09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

かかるときさこそ命の惜しからめ かねて亡き身と思ひ知らずば
 
太田道灌の辞世の句。太田道灌は、室町時代の武将。武蔵守護代、扇谷上杉家の家宰。摂津源氏の流れを汲む太田氏。諱は資長。扇谷上杉家家宰太田資清(道真)の子で、家宰職を継いで享徳の乱、長尾景春の乱で活躍した。江戸城を築城した武将として有名である。鎌倉公方を補佐する関東管領上杉氏の一族である扇谷上杉家の家宰を務め才幹をうたわれた太田資清の子として生まれた。幼名は鶴千代。『永享記』などによると鶴千代は鎌倉五山(一説によれば建長寺)で学問 を修め、足利学校(栃木県足利市)でも学び、幼少ながらその英才ぶりが世に知られた。江戸城は、古河公方方の有力武将である房総の千葉氏を抑えるため、両 勢力の境界である当時の利根川下流域に城を築く必要があったので、資長(道灌)は秩父江戸氏の領地であった武蔵国豊嶋郡に江戸城を築城した。道灌の活躍に よって主家扇谷家の勢力は大きく増した。それとともに、道灌の威望も絶大なものになっていたが、最期は文明18年7月26日(1486年8月25日)、扇 谷定正の糟屋館(神奈川県伊勢原市)に招かれ、道灌はここで暗殺された。享年55。

大田道灌が殺された時、暗殺者が「こんな時はよほど命が惜しいだろうね」と言ったのに対して「かねてより死ぬ覚悟ができてなかったらな」と言い返したという逸話のある辞世の句です。このエピソードは、新渡戸稲造の「武士道」にも勇気ある人物の最期として紹介されています。しかし『太田資武状』によると、道灌は入浴後に風呂場の小口から出たところを、曽我兵庫に襲われ斬り倒されたとなっており、死に際に「当方滅亡」という身も蓋も無いことを言ったという説もあります。これは自分がいなくなれば扇谷上杉家に未来はないという予言であったのでしょうが、実際道灌暗殺により、道灌の子・資康は勿論、扇谷上杉家に付いていた国人や地侍の多くが山内家へ走ったことにより、扇谷定正はたちまち苦境に陥ることになりました。翌長享元年(1487年)山内顕定と扇谷定正は決裂し、両上杉家は長享の乱と呼ばれる歴年にわたる抗争を繰り広げ、やがて伊勢宗瑞(北条早雲)が関東に進出して後北条氏が台頭し、早雲の孫の氏康によって扇谷家は滅ぼされ、山内家も関東を追われることになりました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/47-7cb6d8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。