09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

The Stone the Builders Rejected

建国者たちの捨てた石

ジャック・ロンドンの墓碑銘。ジャック・ロンドンはアメリカ合衆国の作家。 本名はジョン・グリフィス・チェイニー。カリフォルニア州サンフランシスコで生まれる。父親は、確証はないがチェイニーというアイルランド系の占星術師、55歳。母親はウェールズ系の農家の娘フローラ・ウェルマンで32歳。結婚は正式なものではなく、フローラが妊娠すると、チェイニーは出産に反対し、6月にフローラは自殺未遂。夏に離別する。9月、フローラは降霊術の会で知り合った実直な労働者ジョン・ロンドンと結婚。ジョンにはイライザとアイダという娘がいた。チェイニーとの間にできた男児ジョンは、父親と区別するためにジャックと改名。1877年、一家はオークランドに移り住み、食料品店を始めるが失敗し、その後アラメダ、サンマテオ、リヴァモアの各地を転々とする。1881年、一家はサンフランシスコ郊外の農場に住み、野菜やトウモロコシを作る。貧しい生活が続く。1887年、ジャックは家計を助ける為に朝夕の新聞配達を始める。休刊日の週末は氷屋の配達係、ボウリング場のピン立てボーイとして働く。1889年、小学校は卒業するが、貧困の為に進学できず、缶詰工場で1日14~18時間働く。1891年、サンフランシスコ湾で、仲間たちとカキ荒らしをはじめ、やがてジャックは「カキ泥棒の王子」と呼ばれるようになる。1893年、アザラシ漁船の乗組員として、小笠原諸島や横浜に上陸した。1894年3月25日、世界恐慌の最中、鉱業労働をしていた人民党員のジェイコブ・コクシーの失業対策として道路整備公共工事請願を目的とした「コクシーの軍隊」という、ワシントンのペンシルベニア大通りでのデモ行進に参加したが脱落。ホーボーをして各地を流浪、バッファローで浮浪罪で逮捕され30日労役につく。1896年、カリフォルニア大学バークレー校に入学するが一学期で中退。1897年、アラスカ・クロンダイクでのゴールド・ラッシュに加わるが、壊血病にかかり帰国。1901年、以前からカール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスの『共産党宣言』に共鳴していたため、アメリカ社会党に入る。1903年に出版された『野性の呼び声』によって、一躍流行作家となる。以後20年間に53冊の著書と200以上の短編小説を発表した。1904年(明治36年)、日露戦争の取材のために記者として来日した。撮影禁止区域で写真撮影しスパイ容疑で逮捕される。1905年、アメリカ社会党大会での日系アメリカ人移民差別反対意見について、自分は白人であると述べ封殺した。1906年社会主義思想による小説を書く。1916年11月21日、グレンエレンの自宅で大量にモルヒネを飲み死亡。

ジャック・ロンドンは当時の多くのコミュニスト作家と同じく、貧しくて苦労をした人生を送った人です。ジャック・ロンドンの最期については、自殺だったという説と、腎臓結石と尿毒症の痛み止めのためにモルヒネを飲みすぎて死んだのだとする説があります。日本において彼の最もよく知られた作品は、『野性の呼び声』(The Call of the Wild) と『白い牙』(The White Fang)でしょう。その他にも貧しい人々について書かれた作品を、数多く残しています。また上記のように日本にも二度来ており、日本を題材にした 『日本沖合での台風』『お春』『江戸湾騒動』などの作品も書いていますが、同時に明らかに日露戦争以後の黄禍論に立脚した、政治的人種偏見をもとにした短篇「比類なき侵略」("The Unparalleled Invasion")という作品も1910年に書いています。墓碑銘は社会に対して批判的であった彼が、政治家にたちに省みられることがなかったことについて書かれているのでしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/184-1a6ec1cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。