FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

This is a hell of a way to die.

これはひどい死に方だ。

ジョージ・パットンの最期の言葉。ジョージ・パットン(1885年11月11日 - 1945年12月21日)はアメリカの陸軍軍人。 モットーは「大胆不敵であれ!(Be audacious!)」。カリフォルニア州サン・ガブリエル生まれ。祖父は南北戦争中南部連盟の兵士であり、オペクォンの戦いで戦死している。またアメリカ独立戦争で戦ったヒュー・マーサー准将の血も引き継いでおり、アメリカ合衆国設立当初から続いている由緒正しい軍人一家の一員であり、パットン本人もそれを非常に意識していた。バージニア州立軍事学校およびウェストポイント陸軍士官学校で教育を受けた。幼少の頃から将軍になろうと英雄願望を持っていた。幼少時から妹と軍人ごっこをして遊んでおり、その頃からLieutenant General Georgie S. Patton, Jr.(パットン中将)を名乗っていた。古典文学と戦史を勉強する知的な子供ではあったが、基礎的な学習能力に問題があり、学校教育の全体にわたって影響した。他の子に比べ読み方を学ぶのが遅れ、綴り方のような基本的学習を行わなかった。 今でいう失読症であったと言われている。輪廻転生の信仰者でもあった。多くの文献が、彼が自身をカルタゴのハンニバル将軍の再来であると主張したことを記している。他にもナポレオンとともに戦ったとも言い、ローマの軍団兵であったとも主張していた。第一次世界大戦にアメリカが参戦するにあたり、パーシング将軍はパットンを大尉に昇進させた。フランスにおいてパーシング将軍は、パットンに新しく編制されたアメリカ戦車部隊の戦闘指揮を取らせた。ミューズ・アルゴンヌ方面での作戦において負傷し、戦時昇進により大佐にまで昇進した。ちなみにパットンは第一次世界大戦に参加した将兵では珍しく、塹壕戦と言うものを全く無意味だと信じており次の戦争は塹壕を掘ったり陣地を守ったりで勝敗が決まることは無く、機動力で決するであろうと信じていた。第一次大戦中に戦時昇進で大佐に昇進したが、大戦の終結により少佐に降格となる。 1919年のワシントン勤務中にアイゼンハワーと親友になった。このことは、後のパットンの人生に大きな影響を与えた。1920年代の前半には、アメリカ議会に対し、機甲部隊に対する予算措置を要請したが、認められなかった。また、戦車や機械化部隊についての記事を書き、これらの兵器についての用法を示唆した。平時における緊縮した軍事予算は、パットンの昇進にも影響した。その後ドイツの電撃戦により、アメリカ軍においても機甲師団の必要性が認識された。パットンはその能力が認められ准将に昇進し、機甲旅団長に着任した。この機甲旅団は後にアメリカ第2機甲師団となり、パットンも少将に昇進した。1942年11月にパットンは少将として、アメリカ第1機甲軍団を指揮しトーチ作戦でモロッコに上陸した。次いで、1943年3月6日に中将に昇進し、同時に更迭されたフリーデンタール中将の後任として第2軍団の司令官に就任した。同軍団はドイツ・アフリカ軍団によってカセリーヌ峠の戦いで大敗を喫したところであった。パットンはオマール・ブラッドレー少将を副官とした。多くの米軍将校や英軍将校によれば当時北アフリカに駐屯していた米軍は規律に緩く、弱かったらしい(当初は英軍に『われわれ(連合側)のイタリア軍』と揶揄されていた)。パットンは着任早々将兵達に厳格に規律を守るように命令し、軍規を守らなかったものには容赦なく罰を科した。また、今までと全く違った厳しい訓練を行い、北アフリカの米軍を文字通り叩きなおした。良くも悪くも軍人らしい軍人だったパットンは必ずしも人気のある指揮官ではなかったが、敬意は払われていた。