09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

(新聞を読んでくれた妻に向かって)

That's good. Read some more.

それは良い。もういくつか読んでくれ。

ウォレン・ハーディングの最期の言葉。ウォレン・ガマリエル・ハーディング(Warren Gamaliel Harding, 1865年11月2日 - 1923年8月2日)は、第29代アメリカ合衆国大統領。大統領に選ばれた最初の現職上院議員であり、在職中に死去した6人目の大統領。オハイオ州選出の上院議員であったハーディングは、影響力を持つ新聞を出版し、政界入りする前は有能な演説家であった。彼はオハイオ州議員(1899 - 1903)、オハイオ州副知事(1903 - 1905)を歴任した。ハーディングの保守主義、柔和な物腰、そして『敵を作らないでください』という選挙戦略は、彼を1920年の共和党全国大会における妥協選択の候補とした。第一次世界大戦の余波の中で行われた大統領選キャンペーンで、彼は国の「正常」への復帰を約束した。この「アメリカが一番」というキャンペーンは、外国の影響から独立した工業化と強い経済を促進した。ハーディングは、セオドア・ルーズベルト大統領以来議会を支配していた進歩主義から離脱した。1920年の選挙で彼は、副大統領候補のカルビン・クーリッジと共に、アメリカ史上一般投票における得票率の最大差(60.36%対34.19%、26.2ポイント差)で民主党候補でありオハイオ州の仲間であったジェームズ・M・コックスを破った。ハーディングは大統領として、「オハイオ・ギャング」と呼ばれた友人や政治上の貢献者に対して財政的に大きく報いた。彼の任期は結局スキャンダルと不正が瀰漫することとなった。彼の閣僚1名、被任命者数名が裁判で有罪となり、贈収賄および連邦政府に対する背任のため刑務所に送られた。しかしながら、ハーディングは何名かの有能な人物も閣僚として任命した。外交政策では、ハーディングは国際連盟への加入を拒み、ドイツおよびオーストリアと単独講和条約と結び、第一次世界大戦を正式に終了させた。彼はまたワシントン会議を開催し、世界の海軍力削減を促進し、国際法廷へのアメリカ合衆国の参加を主張した。内政面では、ハーディングは合衆国における最初の児童福祉プログラムに署名し、坑夫や鉄道従事者のストライキに対応した。アメリカ合衆国の失業率はハーディングの任期中に半減した。1923年8月にハーディングはアラスカ旅行からの帰路、カリフォルニアで病床に伏し死去した。彼の後任は副大統領のカルビン・クーリッジが引き継いだ。大統領とし、議会にあまり介入せず、職務も閣僚に丸投げすることもあり、また任期中にいくつかのスキャンダルがあったため、その死後ハーディングは「アメリカ史上最も成功しなかった大統領」として評されたが、近年は評価が見直されている。

ウォレン・ハーディングは、任期中のスキャンダルが多かったことで有名な大統領です。ウォレン・ハーディングは1865年11月2日にオハイオ州コルシカ(現在のオハイオ州ブルーミング・グローヴの近く)で、ジョージ・トライアン・ハーディング博士とフィービー・エリザベス(ディッカーソン)ハーディング夫妻の間に生まれました。少年時代はアレクサンダー・ハミルトンとナポレオン・ボナパルトに憧れていたそうで、これは後の彼の政治思想にも多少の影響を与えているかもしれません。学生時代に新聞の出版と運営を学び、経営失敗した「マリオン・デイリー・スター」紙を買収して、郡内でも最大の新聞にまで育て上げました。その後、ハーディングは、オハイオ州議会議員 (1899-1903)、オハイオ州副知事 (1903-1905) および上院議員 (1915-1921) を務め、1921年、好調な景気の流れに乗り大統領に就任しました。選挙に勝利するためハーディングは自らの知己の多くを重要な政治的地位に任命し、「オハイオ・ギャング」(チャールズ・ミーの同名の著書で使用された言葉)として知られた彼らは、自らの権限を政府からの搾取に使用しました。任期中にスキャンダルと不正が横行しましたが、ハーディング自身が彼らの不法行為をどのくらい認識していたかは不明瞭ではあります。最も有名なスキャンダルはティーポット・ドーム事件で、大統領がからむスキャンダルとしては、ウォーターゲート事件と双璧をなすといわれています。この事件は、内務長官のアルバート・B・フォールが関与し、彼は賄賂の収受と違法な融資の見返りに国有油田を取引相手に貸し出したことで有罪判決を下されました。同事件はハーディングの死後数年間国家を揺さぶることとなりました。さらに、彼のもっと個人的な醜聞として、黒人混血説がありますが、これは全く根拠のない話です。その全く逆の醜聞として、ハーディングがクー・クラックス・クランに関係していたという説も根強く語られていますが、これも何の根拠もありません。ハーディングは妻と仲が悪かったので、今日でも夫人による毒殺説が広く語られていますが、これも事実として信じるには無理があります。さて、このような醜聞の多いハーディングですが、政治家としては予算会計法を成立させ、今日の年度予算案の審議システムを作ったり、ワシントン会議を開き「国際規模の軍縮」を口実に海軍戦力を制限したりもしています。また、所得税の累進性を弱め富裕層への大規模な減税を実施し、貿易では保護貿易政策を取り現在では考えられない程の高率な関税をかけるなど、富裕層を優遇し保護貿易政策を取りましたが、同時に合衆国における最初の児童福祉プログラムに署名し、坑夫や鉄道従事者のストライキに対応するなどの政策も行いました。好景気に見舞われた幸運もあって、合衆国の失業率はハーディングの任期中に半減しました。これにより、上記の通りハーディングは「アメリカ史上最も成功しなかった大統領」として評されていましたが、近年は評価が見直されています。ハーディングの最期は、全国遊説中にアラスカで自らの知らなかった不法行為が詳述された長い報告書を受け取り、そのショックでなのか帰途、カナダのブリティッシュコロンビア州を通過している間に、彼は重い食中毒となりシアトルで心機能不全で倒れました。サンフランシスコのパレス・ホテルに着くと彼は肺炎を発症し、1923年8月2日の午後7:35に痙攣を発し、亡くなりました。医師団は心隔壁破裂あるいは脳梗塞と診断している。57歳没。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1206-cc0233de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。