07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

葬式の類は一切無用のこと。弔問、供物の類はすべて固辞すること。
生者は死者のためにわずらわさるべきにあらず。

梅原龍三郎の遺言の一節。梅原龍三郎は、日本の洋画家。京都府京都市下京区生まれ。1914年(大正3年)までは名を良三郎と名乗る。画風は華やか な色と豪快なタッチが特徴とされ、自由奔放と評される。第二次世界大戦前から昭和の末期まで長年にわたって日本洋画界の重鎮として君臨した。京都府京都市下京区に生まれる。生家は染物問屋であった。京都府立第二中学校(現在の京都府立鳥羽高等学校)を中退し、伊藤快彦の画塾・鍾美会で学んだ後、浅井忠が主催する聖護院洋画研究所(現在の関西美術院)に入る。同時期に安井曾太郎も学んでいた。1908年(明治41年)に田中喜作(後に美術史家となる)と共にフランスに留学。パリに滞在しアカデミー・ジュリアンに通った。1909年(明治42年)にピエール・オーギュスト・ルノワールの指導を受ける機会を得た。知人の有島生馬を通じて、1910年(明治43年)にはルノワールについてや、パリの芸術について、雑誌『白樺』に寄稿している。1913年(大正2年)に帰国し、東京神田で個展「梅原良三郎油絵展覧会」を白樺社の主催で開催。この際に白樺社同人の武者小路実篤、志賀直哉、柳宗悦との知遇を得た。1914年(大正3年)二科会の設立に関わる。同年、洋画家・亀岡崇の妹艶子と結婚。15年長女紅良(嶋田紅良)、18年長男梅原成四が生まれた。1920年(大正9年)に再び渡仏するが、前年に死去したルノワールの弔問のためでもあったという。1922年(大正11年)に春陽会の設立に参加。その後、春陽会を去り、1925年(大正14年)に土田麦僊の招きで国画創作協会に合流し、国画創作協会洋画部(第2部と称した)を設置した。1928年(昭和3年)に国画創作協会が解散した際に、洋画部が独立し「国画会」となった。1935年(昭和10年)に帝国美術院会員となる。37年これが拡充された帝国芸術院(現日本芸術院)会員となる。1944年(昭和19年)には帝室技芸員、東京美術学校(現:東京芸術大学)教授となる。1952年(昭和27年)に東京芸術大学教授を辞任し、渡欧しヴェネツィア・ビエンナーレの国際審査員を務めた。同年文化勲章受章。1953年(昭和28年)に軽井沢にアトリエを設けた。1957年(昭和32年)に日本芸術院会員を辞任。様々な役職を辞した後は渡欧を繰り返し、自由な立場から制作に励んだ。少年時代より良きライバルであった安井曽太郎とともに洋画界の頂点を極め、「日本洋画壇の双璧」と称された。ヨーロッパで学んだ油彩画に、桃山美術や琳派、南画といった日本の伝統的な美術を自由に取り入れ、絢爛たる色彩と豪放なタッチが織り成す装飾的な世界を展開した。最期は 1986年1月16日肺炎による心不全のため東京の慶応病院で死去。享年97歳。

梅原龍三郎はルノワールの弟子だった人です。ルノワールは元々は印象派の画家だったので、梅原が日本人だったのは好感を受けたのかもしれません。梅原龍三郎のまるでクレヨンで描いたような、強烈な色彩は一度見てみる価値があると思います。梅原龍三郎は自然を愛し、多くの山を描いた画家でした。1934年に鹿児島に行き桜島を描き、1940年まで桜島のほか霧島などの風景を描いています。戦時中は伊豆で富士山などを描いており、戦後になってからは軽井沢の風景を好み、浅間山をよく描きました。梅原龍三郎は美食家としても有名で、「美食会」なるものを開いて知人にご馳走したりもしていました。同じく美食家で知られる芥川龍之介は梅原龍三郎の滞欧期の作品を見て「梅原という人はどんなものを食べているのだろう」と言ったそうです。最期の言葉は、後に残される人達を思ってのことでしょう。彼自身 さっぱりした性格だったことをよく現していると思います。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/266-df211c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。