ほんの些細な事でも軍規を守らなかった将兵には厳しい罰則を課した反面、勇敢に戦った将兵や勇気ある行動を示した将兵の事は過剰なまで褒め上げ、その健闘を称えた。また部下の訓示でも『私を見つけたかったら師団の先頭を走っている戦車まで来い』と言っているように常に前線で指揮を取る事を好んでいた。また彼は部下の将校にもそのような積極的な態度を要求しており、北アフリカに着任してから後方に安全な指揮所を開設しただけでそこから動こうとしない将軍などは容赦なく罷免した。これらの策は功を奏し、パットンの部隊は東から攻め寄せるモントゴメリーの英軍とドイツ軍を挟撃し、1943年5月までには、ドイツ軍を北アフリカから駆逐した。北アフリカでの戦功により、第7軍の司令官となったパットンは、1943年7月にシチリア島に上陸した。第7軍の役割は、島の北東端のメッシナに直進するモントゴメリーの英第8軍の西側面を援護することであったが、第8軍がエトナ山の南で激しい抵抗にあって進撃を停止すると、パットンは島の西部に迅速に進撃し、島の中心都市であるパレルモを解放し、返す刀で東方に転回して、英軍の担当箇所であったメッシナを英軍より先に占領している。しかしドイツ・イタリア軍はメッシナ海峡の制空権と制海権を保持していたので、シチリアに駐屯していたドイツ・イタリア軍のほとんどは重装備と共にイタリア本土に引き上げてしまった。ドイツ軍戦線突破の作戦・コブラ作戦が実行されると、パットンはまるで水を得た魚のように活躍し第3軍で戦線を突破して大進撃を開始する。ノルマンディー地方から一気に南下した後に東進を開始し、ドイツ軍の後方を一気に駆け抜けた。この結果、フランス西部のファレーズ付近でイギリス軍と手を結び、ドイツ軍の包囲に成功する。このファレーズ・ポケットに閉じ込められたドイツ軍部隊は殲滅された。少なくない数のドイツ兵が装備を捨てて散り散りになって包囲を脱出することに成功したものの、1万を超える戦死者(負傷者を含めれば6万人)と5万を超える捕虜を出した「西方のスターリングラード」とも呼ばれた大敗北であった。その後パットンはドイツ軍顔負けの「電撃戦」を実施し、2週間で1000キロ(正確には600マイル前後)近い距離を進撃した。彼が敵の抵抗拠点を見つけた場合、停止しその拠点を攻略してから攻撃を再開するより、機動力を生かして敵の後方に回り込むことを好んだ。どのような抵抗拠点も後方の方が弱体であることが多く、またそうでなくとも補給路を遮断されてしまっては戦いようがない。パットンはそうやってドイツ軍の抵抗拠点の多くを無力化し、攻略した。1944年12月のバルジの戦いでは、パットンの指揮する第3軍の北方でドイツ軍の攻勢が行われた。ドイツ軍の突出部の中でも南部にあったバストーニュは交通の要衝であったため、アメリカ第101空挺師団がここを死守していた。実際バルジの攻勢が始まる前に動物的な勘でドイツが何か企んでいると感じたパットンはこれを救出するために軍を急遽北に向かって転進させ、果敢な進撃により同師団を救出した。これはパットンの大きな功績の1つとされている。パットンはそのまま第3軍を率いてバイエルンに進駐し、その地の軍政指導を担当するようになった。ナチス党に所属していた事自体が罪だと思っていなかったパットンは他の指揮官と違って占領地域での非ナチ化政策は行わなかったのだが、その行為はメディア等から疑問視されていた。そして1945年の9月22日に行われた記者会見で「何故ナチス党員だった職員をそのまま働かせているのか」と聞かれたパットンはドイツ国民にとってのナチスはアメリカ国民にとっての民主党と共和党と同じようなものであるという趣旨の発言をして、メディアや政治家から批判の嵐にさらされた。その発言の趣旨はあくまでナチス党はヒトラー政権下では合法的かつ唯一の政党であり、その当時ナチス党に所属していた事自体を犯罪として考えるべきではない、という彼のスタンスを説明したものだったのだが、その説明をする時にわざわざアメリカの政党をナチス党と同レベルで扱ったという事で、多くのアメリカ国民を怒らせてしまったのだ。