領フスト・ホセ・デ・ウルキーサらの協力を得ることが出来ず、またウルグアイでコロラド党がブラジル軍の支援を受けてブランコ党との内戦に勝利し、親ブラジル派政府が成立したことでした。フランシスコはブラジル大統領に領土通行権を求め、認められなければウルキーサがアルゼンチン連邦派をまとめて反乱を起こすことを取り決めていたのですが、この密約をウルキーサに反故にされてしまいました。フランシスコは1865年3月に入るとパラグアイは1万の兵力によりアルゼンチンにも侵攻を開始し、翌4月にはコリエンテスを占領する。しかし、それでもウルキーサは動きませんでした。そして、かねてからパラグアイの発展を好ましく思っていなかった イギリス資本の支援を受け、 ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイが三国同盟を結ぶと、同盟軍はパラグアイに侵攻しました。パラグアイはブラジルに加えて当初味方にするつもりだったアルゼンチンとウルグアイからも進撃され、フランシスコに勝ち目はなくなりました。しかし、三方から攻められたパラグアイ軍は全滅するまで勇敢に戦い、アメリカ合衆国の公使がその勇気と愛国心を褒め称えたほど敢闘を行いました。軍主力が壊滅していたパラグアイ軍は、老人や子供を動員し、何度も防戦を行いましたが、兵力不足により敗北が続き、1869年1月に首都アスンシオンが占領されると、フランシスコは、老人と子供を多く含む市民とともに首都を脱出し北上しました。このパラグアイ人の集団は戦闘を行いつつ北上を続けましたが、1870年3月1日に同盟軍に包囲され、フランシスコは戦死し、戦争は終結しました。戦争はパラグアイの完敗に終わりましたが、5年に渡った戦争は国土を荒廃させ、政府軍同士による戦いが終結した後も長期に渡るゲリラ戦が続きました。開戦前にいた52万人の人口は21万人にまで減少し、パラグアイの領土は戦前の四分の三になりました。さらに敗戦と共にイギリスから借款が押し付けられ、パラグアイが誇った公有地を中心とした土地制度はアルゼンチン人などによって買い取られ、でも他のラテンアメリカ諸国と同じように大土地所有制が確立しました。南米におけるプロイセンのような立場だったパラグアイの軍事国家としての挑戦は失敗に終わり、パラグアイもイギリスの覇権構造の下に組み込まれることになりました。こうしてパラグアイは国民のみならず、国土、関税率、工場、経済的独立の全てを失い、これ以後50年に渡り国勢は停滞し、現在に至るまで傷跡は残っています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1199-a800cd56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。