07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

No, it is better not. She will only ask me to take a message to Albert.

いいえ、それは良くありません。彼女はアルバートへのメッセージ聞くために私を尋ねてきます。

ベンジャミン・ディズレーリの最期の言葉。ベンジャミン・ディズレーリはイギリスのヴィクトリア朝期の政治家。首相(在任:1868年、1874年 - 1880年)。宿敵ウィリアム・グラッドストンと共にヴィクトリア期のイギリス政党政治を牽引した。また、小説家としても活躍した。ちなみに、現在に至るまでイギリス首相となったユダヤ人はディズレーリのみである。愛称はDizzy。1876年に連合王国貴族として伯爵を授けられ、ビーコンズフィールド伯となった。ディズレーリの死後、伯爵位の継承者はなく廃絶した。イタリア系セファルディム・ユダヤ人の文人・歴史家アイザック・ディズレーリ(Isaac D'Israeli)の長男として誕生。13歳の時に洗礼を受け、キリスト教徒となる。17歳の時、弁護士事務所での勤務を始めるが、程なくして退職。以後、株式投資や新聞事業に手を出して失敗を続けたが、1826年に発表した小説『ヴィヴィアン・グレイ(Vivian Grey)』が大きな反響を呼んだ。これをきっかけに、彼は小説家としての地歩を固めた。1832年以来4度の選挙に出馬するが、いずれも落選した。 1837年に保守党(トーリー党)から議会に選出される。保守党ダービー内閣で3度蔵相を務め、その後首相を2度務めている。著名な事績としては、2度目の首相在任中に行った1875年にはスエズ運河(国際スエズ運河会社)の買収がある(株式の44%、17万株を取得)。なおこの買収に際して、英国政府はユダヤ人の大資本家ロスチャイルドから借金をしている。1878年のベルリン会議では、ビスマルクの事実上の協力もあり、ロシアの南下政策を阻止することに成功した。なお当時のイギリスでは大英国主義と小英国主義の2つの考え方があったが、ディズレーリは大英国主義を主張した。小英国主義を主張した首相としては、彼の前後に在任した自由党のグラッドストンがいる。1880年にアフガニスタンでアフガン戦争が、また南アフリカで第1次ボーア戦争が勃発した。この相次ぐ反乱・戦争でイギリスは苦戦を強いられた。これによりディズレーリは求心力を失い、同年に行われた総選挙で敗北を喫し、責任を取って辞職。 1881年に病死した。

ディズレーリはヴィクトリア女王との信頼関係が、政権長期化に結びついたといわれ、女王はことあるごとに、自ら庭先で摘み取った桜草をディズレーリに贈りました。首相は「他の何よりも勝る贈り物」として喜々と受け取るという次第で、二人の仲は恋仲と誤解されんばかりであったそうです。サクラソウのエピソードから、ディズレーリの命日は「桜草忌(Primrose Day)」と呼ばれ、ディズレーリの死後に結成された保守党の党員団体は桜草連盟(Primrose League)と称されています。ディズレーリの外交の最大の業績は1878年のベルリン会議でしょう。露土戦争の結果起こった国際紛争解決のために、ドイツのビスマルクが主催したベルリン会議にて、イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア・ハンガリー帝国、ロシア、イタリア、オスマン帝国の7か国が参加し、バルカン半島の新独立国の領域が決定されました。ビスマルクは"誠実な仲介人"を自称し中立を宣言していたが、終始イギリスを支持しロシアの得た利益は否定され、キプロス島に関しては英土二国間の条約を別途に締結し、イギリスは同島をオスマン帝国から租借することになりました。これは、ロシアからの攻撃があった際にはイギリスがオスマン帝国を援助することを約束したことに対する見返りであり、イギリスはこれにより、東地中海における拠点を確保し、エジプトへの海上ルートをより強固なものとした。ディズレーリは数々の名言を残していますが、「人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。そうすれば、相手は、何時間でもこちらの話を聞いてくれる」などはとくに有名でしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/325-c33f7692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。