09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Me muero!

私は死ぬ!

ルイス・ブニュエルの最期の言葉。ルイス・ブニュエル(1900年2月22日 - 1983年7月29日)は、スペイン出身、のちにメキシコに帰化した映画監督、脚本家、俳優である。フランス、スペイン、アメリカ合衆国、メキシコ、国境を越えて多種多様な映画を撮った。特にシュールリアリズム作品とエロティシズムを描いた耽美的作品で有名である。キリスト教に関する作品もあり、物議を醸した。1900年にスペイン・アラゴン地方のカラダンで地主の家に生まれる。17歳のときにマドリードに出て7年間を学生館で過ごし、後に詩人として有名になるフェデリコ・ガルシーア・ロルカ、画家として有名になるサルバドール・ダリなどと交友を結ぶ。最初は自然科学を学ぶが、途中で歴史学、哲学に変更。 1923年に父が死に、1925年にパリに出る。批評を書き、映画撮影所に出入りして助監督などをしているうちに当時の前衛芸術であるシュールリアリズム運動を知る。スペインに一時帰国したとき、まだ無名だった友達のダリと見た夢の話をしているうちに、それをもとに映画を作ることになる。二人で脚本を書き、パリに戻って『アンダルシアの犬』を撮影。女性の眼球(実際には牛の目が使われた)を剃刀でいきなり切るというスキャンダラスなシーンからスタートするこの映画は熱狂的な拍手で迎えられて、ダリとブニュエルはアンドレ・ブルトンらのシュールリアリスト達の輪の中に迎えられる。今も同作品はシュールリアリズムを代表する古典的名作である。その直後にダリとブニュエルは『黄金時代』を撮るが、右翼がスクリーンに向って爆弾を投げつける事件が起きて、その後 50年間公開禁止となる。その後、ブニュエルはスペインに戻ってドキュメンタリー映画『糧なき土地』を撮影。スペインの最貧地方の生活を描いたこの映画はファシスト達の愛国心的反発を誘発し、これも公開禁止となる。国辱映画を作ったとして、ブニュエルはフランシスコ・フランコ政権下で指名手配までされることになる。スペイン内戦が勃発し、ブニュエルは共和国側のフランス大使のスタッフとして東奔西走する。共和国側がファシストに敗北した頃はアメリカに渡っていてニューヨーク近代美術館で反ファシズム映画を集めるという仕事に就くが、あまりにも世間知らずなダリが『わが秘められた生涯』の中で「ブニュエルは無神論者だ」と発言することによって職を失う。ハリウッドに移って映画周辺の仕事をしたあと、メキシコに移る。ここで久々に映画監督を再開し、コメディ映画『のんき大将』でヒットを飛ばし、社会主義リアリズム映画の傑作『忘れられた人々』によってカンヌ映画祭で監督賞を受賞。50歳にて国際的に返り咲く。そこから後は、メキシコにとどまって低予算映画を量産し、『この庭での死』、『ロビンソン漂流記』などの冒険映画、『嵐が丘』などの文芸映画、偏執狂の男を描いた『エル』、不条理映画『皆殺しの天使』、メロドラマのパロディ『スサーナ』、大衆向け娯楽作品の『昇天峠』、『幻影は市電に乗って旅をする』など多種多様な映画を撮る。このメキシコ時代の作品は、欧米でも紹介が遅れたが、ブニュエルらしい映画として批評家の間で評価は高い。アメリカ資本でも2本撮っている。1961年にスペインに招かれて『ビリディアナ』を撮影。フランコ将軍が健在な時期に帰国したことで共和国側の亡命者達の間で非難轟々となる(やはり共和国側亡命者だったパブロ・ピカソ等は「フランコ政権が続く限りスペインには戻らない」と宣言してそれを死ぬまで守っている)。だが、当局の検閲を通り、スペイン映画として初のカンヌ国際映画祭グランプリを取ったこの映画は、乞食たちが最後の晩餐のパロディーを行うシーンがもとでスキャンダルを巻き起してスペインとイタリアで上映禁止。「スキャンダル映画監督」の健在ぶりを示す。1963年以降はフランスに招かれジャンヌ・モロー主演で『小間使いの日記』を、カトリーヌ・ドヌーヴ主演で『昼顔』や『哀しみのトリスターナ』などの耽美映画を撮り、フランス映画界の異色の重鎮となる。そして『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』、『自由の幻想』というギャグ映画のようなもので観客を戸惑わせ、キリスト教異端事典で脚本を書いたという『銀河』や、同一人物の役をシーンによって二人の違う女優に演じさせた『欲望のあいまいな対象』で観客を煙に巻いた。1983年7月29日、メキシコシティで肝硬変により死去。満83歳没。

ブニュエルは非常に多様な作品を作った映画監督ですが、やはり有名なのはシュルレアリスムの作品でしょう。とくに有名なのはデビュー作『アンダルシアの犬』ですが、これはアナキズムに心酔していたブニュエルによる、「映画の機能を否定した映画」でした。冒頭の女性が剃刀で眼球を真二つにされるシーンや、切断され路上に転がった右腕を杖でつつく青年、手のひらに群がる蟻など、衝撃的で謎めいたイメージ映像が断片的に描かれています。何やらバタイユめいた作品だなと思われる人もいるでしょうが、バタイユはこの映画が作られた時期からシュルレアリストたちと行動を共にし始めており、『アンダルシアの犬』の重要性を主張しました。特に片目の切断されるシーンが彼を魅了したようです。『アンダルシアの犬』の公開が1928年で、バタイユの『眼球譚』の初版も同じく 1928年なので、ほぼ同時期に眼球をテーマにした二つの狂った作品が作られたようです。ブニュエルは合理的な意味解釈を拒否する作品を好んで作りましたが、一方では『ロビンソン漂流記』、『河と死』、『それを暁と呼ぶ』といった冒険映画や、社会主義リアリズムの傑作『忘れられた人々』、娯楽ミュージカル映画『グラン・カジノ』、コメディ映画『のんき大将』、ドキュメンタリー『糧なき土地』など映画を撮りました。多くの批評家から指摘されていることとして、ブニュエルの作品にはフェティシズムが色濃いことが挙げられます。ブニュエルの作品はハリウッドでも評価が高く、1972年に久々にハリウッドを訪ねたブニュエルはジョン・フォード、アルフレッド・ヒッチコック、ウィリアム・ワイラー、ビリー・ワイルダー、ロバート・ワイズ、フリッツ・ラングらそうそうたる人々から歓待を受けました。1983年にブニュエルが亡くなった時、ニューヨークタイムズは彼を"an iconoclast, moralist and revolutionary who was a leader of avant-garde surrealism in his youth and a dominant international movie director half a century later."「伝統打破主義者、道徳家、若きアバンギャルドシュルレアリスムのリーダーであり、半世紀後の支配的な国際的映画監督だった革命家」と呼びました。

追記
『アンダルシアの犬』を見てみたいという人もいるかもしれませんので動画のURLをを張っておきます。便利な世の中になったもんだ。

http://www.youtube.com/watch?v=2aCTXFkY_Q0
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/484-62a76d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。