09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Well, now I must go to meet God and try to explain all those men I killed at Alamein.

さて、これから私は神に会い、かつて私がアラメインで殺した全ての人についての説明をしなくてはならないな。

バーナード・モントゴメリーの最期の言葉。バーナード・モントゴメリー(1887年11月17日 - 1976年3月24日)はイギリスの陸軍軍人。モンティ(Monty)の愛称で呼ばれた。モントゴメリーは1887年にロンドンでアングロ系アイルランド人の英国国教会牧師の息子として生まれた。ロンドンのセント・ポールズ・スクールを卒業後にサンドハースト王立陸軍士官学校に入学し、1908年に同校を卒業しロイヤル・ウォリックシャー連隊に歩兵少尉として任官した。第一次世界大戦前はインドで勤務し、大戦勃発後はフランス、ベルギーで従軍。1914年10月に負傷し帰国、療養する。1916年に戦線復帰し1918年には第47ロンドン師団の参謀将校として後方勤務となる。大戦終了後は軍に残り、1926年にはキャンバレーで教官となる。1938年10月には陸軍少将に昇任、パレスチナに赴任、続いてトランスヨルダンに赴任する。第二次世界大戦が勃発すると、彼は第3師団の指揮官としてフランスに赴任する。だが、ナチス・ドイツのフランス侵攻でフランス軍は大敗、イギリス海外派遣軍(BEF)はダンケルクから撤退することとなり、この間に第2軍団指揮官に昇進。同軍団の撤退を指揮することとなり、1940年6月1日に帰国する。7月には第5軍団指揮官、翌1941年4月に第12軍団指揮官、12月には南東軍指揮官となる。1942年8月18日、ウィンストン・チャーチル首相はモントゴメリーをクルード・オーキンレック大将の代わりとして北アフリカ戦線における第8軍の指揮官に任命する。モントゴメリーはエル・アラメインの戦いにおいてエルヴィン・ロンメル指揮下のドイツ・アフリカ軍団を打ち破りエジプトから退却させた。アイゼンハワーの指揮下1943年彼は連合軍のシチリア島進攻(ハスキー作戦)を率いた。この作戦で彼は、第7軍を率いるアメリカ陸軍のジョージ・パットン将軍と個人的な衝突をおこした。シシリー戦役後、モントゴメリーはイタリア本土上陸まで第8軍を指揮した。その後オーバーロード作戦(ノルマンディー上陸作戦)の計画立案のため彼は英国へ呼び戻された。ノルマンディー進攻に先立ってモントゴメリーは、第21軍集団の指揮官となりヨーロッパ戦における連合軍の布陣を指示した。D-デイ後アイゼンハワーがフランスにやってきて連合軍総指揮官となるまで彼は連合軍の地上軍を全て指揮した。ノルマンディー上陸作戦における彼の指揮能力に関しては、彼の立案をあまりにも厳密で想像力に欠けるとした多くの批判者によって非難された。戦争を通してモントゴメリーの激しい性格は、連合軍総司令部にしばしば亀裂を生じさせた。フランス上陸以後には自身に連合軍の陸軍最高指揮官の地位を与えるようにとアイゼンハワーに再三要求しているが、指揮系統が複雑化することを嫌ったアイゼンハワーはこれを拒否している。モントゴメリーとの軋轢に業を煮やしたアイゼンハワーは、彼の提案したマーケット・ガーデン作戦を成功の可能性は低いことを知りながら政治的妥協として認可することになった。この作戦はアルンヘムでの英第1空挺師団の壊滅など完全な失敗に終わった。これらの米軍との再三にわたる衝突とマーケットガーデン作戦の失敗から、戦後になりモントゴメリーの評価は大きな論争の的になった。米軍の将軍と彼らのインタビューを基にしたアメリカの歴史家はモンドゴメリーの能力を低く評価したのに対して、イギリスでは一定の評価がなされることが多い。1945年1月7日、モントゴメリーは記者会見を開きバルジの戦いにおける連合軍の勝利に関する記事へのクレームを行った。これは論争を引き起こし、彼が自らの軍の投入を押しとどめたと感じたアメリカ人達の憤慨を引き起こした。彼は1946年に新設された初代アラメインのモントゴメリー子爵となった。彼は1946年から1948年までドイツ駐留英国陸軍総参謀長を務め、1948年から1951年まで西欧同盟軍最高司令官会議議長、1951年から1958年に退役するまで北大西洋条約機構軍副司令官を務めた。彼が英国陸軍参謀総長時代の機密書類によって、人種的偏見を抱いていたことが1999年に明らかとなった。その当時彼は英国の政策に反する自らの見解を語らないよう強いられ、その指示に従うかを調べるために職員が割り当てられた。彼は1976年にハンプシャー州オールトンの自宅で死去し、同州ビンステッドの聖十字架教会墓地に埋葬された。モントゴメリー・オブ・アラメイン子爵の爵位は息子のデヴィッド(1928年生まれ)が継承している。

