07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Encore un moment, monsieur le bourreau, un petit moment

One more moment, Mr. Executioner, I beg you!

ちょっと待ってください、処刑人さん。お願いします!

デュ・バリー夫人の最期の言葉。デュ・バリー夫人はルイ15世の公妾。本名マリ=ジャンヌ・ベキュー。傾国の美女とも、単なる哀れな女性であったとも言われる。ジャンヌはアンヌ・ベキュの私生児としてフランス、シャンパーニュ地方の貧しい家庭に生まれた。弟が生まれてまもなく母は駆け落ちし、叔母に引き取られて育った。ジャンヌが7歳の時、母が金融家と再婚するとパリで義父と暮らすことになる。ジャンヌは義父に大層かわいがられ、まともな教育を受けさせてもらえた。15歳で修道院での教育を終えると、初めはある家の侍女をしていたが、素行上の問題から解雇される。その後、男性遍歴を繰り返し娼婦同然の生活をしていたようだが、1760年にお針子として「ア・ラ・トワレット」という洋裁店で働き始めた。美しいジャンヌは、やがてデュ・バリー子爵に囲われると、貴婦人のような生活と引き換えに、子爵が連れてきた男性とベッドを共にした。家柄のよい貴族や学者、アカデミー・フランセーズ会員などがジャンヌの相手となり、その時に社交界でも通用するような話術や立ち振る舞いを会得したと推測される。1769年にルイ15世に紹介された。5年前にポンパドゥール夫人を亡くしていたルイ15世は、ジャンヌの虜になって彼女を公妾にすることに決める。デュ・バリー子爵の弟と結婚してデュ・バリー夫人と名を変えたマリ・ジャンヌは、型どおりの手続きを終えて、正式にルイ15世の公妾になり、社交界にデビューした。フランス宮廷に入ったデュ・バリー夫人は、その頃オーストリアからフランス王太子ルイ=オーギュスト(後のルイ16世)に嫁いでいたマリー・アントワネットと対立した。マリー・アントワネットは、娼婦や愛妾が嫌いな母マリア・テレジアの影響を受け、デュ・バリー夫人の出自の悪さや存在を徹底的に憎んでいたのである。加えて、かねてデュ・バリー夫人の存在を疎んじていたルイ15世の娘であるアデライード王女、ヴィクトワール王女、ソフィー王女らが、宮廷で最も身分の高い婦人であるマリー・アントワネットを味方につけようと画策したことが、この対立を一層深めた。しかし、デュ・バリー夫人は朗らかで愛嬌がある親しみやすい性格で、宮廷の貴族たちからは好かれていたという。1789年にフランス革命が勃発し、愛人だったパリ軍の司令官ド・ブリサック元帥が虐殺された後、1791年の1月にイギリスに逃れ、亡命貴族たちの援助をおこなった。1793年3月に帰国したところを革命派に捕らえられ、12月7日にギロチン台に送られた。この時の死刑執行人のサンソンは、彼女とは知己で、彼女は泣いて彼に命乞いをした。サンソンはこれに耐えきれず、息子に刑の執行をさせ、結局デュ・バリー夫人は処刑された。なぜ彼女が帰国したのか真相は定かでないが、革命政府によって差し押さえられた自分の城にしまっておいた宝石を取り返すのが目的だったという説がある。

もしシンデレラが嫁いだ国で革命が起こったらどうなっていたのか? その答えがデュ・バリー夫人の生涯でした。彼女はお針子から国王の公妾となるという、当時考えられる限り究極のシンデレラストーリーを手に入れたのに、最後は処刑されるという悲運に見舞われました。確かに彼女はルイ15世の公妾として優雅な生活を送りましたが、政治的な野心もなく愛嬌がある親しみやすい性格の人であり、また浪費家としては同じくルイ15世の公妾であった、ポンパドゥール夫人の方がはるかに上でした。女流画家のルブラン夫人の回顧録によると、革命裁判所で死刑を宣告され、命を落とした多くの女性たちの中で、断頭台を直視できなかったのは、デュ・バリー夫人だけだったそうです。彼女は泣き叫び、知り合いであった処刑人のサンソンに助命を願いましたが、聞き入れられるはずもなく断頭台にかけられました。ルブラン夫人は、「私が確信したのは、もしこの凄まじい時期の犠牲者たちがあれ程までに誇り高くなかったならば、あんなに敢然と死に立ち向かわなかったならば、恐怖政治はもっとずっと早く終わっていたであろう」と述懐しています。フランス革命後の恐怖政治における一連の処刑は、復讐としての意味合いが強く、革命の指導者たちは裁判と処刑によって、王侯貴族を侮辱し権威を失墜させようとしていました。しかし貴族たちが案外に反抗的であり、誇り高く死んでいったために、彼らの怒りと粛清の厳しさの度合いはどんどんエスカレートしていき、やがては革命の理念そのものが崩壊していくという皮肉な結果となりました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/384-fa2bc50e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。