09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Mon Dieu, mon Dieu, ayez pitié de mon âme et de ce pauvre peuple.

My Lord, my Lord, have pity upon my soul and these poor people.

わが神よ、わが神よ、わが魂と愚か者たちにお慈悲を。

ウィレム1世の最後の言葉。ウィレム1世(Willem I, 1533年4月24日 - 1584年7月10日)は、オラニエ公。八十年戦争勃発時の中心人物で、オランダ独立国家(ネーデルラント連邦共和国)の事実上の初代君主。ホラント州、ゼーラント州他の総督(在位:1572年 - 1584年)。「沈黙公」と呼ばれる。1533年、ウィレムはドイツ中西部に位置するナッサウのディレンブルクで、ナッサウ=ディレンブルク伯ヴィルヘルムとその妻ユリアーナ・ツー・シュトルベルクの間の長男として生まれた。1544年、11歳の時に従兄のルネ・ド・シャロンが戦死したが、ウィレムはその相続人に指名されていた。そのため、ルネが父(ヴィルヘルムの兄)ナッサウ=ブレダ伯ヘンドリック3世から相続していたネーデルラントの所領と、母方の叔父フィリベール・ド・シャロンから相続していた南フランスのオランジュ(オランダ語でオラニエ)公国をともに相続して、オラニエ公ウィレム1世となる。以後ウィレムの家系はオラニエ=ナッサウ家と呼ばれる。ナッサウの所領は父から弟ヨハン6世に相続された。オランジュ公は代々ブルゴーニュ公に仕えており、ルネ・ド・シャロンもブルゴーニュ公でありネーデルラント17州の君主であった神聖ローマ皇帝カール5世に従ってイタリア戦争の最中に命を落とした。ドイツの小領主の嫡男から一転して大貴族の当主となったウィレムは、父の元を離れてネーデルラントへ送られ、カール5世やその妹であるネーデルラント総督マリアの監督の下で大貴族にふさわしい教育を受けた。ウィレムはカール5世に将来を嘱望され、少年時代には侍従として仕え、長じてはネーデルラント軍の副司令官に任じられた。1555年のブリュッセルでのブルゴーニュ公退位の式典でも、杖をついて歩くカールの腕を支える役目をしている。1566年、フランドルで反カトリック暴動が発生し、その反乱はネーデルラント各地へと広まり、まだプロテスタントが浸透していない北部にまで暴動は拡大した。フェリペ2世は事態の収拾を図るため、アルバ公を1万ほどの軍勢とともに派遣した。ネーデルラント貴族はこの暴動の責任を問われ、エフモント伯ラモラール、ホールン伯フィリップを含む有力貴族20人余りが処刑された。この際、オラニエ公ウィレムはドイツに逃れており無事だったが、領地、財産の多くが没収された。1568年4月、ドイツに逃れていたウィレムは、軍を率いてオランダ北部と中部から一斉に進攻するが、5月23日ハイリハレーの戦いに勝利したものの、結局は失敗に終わった。軍勢を整えて再起を図ったウィレムは、弟のローデウェイク(ルートヴィヒ)、アドルフらとともにスペイン軍に戦いを挑むが敗北し、今度はフランスに逃れ、ユグノーに合流した。そして「海乞食(ワーテルヘーゼン)」と呼ばれる海賊軍団(ゼーゴイセン)を組織し、低地地方の沿岸を無差別に略奪を繰り返しながら、徐々に勢力を回復した。1572年4月1日海乞食はブリーレの占拠に偶然にも成功し、やがて港湾都市を少しずつ制圧していった。同年7月ホラント州は反乱側に転じ、ウィレムを州総督に迎えることとした。ホラント・ゼーラント2州に海乞食が足場を整えると、改革派が続々と流入し、徐々に主導権を握るようになった。1572年にはホラント州、ゼーラント州の総督となり、反スペイン勢力の中心となる。これを受けて、スペインの迫害を受けていたプロテスタントの多くがこれらの州へ流入するようになった。1573年2月にはホラント州でカトリックの礼拝が禁じられた。ウィレムは、1577年にユトレヒト州、1578年にはアムステルダムを自らの陣営に加え、1579年にユトレヒト同盟を結成、反スペイン陣営をまとめあげる。間もなくアントウェルペンなどの主要都市も合流、1580年には残りの北部4州も合流した。一方で、ユトレヒト同盟の成立とほぼ同時期に、ネーデルラント南部の諸州はアラス同盟を結成し、フェリペ2世に対して協調的な姿勢をとった。1581年、北部諸州は連邦議会においてフェリペ2世の統治権を否定した。教科書的な記述ではこれを「オランダ独立宣言」と表現する場合が多いが、実際には「独立宣言」は存在しない。また、「独立宣言」によりネーデルラント連邦「共和国」が成立したとされるが、北部諸州はその前年にフランス国王アンリ3世の弟アンジュー公フランソワを新たな君主として招く決定をしているため、共和政への強い志向があったわけではない。君主就任を要請したアンジュー公はカトリック教徒である。従って、この戦争を単なる宗教戦争として捉えることもできない。スペインとの戦いが続く中、1584年7月10日、ウィレムはデルフトの彼の居館プリンセンホフで、フェリペ2世を信奉するフランス人のカトリック教徒バルタザール・ジェラールによって暗殺された。昼食を取るために2階の書斎から1階へ下りようとしたウィレムは、突然現れた暗殺者から3発の銃弾を浴びせられ、「神よ、わが魂と愚か者たちにお慈悲を」との言葉を残して倒れたと伝えられている。プリンセンホフの階段の壁にはその時の弾痕が今も残されている。次男マウリッツが後継者として1585年にホラント州、ゼーラント州の総督に就任する。その後、1597年までに再び北部7州をまとめ上げ、対スペイン戦争を継続していった。

