09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

光りつつ 秋空高く 消えにけり

永井隆の辞世の句。永井隆は医学博士。「長崎の鐘」、「この子を残して」の著書がある。1908年(明治41年)2月3日 - 島根県松江市にて、医師であった父寛、母ツネの長男(5人兄弟)として誕生。祖父の文隆より1字を授かり隆と命名される。 1928年(昭和3年)4月 - (旧制)島根県立松江中学校を経て、長崎医科大学(現:長崎大学医学部)に入学。1932年(昭和7年)大学の卒業式では答辞を読むことになっていたが、 直前に急性中耳炎になり、耳が不自由になる。そのため、内科医の道を断たれ、放射線科を専攻することとなる。大学卒業後、助手として放射線医学教室にとど まり、放射線物理療法の研究に取り組む。1933年(昭和8年)2月1日 - 幹部候補生として広島歩兵連隊に入隊し、満州事変に出征する。1934年(昭和9年) 洗礼を受け、カトリックの信徒組織である聖ヴィンセンシオ会に入会(洗礼名:パウロ)。無料診断・無料奉仕活動などを行い、この頃に培った奉仕の精神が、 晩年の行動へと結びついて行く。1945年(昭和20年) 長崎市に原子爆弾が投下。爆心地から700メートルの距離にある長崎医大の診察室にて被爆。右側頭動脈切断という重傷を負うも、布を頭に巻くのみで救護活 動にあたった。1946年(昭和21年) 長崎医科大学教授に就任するが、同年7月に長崎駅近くで倒れる。以来、病床に伏すこととなる。崎医学会にて「原子病と原子医学」をテーマに研究発表を行 う。1948年(昭和23年) 荒野となった浦上の地に花を咲かせようと、桜の苗木1000本を浦上天主堂をはじめとする各所に寄贈。これらの桜は「永井千本桜」と呼ばれた。1949年 (昭和24年) 長崎医科大学教授を退官。1951年(昭和26年)長崎大学付属病院に緊急入院。21時50分、逝去。享年43歳。

この句は厳密に言うと辞世の句ではありません。1945年(昭和20年)頃に一時昏睡状態になった時に詠まれたものですが、死を覚悟した句ということで載せました。永井隆は、助教授をつとめる長崎医科大学付属病院で被爆し、自らも重い傷を負ったその直後から、負傷者の救護や原爆障害の研究に献身的に取り組みました。原爆後遺症による白血病で病床に伏しながら、研究や執筆活動をしていたそうです。カトリック教徒でもあった永井隆は、原爆投下を「神の御摂理」と解釈し、さらに、原爆死没者を「汚れなき小羊の燔祭(ホロコースト)」、生き残った被爆者は「神が与えた試練であり、神に感謝」すべきと説いていたことが、元長崎大学教育学部教授高橋眞司が提起した浦上燔祭説の中で論評されています。句の方は長崎の原子爆弾を詠んだものでしょう。放射線医学の研究をしていただけに、核兵器の廃絶の気持ちは強かったのでしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/202-cefa829b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。