エル・アラメインの戦いとは第二次世界大戦の明暗を分けた会戦の一つで、第一次会戦は1942年7月1日から31日、第二次会戦は同年10月23日から11月3日に行われました。ガザラの戦いでトブルク前面の陣地線(ガザラライン)を突破したドイツ軍を迎え撃つため、英軍はエジプト領内奥部のエル・アラメインに最終決戦陣地を敷いていました。エル・アラメインを占領されると北アフリカの主要な軍港は全て陥落した事となり、これにより輸送船による増援が不可能となるだけでなく、さらにエジプトまでもが征服されると、中東の産油地帯だけでなく、同時期にソ連南部コーカサス地方を攻撃していたドイツ軍A軍集団に挟撃され、ソ連の油田まで占領されてしまう恐れがありました。ドイツのロンメル装甲師団は連戦連勝を収めていましたが、補給の途絶えた中で消耗しきっており、アメリカ軍の本格的な参戦の決定によって、イギリス軍は米国から300輌以上のM4中戦車と大量の航空機の増援を受け、連合軍の大反攻が開始されました。バーナード・モントゴメリーは巧みな戦術で、地雷原や構築した陣地を突破し、ロンメルは善戦したものの追い詰められていきました。多くの第二次世界大戦史にはイタリア軍が非常に弱かったと書かれていますが、連合軍の反攻を効果的に阻害したのは、ドイツ軍がお荷物扱いをしていたイタリア陸軍でした。南部地区を守るフォルゴーレ空挺師団は兵力比1:13、戦車比1:70、歩兵用の対戦車装備は火炎瓶と地雷だけという絶望的な状況にもかかわらず、大胆な肉薄攻撃によって連合軍の戦車部隊に損害を与え、本格的な攻勢を2度に渡って退けました。イタリア軍部隊の思わぬ抵抗とそれによる損害を知ったチャーチルは「彼らは獅子の如く戦った」と賞賛しました。ロンメルは更なる敵の大攻勢を知ると、撤退を決意し、連合軍の猛爆を掻い潜り、主力をフカの防衛線まで撤退させる事に成功しました。3日、ロンメルはアドルフ・ヒトラーからの命令を受け取りましたが、その内容は「現在地を死守し不退転の決意で戦うべし」というものでした。4日にロンメルは総退却命令を出しました。これは連戦連勝を誇ったドイツアフリカ軍団にとって初めての大敗北となりました。以後枢軸軍は次々と防衛線を突破され、アルジェリア、モロッコへの連合軍の上陸作戦(トーチ作戦)の成功により翌年にはチュニジアに追い詰められ、北アフリカから姿を消しました。大勝利の知らせを聞いたイギリス首相チャーチルは、「これは終わりではない、終わりの始まりですらない、が、おそらく、始まりの終わりであろう。」と語り、後に「エル・アラメインの前に勝利無く、エル・アラメインの後に敗北無し」と述べたほど、この戦いは歴史の転換点となりました。モントゴメリーはあまりに一方的な物量戦をしたためか、軍人として低く評価されることの多い将軍ですが、彼が世界の歴史を決定する重要な役割を担ったことは間違いありません。余談ですが「全裸」を意味する英語のスラング「フル・モンティ」(full monty)は何でも徹底的にやり遂げないと気が済まなかったとされる、モントゴメリーの愛称にちなんで造られたという説があります。同様にイギリスBBCのTVコメディー番組「モンティ・パイソン」もまた、「何か男根崇拝的な感じの番組タイトルにしよう」という制作者の意図から、マッチョな性格だったとされるモントゴメリーにちなみ名づけられました。また第二次世界大戦を舞台にしたアーネスト・ヘミングウェイの小説『河を渡って木立の中へ』の中で、主人公がバーテンダーにマティーニを注文するさい「モンゴメリー将軍で」と頼むシーンがありますが、これはジン15:ベルモット1(通常はジン3~4に対してベルモット1)のハードなドライ・マティーニの事で、モントゴメリーがドイツ軍との戦力比が15対1以上にならないと決して攻勢を開始しなかった事に引っ掛けています。モントゴメリーの最期の言葉は、軍人として英雄となった人ならば誰もが感じる苦しみでしょう。軍神マルス崇拝する者たちが、生あるうちはその栄光と名誉のために苦んだ代わりに、死出の旅においてレーテーの水(忘却の水)を飲むことができますように。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/444-b74e4bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。