神聖ローマ帝国のカール5世と、その息子のスペイン王フェリペ2世は、悪名高き異端審問を推進しました。1521年のオランダ人への勅令でカール5世は「(ルター)の弟子と改宗者はすべて死刑に処され、彼らの財産はすべて没収されるべきである」としました。家庭における宗教的崇拝のための集まりや聖書朗読、宗教上の論争点を討論することなどが禁止され、逆らう者は男女ともに殺せ、という命令が出されます。カールの40年にわたる支配の間に、5万から10万のオランダ人が異端審問で殺されました。このような中で、『オランダ独立の父』ウィレム1世は宗教について非常に寛容な態度を示しました。1959年にウィレムは、フランスの王アンリ2世から、スペイン王フェリペがオランダとフランスのプロテスタント信者を、全て皆殺しにする計画を立てていることを聞きました。アンリは若いウィレムも、自分と同じ熱心なカトリック教徒だと思い込んでいました。確かにウィレムはカトリックを奉じていましたが、プロテスタントの友人も多数いたウィレムは、その謀略を聞いて愕然としますが、それでもウィレムは驚きを隠し、表向きはカトリックの支持者としての態度を貫きました。このことからウィレムは後に『沈黙公』と呼ばれることになりました。ウィレムはそお計画の自分の役割に関して明確な指令を受けましたが、彼は帰国後直ちに、スペイン軍の撤退を願うよう国民感情をあおり、虐殺計画を阻止するためにあらゆる手段を講じました。ウィレムは「人間より神に従う方が大切だと思っていた」と後に語っています。ウィレムはその後反スペイン勢力の中心となり、プロテスタントに改宗しました。そのため、ウィレムの首に莫大な賞金をかけられ、1584年に凶弾に倒れ,51歳でその生涯を閉じました。ウィレムの始めたオランダ独立戦争は、ウィレムの非業の死の後も続き、80年もの長い戦いの末、ついにオランダは完全独立を果たしました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/440-294d24ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。