09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

あはれとも問ふひとならでとふべきか 嵯峨野ふみわけておくの古寺

熊谷直之の辞世の句。熊谷直之は、戦国時代から安土桃山時代の武将。別名直澄。官途は従五位下、大膳亮。通称は伝左衛門。若狭国守護であった武田氏の家臣で、若狭国井崎城(大倉見城)城主。元亀元年(1570年)朝倉攻めに参陣するなど、後には織田信長に臣従した。本能寺の変の後豊臣秀吉に仕え、その後は関白豊臣秀次に配された。秀次事件に連座し、京都嵯峨の二尊院で自害した。

しみじみとした思いとも尋ねる人ではなくて訪れるべきか 嵯峨野の奥の古寺に

熊谷直之は有名な武将ではありませんが、秀次事件に連座して自害した不運の人でした。秀次は文禄2年(1593年)に秀吉に実子・秀頼が生まれると、秀吉から次第に疎まれ文禄4年(1595年)7月8日、秀吉の命令で高野山に追放され出家しましたが、謀反の疑いをかけられ同年7月15日に切腹を命じられ青巌寺・柳の間にて自害しました。秀次事件は秀吉の実子である秀頼の後継を確実なものとし、秀次の子孫を根絶やしにして直系継承を守るたになされたとされていますが、一度出家した者に切腹を要求する事自体が当時としても考えられないことでした。また切腹を受け入れたにもかかわらず首を晒し一族郎党を処刑したことも、悪逆無道という誹りを免れないでしょう。熊谷直之の最期の地となった嵯峨野は、京都府京都市右京区の太秦・宇多野の西にあり、貴族・文人などによる山荘・寺院が多くある土地です。辞世の歌には誰も来る人のない嵯峨野の奥で、一人自害する無念の想いが滲んでいるように思います。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/374-37668e17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。