アイゼンハワーの司令部も当然その発言を問題視し、パットンは第3軍司令官の任務を解かれ、1945年の10月に第15軍司令官に異動された。同じ軍から軍への異動ではあったものの第3軍と違って第15軍は書類上のみの部隊だった。彼はその後12月9日にハイデルベルクで自動車事故(暗殺の疑いもある)により重傷を負った。参謀長らと共に狩猟に出かける途中にパットンのキャデラックはトラックと衝突した。この交通事故は軽微なもので、トラックの乗員も、参謀長及びパットンの運転手も負傷しなかったが、後部座席に座っていたパットンは前後部座席の間のパーティションに頭を打ちつけて頚椎を損傷し、意識はあるものの首から下の体が完全に麻痺状態となった。皮肉な事にこのトラックはアメリカ軍のトラックだった。その12日後の21日に肺塞栓症で死去し、ルクセンブルクのハムにあるアメリカ軍墓地に埋葬された。

類まれなる指揮官としての才能と少年の心を生涯持ちつでけた、究極の戦車野郎パットン将軍は第二次大戦における最大の英雄の一人です。いわゆる古いタイプの軍人像のステレオタイプとも言える彼の人となりは、「猛進・盲信」とでも言うべき突撃精神の持ち主であり、シチリア戦で見られるような、兵の命など考えない無理な作戦の指揮は末期の日本軍にも通じるものがあるかもしれません。パットンにはマッチョなバカのイメージがありますが、ごく初期から機甲部隊の重要性を説いたことや、ソ連の戦車の高性能とそれに基づく電撃戦が西側の脅威になることを見抜くなど先見の明も見せています。「ナチスと手を組んで今のうちにソ連軍を叩くべきだ」などと当時はかなり不穏当とみなされる発言や、野戦病院で外傷のない兵士を見つけ、臆病であるとしてその兵を殴打したりと、なにかと素行に問題のあった人ではありますが、彼の常に最前線に出て戦う姿勢が連合国を勝利へと導いいたと言えるでしょう。パットンは作戦立案よりその行動力でその名を残した人であり、「兵は神速を尊ぶ」の原則を貫いた人でした。"A good solution applied with vigor now is better than a perfect solution applied ten minutes later."(今ある力のこもった作戦は十分後の完璧な作戦に勝る)と述べています。機甲師団における電撃戦の優位を説いたパットンでしたが、彼の死後アメリカ軍の戦術理論は空軍最優先論に傾いてゆき、空爆主戦を貫いたアメリカ軍の大戦略は、ベトナムで手痛い失敗を被るまで修正されませんでした。北アフリカ戦役は第二次大戦最大の山場の一つですが、かのエルヴィン・ロンメル率いる枢軸勢を打ち負かしたときには、"Rommel, you magnificent bastard! I read your book!"(ロンメルよ、お前はすごい野郎だ。お前の本は読んだぞ!)とのコメントを残しています。恐らくパットンの名声を決定づけたのは、ジョージ・C・スコット主演の映画『パットン大戦車軍団』でしょう。この映画はアカデミー賞6部門受賞し、パットンを演じアカデミー最優秀主演男優賞を受賞したジョージ・C・スコットは、「史上最高の演技の1つ」と賞賛されました。最後にパットンの彼らしい人の使い方を述べた言葉を紹介しておきましょう。"Never tell people how to do things. Tell them what to do, and they will surprise you with their ingenuity."(どうやるかを教えるな。何をするかを教えろ。そうすれば思いがけない工夫をしてくれるものだ。)
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/445-f5a4ad32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)