09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

死にとうて死ぬにはあらねど 御年には御不足なしと人の言ふらん

平沢常福の辞世の句。平沢常福(ひらさわ つねとみ、1735年5月13日(享保20年閏3月21日) - 1813年6月18日(文化10年5月20日))は、江戸時代中期の出羽国久保田藩の定府藩士で江戸留守居。朋誠堂 喜三二(ほうせいどう きさんじ)の名前で知られる戯作者でもある。通称は平角(平格とも)、字は知足、号は愛洲。隠居号は平荷。なお、朋誠堂 喜三二は黄表紙での名であり、青本では亀山人、笑い話本では道陀桜麻阿(どうだろう まあ)、俳号は雨後庵月成、朝東亭など多くの筆名や号を使い分ける。江戸の武士、西村久義(平六)の三男に生まれ、14歳で母方の縁戚にあたる久保田藩の平沢家の養子になった。天明の頃は秋田藩留守居役筆頭で、120石取りであった。当時の留守居役は、秋田藩の江戸藩邸を取り仕切り、幕府や諸藩との交渉を行う、一種の外交官に相当した。若い頃から「宝暦の色男」と自称して吉原通いを続け(吉原も一種の社交サロンであった)、勤めの余技に手がけた黄表紙のジャンルで多くのヒット作を生んだ。しかし、松平定信の文武奨励策(寛政の改革)を風刺した黄表紙『文武二道万石通』を執筆し天明8年(1788年)に上梓したことから藩主佐竹義和より叱りを受けたらしく、黄表紙からは手を引いた。また、田沼時代は武士・町人の間に「天明狂歌」といわれる狂歌ブームが沸き起こり、数多くの連(サークル)が作られた。喜三二も手柄岡持や楽貧王という名で狂歌の連に参加しており、黄表紙から離れて以降はもっぱら狂歌作りに没頭した。戒名は法性院月成日明居士。墓は東京都江東区深川三好町の一乗院。子の平沢為八や孫の平沢左膳(初め重蔵)も江戸留守居を勤め、用人にも就任した。

死にたくて死ぬのではないけれど 御年齢に御不足はないと人は言うだろう

平沢常福は大田南畝らと同じく武士に生まれながら、黄表紙や狂歌を作った趣味人でした。この時代の文化人にはこういった人が多く見られます。この人の筆名である朋誠堂喜三二の戯号は「干せど気散じ」で武士の高楊枝をきかせています。平沢常福は早熟の才をみせ、幼時から芝居を好み、乱舞、鼓を習いました。非常に多才な人で俳諧は馬場存義、その後2代目亀成について学びました。この辞世の歌は狂歌ですが、これが死に対するこの人の本音でしょう。趣味人として生きて長生きもできたのですから、まずまずの人生だったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 1 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/228-4f3ccb05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【今日の辞世の句】

死にとうて死ぬにはあらねど 御年には御不足なしと人の言ふらん平沢常福の辞世の句。平沢常福(ひらさわ つねとみ、1735年5月13日(享保20年閏3月21日) - 1813年6月18日(文化10年5月20日))は、江戸時代中期の出羽国久保田藩の定府藩士で江戸留守居。朋誠堂 喜三二(?...

まとめwoネタ速neo | 2012/06/08 01:15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。