FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

I should never have switched from Scotch to Martinis.

スコッチからマティーニに乗りかえるべきじゃなかったな。

ハンフリー・ボガートの最期の言葉。ハンフリー・ディフォレスト・ボガート(1899年12月25日(1月23日とする説もあり) - 1957年1月14日)は、ニューヨーク出身のハリウッド映画の俳優である。1930年に『河上の別荘』で初出演を果たして以降20年近くに渡り、ワーナー・ブラザーズの専属に近い形で俳優活動を行った。1930年代はギャング映画の敵役を多く演じたが、40歳を過ぎて主演した『マルタの鷹』『カサブランカ』などの作品で、ハードボイルド・スターの地位を確立。後年は演技派としても活躍し、『アフリカの女王』(1951年)ではアカデミー賞主演男優賞を受賞した。1940年代 - 1950年代を代表する名優として、時代の象徴的存在に挙げられることが多い。1999年にAFIが発表した「アメリカ映画スターベスト100」では男優の1位に輝いている。ニューヨークにおいて、イングランドとオランダ系の血をひく外科医の父ベルモント・デフォレスト・ボガートと、イングランド系で画家の母、モード・ハンフリーの間に生まれる。父は厳格なプレスビテリアン、母は厳格なエピスコパリアンだった。家庭が裕福だったこともあり、イェール大学へ進学するよう希望していたが、ボガートは高校を中退。1918年に海軍に入隊するも、3年後に除隊。やがてブルックリンの劇場で舞台に立ち、俳優の道を志す。晩年に食道癌を宣告され、妻と共に闘病するものの1957年1月14日に、永眠する。

ハンフリー・ボガートは問答無用の伝説的人気俳優です。最初はブロードウェイに出演していましたが、1929年の株式市場暴落により映画へと転向し、生涯に75本の長編映画に出演しました。映画監督・脚本家のジョン・ヒューストンと仲が良く、彼の監督デビュー作である『マルタの鷹』をはじめ、『黄金』、『キー・ラーゴ』、『アフリカの女王』、『悪魔をやっつけろ』など、死去するまで数多くの作品で主演を務めました。彼は57年の生涯の中で4度結婚をしていますが、4人目の妻ローレン・バコールとは非常に仲がよく、彼女との間に1男1女をもうけました。彼の出演作品は傑作だらけで、もうどれを代表作として挙げれば良いのか分からないほどです。有名なのとしてはダシール・ハメットの名作ハードボイルドの映画化した『マルタの鷹』、AFIアメリカ映画100年シリーズのアメリカ映画ベスト100(1998年)の投票で2位になった『カサブランカ』、海洋冒険小説の大家、セシル・スコット・フォレスター原作でアカデミー主演男優賞を受賞した『アフリカの女王』辺りでしょうか。「トレンチコートの襟を立て、紙巻きタバコをキザに咥えて吹かす」というボガートの姿を真似する人も多かったそうです。彼はヘビースモーカーで酒豪でもありました。愛飲酒はドランブイ(スコッチウイスキーベースの薬用酒)で、飲んだ量に比例して毒舌が激しくなったそうで、最期の言葉もお酒について述べています。晩年は健康が悪化して食道とリンパ節を摘出する手術を受けましたが、治療を受けるのが遅すぎたため癌が転移してしまいました。彼が1957年1月14日に死亡した時には、体重は80ポンド(36キロ)しかありませんでした。彼は結婚する前にローレン·バコールに与えたブレスレットの、金笛と一緒に埋葬されました。そして彼の墓碑銘には二人が共演した最初の映画である『脱出』から引用された"If you want anything, just whistle."(何か欲しい時は口笛を鳴らして)という言葉が刻まれています。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/475-fa4a9953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)