07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

思う事の一つも神に勤めをへず けふや罷るかあたらこの世を

平田篤胤の辞世の句。平田篤胤は江戸時代後期に国学者・神道家・思想家・医者。出羽久保田藩(現在の秋田市)出身。成人後備中松山藩士の兵学者平田篤穏の養子となる。幼名を正吉、通称を半兵衛。元服してからは胤行、享和年間以降は篤胤と称した。号は気吹舎(いぶきのや)、家號を真菅乃屋(ますげのや)。医者としては玄琢を使う。死後、神霊能真柱大人(かむたまのみはしらのうし)の名を白川家より贈られている。復古神道(古道学)の大成者であり、荷田春満、賀茂真淵、本居宣長とともに国学四大人(うし)の中の一人として位置付けられている。本居宣長らの後を引き継ぐ形で儒教・仏教と習合した神道を批判し、やがてその思想は水戸学同様尊皇攘夷の支柱となり、倒幕後の明治維新変革期の原動力ともなった。その思想は後の神仏分離や廃仏毀釈にも影響を与えた。篤胤は独自の神学を打ち立て、国学に新たな流れをもたらした。神や異界の存在に大きな興味を示し、死後の魂の行方と救済をその学説の中心に据えた。また、仏教・儒教・道教・蘭学・キリスト教など、さまざまな宗教教義なども進んで研究分析し八家の学とも称していた。西洋医学、ラテン語、暦学・易学・軍学などにも精通していた。一方知識の広さのために不自然な融合を示し、宣長学派の実証主義から逸脱し複雑難解なものとなっている。平田神道と呼称される所以である。篤胤の学説は学者や有識者にのみ向けられたのではなく、庶民大衆にも向けられた。一般大衆向けの大意ものを講談風に口述し弟子達に筆記させており、後に製本して出版している。これらの出版物は町人・豪農層の人々にも支持を得て、国学思想の普及に多大の貢献をする事になる。庶民層に彼の学説が受け入れられたことは、土俗的民俗的な志向を包含する彼の思想が庶民たちに受け入れられやすかったことも示している。特に伊那の平田学派の存在は有名である。後に島崎藤村は小説『夜明け前』で平田学派について詳細に述べている。最期は1841年(天保12年)1月1日に『天朝無窮暦』の内容が幕府の目にとまり、故郷である秋田に帰るように命じられ、以後の著述を禁止された。幕府の暦制を批判したためであった。また激しい儒教否定と尊王主義が忌避されたともいわれる。秋田に帰った篤胤は2年後の1843年(天保14年)9月11日に68歳で病没する。この時点での門人は553人であり、1330人が没後の門人となった。

思う事の一つも神様に勤めもせずに 今日惜しいこの世から出かけるのか

平田篤胤は国学者として立派な業績をのこしていますが、あまりに広範囲に研究範囲が及んだせいか、とんでもない学説もいくつか残しています。特に有名なのは神代文字という漢字が伝来する以前に古代日本で使用されていたと称される日本固有の文字があったという研究ですが、現在のまっとうな学者でこんなものを信じている人はいません。またこの人はオカルト的な要素も強かった人で、学問をするにはまず何よりも自らの死後の魂の行方を知らなければならないと言い切っています。歌は神道家だったこともあって、神様に対する反省と死を迎える無念を詠っています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/152-747b95f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。