07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Guardatemi dai topi or che son unto.

Now I’m oiled. Keep me from the rats.

私は今油を注がれています。ネズミから私を遠ざけてください。

ピエトロ・アレティーノの最期の言葉。ピエトロ・アレティーノはルネサンス期イタリアの作家、詩人。「ティータ Tita」と呼ばれた美しい遊女で何人もの芸術家のモデルとなった女性を母として、アレッツォの孤児院で生まれる。保護者も友人もなくお祈りができるくらいの教育しか受けなかった。13歳の時に母親から金を盗んでペルージャに逃げ、ある製本屋の部屋を借りて住む。19歳の時にローマの富裕な商人アゴスティーノ・キージに下男として雇われ、ついで後の教皇ユリウス3世であるサン・ジョバンニ枢機卿の召使いとなる。その屋敷を出てロンバルディア地方を放浪しつつ放蕩生活をおくった末に、ラヴェンナでフランチェスコ派の托鉢僧になりすます。レオ10世が教皇となるとその取り巻きの芸人となることを目指してローマへ赴き、小姓となる。教皇の推薦状を元にミラノ・ピサ・ボローニャ・フェラーラ・マントヴァを渡り歩き、文学者としてエステ家とゴンツァーガ家を後ろ盾とするまでになる。1524年に「教皇クレメンス7世への讃歌 Laude di Clemente VII」という詩を書き、初めての年金を与えられた。ヴェネツィアを根拠地として、全イタリアの著名人を誹謗中傷で攻撃するか、大げさに褒め称える詩や書翰を発表することでその富と名声を築きあげる。庇護者としてジョバンニ・ディ・メディチ、フランソワ1世、神聖ローマ皇帝カール5世を数えることができ、教皇ユリウス3世によりサン・ピエトロの騎士に任命され、年金だけでも820スクードを受け取る資産家であり、一生涯に使ったお金は10万フランをこえるといわれる。アリオストにより「王侯の懲らしめの鞭、神のごとき」と形容されたアレティーノは敵も多く、何度も殺されかけたが、最期は自宅で卒中で倒れたとも笑いすぎて死んだともされている。文筆家としてのアレティーノは厚顔無恥で卑劣であると非難され続けていたが、彼は自分の書いたものには必ず署名をし、無条件に公開した。このような態度をさして、歴史家のブルクハルトはアレティーノを「ジャーナリズムの元祖」と評する。当時からそのポルノグラフィックな内容と表現の放埒さで悪評高かった代表作『気まぐれなおしゃべり I capricciosi ragionamenti』は、現在では邦訳がある。

ピエトロ・アレティーノについて語るのなら、『イ・モーディ』についても紹介しておきましょう。『イ・モーディ』は銅版画家のマルカントニオ・ライモンディ によって制作された16枚の性交体位図の版画であり、アレティーノは銅版画を解説するための16篇の露骨なソネット『ソネッティ・ルッスリオーシ・ディ・ピエトロ・アレティーノ』を書きましたが、歴代の教皇が再三すべての複写品を押収したため、大英博物館にあるわずかな数の断片を除き、残存し得たオリジナルの版はありません。アレティーノはルネサンス期を代表するイタリアの作家ですが、有名人を風刺して口止め料を稼いだり、持ち上げては贈り物を得たりと、破天荒かつ反権威的な人生を送った人でした。最期の言葉についてですが、僕はイタリア語が読めないので、英訳を探してきましたが、何を言っているのかよく分かりません。油というのは聖油のことでしょうか? またイタリア語の原文の方を翻訳サイトにかけるとさらにわけの分からない言葉になります。どなたかイタリア語のわかる方がいましたら教えていただけるとありがたいです。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/317-91a3929c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。