FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

われらたのしくここにねむる。離ればなれに生まれ、めぐりあい、
短き時を愛に生きしふたり、悲しく別れたれどここにまた心となりて、とこしえに寄り添いねむる。

西條八十の墓碑銘。西條八十は日本の詩人、作詞家、仏文学者。親戚に外交官の石井菊次郎、久保田貫一郎がいる。長男の西條八束は陸水学者。長女の三井ふたばこ(西條嫩子)も詩人。漢字表記は旧字体の西條が正しいが、現在では新字体の西条も多く見られる。東京府出身。1898年(明治31年)、桜井尋常小学校に入学。松井喜一校長に影響を受ける。旧制早稲田中学(現早稲田中学校・高等学校)在学中に吉江喬松と出会い生涯の師と仰ぐ。吉江に箱根の修学旅行で文学で身を立てたいと打ち明け、激励を受ける。中学時代に英国人女性から英語を学んだ。正則英語学校(現在の正則学園高等学校)にも通い、早稲田大学文学部英文科卒業。早稲田大学在学中に日夏耿之介らと同人誌『聖盃』(のち『仮面』と改題)を刊行。三木露風の『未来』にも同人として参加し、1919年(大正 8年)に自費出版した第一詩集『砂金』で象徴詩人としての地位を確立した。後にフランスへ留学しソルボンヌ大学でポール・ヴァレリーらと交遊、帰国後早大仏文学科教授。戦後は日本音楽著作権協会会長を務めた。1962年、日本芸術院会員。象徴詩の詩人としてだけではなく、歌謡曲の作詞家としても活躍し、佐藤千夜子が歌ったモダン東京の戯画ともいうべき『東京行進曲』、戦後の民主化の息吹を伝え藤山一郎の躍動感溢れる歌声でヒットした『青い山脈』、中国の異国情緒豊かな美しいメロディー『蘇州夜曲』、古賀政男の故郷風景ともいえる『誰か故郷を想わざる』『ゲイシャ・ワルツ』、村田英雄の男の演歌、船村メロディーの傑作『王将』など無数のヒットを放った。また、児童文芸誌『赤い鳥』などに多くの童謡を発表し、北原白秋と並んで大正期を代表する童謡詩人と称された。薄幸の童謡詩人・金子みすゞを最初に見出した人でもある。

西條八十という名前は筆名ではなく本名です。。八十の両親は、苦しいことがないようにと、「苦」に通じる「九」を抜いた「八」と「十」を用いて命名しました。八十の代表作は「東京行進曲」 「青い山脈」 「誰か故郷を想わざる」です。八十は戦時中は軍歌の作詞をしていましたが、戦後になってからは多くの歌謡曲の作詞を行い、八十が作詞した曲は映画の主題歌や流行歌となりました。特に石坂洋次郎の小説原作の映画『青い山脈』は、最も名高い1949年の今井正監督作品を含めて実に五回作られましたが、その主題歌は五回とも『青い山脈』から変更されませんでした。今の若い人でも知っている八十作詞の曲としては、「母さん お肩をたたきましょう」のフレーズで有名な童謡『肩たたき』でしょう。その他では大阪が生んだ稀代の天才棋士阪田三吉を歌った、『王将』も有名です。この曲は村田英雄が歌い、当時売り上げが150万枚を超える爆発的なヒット曲となりました。八十夫妻の墓は東京都立八柱霊園にありますが、その墓碑銘は夫婦の仲の睦まじさを示すものとなっています。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/413-bd8447a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)