FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

I don't feel good.

気分が良くない。

ルーサー・バーバンクの最期の言葉。ルーサー・バーバンクはアメリカの植物学者・園芸家・育種家。多くの植物の品種改良を行った。バーバンクによって作り出された植物の品種のうち代表的なものは、シャスタ・デイジー、とげのないサボテン、バーバンク種のジャガイモなどである。マサチューセッツ州のランカスター生まれ。15人兄弟の13番目で、小学校程度の教育しか受けなかったが、農場で育ち、母親の持っていた広い庭で植物に親しんだ。21歳のときに父親が亡くなり、遺産でマサチューセッツ州ルーネンバーグ付近に69,000 m²ほどの土地を購入。1872年から1874年にかけて、Burbank potatoと呼ばれるジャガイモの品種を作り出した。彼はこのジャガイモの権利を売り、その金でカリフォルニア州ソノマ郡サンタローザへ移り、さらに広大な農園や温室などを建設し、多数の野菜や果樹の交配や育種を行った。バーバンク種のジャガイモのうち、表面が赤茶色になった「Russet Burbank potato」は現在でもアメリカで最も栽培される品種であり、アイダホ州が主産地になっている。

ルーサー・バーバンクについて知っている人はあまりいないでしょうが、アメリカではエジソン、ヘンリー・フォードと並んでアメリカ合衆国の3大発明家と称された時期もあるほど有名な人です。バーバンクはあらゆる植物を育成し、その品種数は3000にも及ぶと言われています。特に有名なのはバーバンク種のジャガイモですが、このジャガイモは大飢饉で人口が激減したアイルランドを復興させる品種となりました。彼の品種改良への情熱は止まることを知らず、果てはトゲなしの食用サボテンまで育成しました。バーバンクは1926年に77歳の時に心臓発作で亡くなりました。ジャガイモを食べる時は彼に感謝しましょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/320-c5b97ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。