09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

バカヤロ-

岸田劉生の最期の言葉。岸田劉生は大正~昭和初期の洋画家。父親はジャーナリストの岸田吟香。1891年(明治24年)、明治の先覚者、岸田吟香の子として東京銀座に生まれる。弟はのちに浅草オペラで活躍し宝塚歌劇団の劇作家になる岸田辰彌。東京高師附属中学中退後の1908年(明治41年)、東京の赤坂溜池にあった白馬会葵橋洋画研究所に入り黒田清輝に師事した。1910年(明治43年)文展に2点の作品が入選している。1911年(明治44年)『白樺』主催の美術展がきっかけでバーナード・リーチと知り合い、柳宗悦・武者小路実篤ら『白樺』周辺の文化人とも知り合うようになった。劉生自身生前は『初期肉筆浮世絵』、『図画教育論』や、没後に出された随筆『美の本体』(河出書房)、『演劇美論』(刀江書院)など、多くの文章を残し、これらは『岸田劉生全集』(全10巻、岩波書店、1979年~1980年)にまとめられた。1912年(明治45年)、高村光太郎・萬鉄五郎らとともにヒュウザン会を結成、第1回ヒュウザン会展には14点を出品した。これが画壇への本格的なデビューといえる。(なお、ヒュウザン会展は2回で終了し、1913年(大正2年)の第2回展ではフュウザン会と改称していた)。劉生の初期の作品はポスト印象派、特にセザンヌの影響が強いが、この頃からヨーロッパのルネサンスやバロックの巨匠、特にデューラーの影響が顕著な写実的作風に移っていく。1915年(大正4年)、現代の美術社主催第1回美術展(第2回展以降の名称は「草土社展」)に出品する。草土社のメンバーは木村荘八・清宮彬・中川一政・椿貞雄・高須光治・河野通勢らであった。草土社は1922年(大正11年)までに9回の展覧会を開き、劉生はそのすべてに出品している。大正4年に描かれ、翌年の第2回草土社展に出品された『切通しの写生(道路と土手と塀)』は劉生の風景画の代表作の一つである。1917年(大正6年)、結核を疑われ、友人武者小路実篤の住んでいた神奈川県藤沢町鵠沼の貸別荘に転地療養の目的で居住(結核は誤診だといわれる。庭に土俵を設け、来客と相撲に興じた)。1918年(大正7年)頃から娘の岸田麗子(1914年~1962年)の肖像を描くようになる。1920年(大正9年)、30歳になったことを期に日記をつけはじめ、『全集』の一部や『劉生日記』(全5巻、岩波書店、1984年)にまとめられている。没するまでの幅広い交友関係が窺われる。劉生を慕って草土社の椿貞雄や横堀角次郎も鵠沼に住むようになり、中川一政らのように岸田家の食客となる若者もいた。1923年(大正12年)、関東大震災で自宅が倒壊し、京都に転居し後に鎌倉に居住。この鵠沼時代がいわば岸田劉生の最盛期であった。劉生の京都移住に伴い、草土社は自然解散の形になったが、劉生を含めメンバーの多くは春陽会に活動の場を移した。1929年(昭和4年)、南満州鉄道(満鉄)の招きで生涯ただ一度の海外旅行に出かけ、大連・奉天・ハルビンなどに滞在する。帰国直後、滞在先の山口県徳山(現・周南市)で尿毒症のため死去する。38歳の若さであった。墓所は多磨霊園にある。

岸田劉生は日本芸術家ワガママ列伝にその名を残す、天才洋画家です。彼は生粋の江戸っ子で喧嘩っ早く、とんでもない癇癪の持ち主であり、気に入らないことがあると当り散らすことで有名な人でした。武者小路実篤の著作の『思い出の人々』には、初めて出会った時から誰かに憤慨していた様子が記されています。また志賀直哉とも仲が悪く、志賀がお辞儀をして挨拶しても無視していたため、志賀のほうから岸田を避けるようになりました。洋画家・木村荘八と連れだって、同じくヒュウザン会の設立者である、斎藤与里に「ぶっつぶしてやる!」と殴りこみに出かけたことさえあります。岸田劉生は家族・知人を次々とモデルにして、大量の肖像画を描いたため、彼の肖像画制作は「岸田の首狩り」と呼ばれました。当時から潔癖症で知られており、汚物が腕に付着したことがあった時には「腕を切り落とせ」と言い張り、周囲を困惑させたこともありました。と同時に彼は精巧なうんこの模型をこしらえては、来客の履物の上やトイレの便器の横において、娘の麗子とともにキャッキャと楽しんでいたそうです。晩年までパリに行くことが願望でありましたが、「パリに行った暁には、フランスの画家に絵を教えてやる」などと豪語しています。このようなエピソードには事欠かない岸田劉生ですが、彼が日本近代美術史を代表する屈指の天才画家であったことは疑いのないことでしょう。彼の作品の中では麗子像が一番有名ですが、麗子に限らず彼のいくつかの肖像画は見てると怖いです。これは宋元絵画や初期肉筆浮世絵、または南画などの東洋画からの影響で、彼はこの独特のグロテスクさを「デロリ」と呼びました。劉生曰く「デロリ」とは「氣味惡い程生きものの感じを持つた、東洋人獨特のぬるりとした顏の描寫」なのだそうです。劉生の最期は慢性腎臓炎により視力障害を起こし、彼は「暗い」「目が見えない」と叫び、以後頻に「バカヤロ-」を繰り返した後、吐血して亡くなりました。非常に彼らしい最期の言葉だと思います。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/411-a6e9170f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。